612
導入事例

 様に導入

  • 効率化
  • 最適化
  • コスト

Dell Inc.

 様に導入

Dell、アジャイル ERP により製造工程を改革

「Microsoft Dynamics AX を導入してから、製造の IT コストが 9,600 万ドル削減されました。そのうちの約 5,000 万ドルは、Microsoft Dynamics ソリューションの効果です」

テキサス大学オースティン校の学生寮の一室で創業した Dell Inc. は、世界中で最も有名なテクノロジ ブランドの 1 つに成長しました。Dell は、業界で初めて、各製品をユーザーの仕様に従ってカスタマイズして組み立て、消費者に直接販売した企業の 1 つです。

しかし、カスタム構成と低価格に基づいて、ブランドを構築することには特有の課題がありました。2010 年までには、米国の IT 製造コストの上昇と、海外からの競合他社の台頭は、Dell の大量で多様性に富んだ受注構成 (CTO) 製造モデルにとって大きな問題となっていました。

このモデルの一環として、同社は 8 つのまったく異なる製造工場を開設しました。各工場は異なるプロセスに従って同一製品を製造しており、生産性と技術革新を促進するために、工場を互いに競い合わせることもありました。競争が激化し低価格化の進んだ新しい世界では、このような不均一性はビジネス、特に IT ビジネスにとっては大きな課題となっていました。たとえば、各工場には 600 台もの物理サーバーが存在し、工場ごとに IT 環境が異なっていました。また、工場内では、各製品が製造工程を経て完成するまでに、70 を超える高度にカスタマイズされたアプリケーションを使用して処理が行われていました。

このように複雑な IT 環境は、販売される製品の IT コスト上昇の原因となっていました。ほぼすべてのアプリケーションがカスタムに開発されたものであるため、工場ではダウンタイムが長く (2% を超える場合もある)、互換性がないことからアウトソーシングされたサプライ チェーンとのデータ交換は非常に困難でした。

より重要なことは、従来の CTO モデルが小売りチャネルと即納販売によって取って代わられ、グローバルな PC 市場が標準製品による構成に移行したことです。競争が厳しくなる市場で競争力を維持するために、Dell はインフラストラクチャを合理化し、製造プロセス全体をリエンジニアリングすることによって、製造工程を根本的に変革する必要がありました。

Dell の製造 IT 担当取締役である Matt Griffiths 氏は次のように述べています。「CTO モデルは大企業や規模の大きなお客様にはご好評を頂いていましたが、消費者の皆様からはもっとシンプルな製品ポートフォリオが求められていました。私たちは、このような変化に対応し、工場やサプライ チェーンに対して、よりシンプルな製品ポートフォリオの効率性を促進する方法を自問自答し、コストの削減と、このような変革を進めるメリットを実現できるようにする必要がありました」。

<製造に対する新しいビジョン>

Dell のビジネス変革の最初の一歩は、製造の合理化でした。Dell では、数百社のサプライヤーからのジャスト イン タイム方式によるコンポーネントの供給など、リーン原則に基づいて製造プロセスのリエンジニアリングを行いました。新しい製造モデルでは、Dell のテクノロジ インフラストラクチャも合理化し、最終的には、新しい簡素化されたプロセスに基づいて、ほぼすべてのシステムを再設計する必要がありました。

この変革をサポートするために、Dell は Microsoft Dynamics AX を導入したのです。Dell の経営陣は、Microsoft Dynamics ソリューションによって、業界のベスト プラクティスと単一のグローバル ビジネス モデルに基づいてビジネス プロセスを標準化できることを理解しました。また、このソリューションによって、各工場内で最大限の柔軟性を保ちながら、変化する市場の状況に迅速に対応できるようになります。さらに柔軟性を高めるために、Dell はハブ スポーク モデルを採用し、各工場法を個別の製造会社とし、財務情報は Dell の本社にある財務システムに集約されるように設定しました。

Dell にとっては、プラント レベルの柔軟性も重要でしたが、Microsoft Dynamics AX の機能の多くをそのまま利用し、迅速な導入を実現することを選択しました。Griffiths 氏は、「私たちは、過去 3 年間に、8 つの工場のうちの 7 つに Microsoft Dynamics AX を展開することができました。現在、ポーランドでの最後の展開が終わりつつあります」と述べています。

最初の展開が完了するまでには 6 か月かかったものの、それ以降の実装では期間が短縮されて 4 か月になり、最近の 3 件の導入は同時に実施されたことを、Griffiths 氏は指摘しています。

システムの概要

現在、Microsoft Dynamics AX は Dell の 8 つの工場のうち、7 つの工場に導入されています。Microsoft Dynamics ソリューションは Dell の中心的な製造実行システム (MES) として機能すると共に、リーン原則と、業界のベスト プラクティスを使用して、Dell の工場運営の合理化を可能にします。

この MES では、Microsoft Dynamics AX に組み込まれた、リーン、生産、インベントリ、品質、取引のモジュールを使用して、毎日 100 万件以上のトランザクションと、Dell の工場運営のすべてを管理します。Griffiths 氏は次のように述べています。「私たちは Microsoft Dynamics AX のすべてを利用しています。工場の入り口から入ってきた原材料から、道具や材料の処理、書き込み処理、出口からお客様への出荷まで、あらゆることを処理します」。

Microsoft Dynamics AX は、Dell のアウトソーシングされた製造ネットワークとのシームレスな接続と連携を可能にすると共に、Microsoft BizTalk Server を通じて、オープンで柔軟な通信方式を使用して、Dell の他のエンタープライズ アプリケーションとも接続します。

<結果>

Microsoft Dynamics AX を導入することによって、Dell では IT インフラストラクチャを大幅に合理化し、リーン原則に基づいて製造プロセスを再調整することができました。これらはすべて、お客様の新製品や多様な製品に対する需要を満たすために、工場を迅速に改革するのに必要な柔軟性を維持しながら行われました。新しい MES によって、Dell では大幅なコスト削減を実現しながら、効率性の向上やアジリティの促進も達成することができました。

商品の IT コストを約 40% 削減

Microsoft Dynamics AX の実装と、リーン製造方式の原則の採用により、Dell では商品製造の IT コストを約 40% 削減することができました。Griffiths 氏は、「Microsoft Dynamics AX を導入してから、製造の IT コストが 5,000 万ドル削減されました」と語っています。

また、Griffiths 氏は、このことは Microsoft Dynamics AX への投資が 6 か月間で回収されたことに相当し、この期間で工場のスループットの効率を回復することもできたと続けています。スループットが効率化します。

テクノロジ環境の合理化、稼働時間の向上

Microsoft Dynamics AX の導入と組み合わせて、Dell では約 2,000 台の物理サーバーと 75 のカスタム アプリケーションの使用を停止し、IT 環境の設置面積を約 75% 削減しました。

同時に、この大幅に合理化された環境によって、稼働時間が飛躍的に向上しました。Griffiths 氏は語ります。「2008 年には、ダウンタイムは人的な処理能力の約 2% に達していました。現在では、最も効率化された工場におけるダウンタイムは 0.5% になっています。つまり、ダウンタイムが 75% 短縮されたことになります」。

製造の合理化、競争力の維持

MES の導入により、Dell では、世界中の製造工場全体で製造プロセスを標準化することができました。このような変革によって、Dell はリーン原則を実現できるようになっただけではなく、ジャスト イン タイム方式で製造されたカスタマイズ製品のリーダーとしての競争力を維持することができました。

これらのすべてのプロセスが単一のシステムで処理されるようになったため、Dell では製造工程全体の高度な可視性と制御を維持しながら、お客様の注文をさらに迅速に処理できます。

しかし、より重要な点は、この新しい製造環境によって、Dell は新しいビジネスの手法を採用できるようになったことです。Griffiths 氏は次のように述べています。「製造業が進化し、すべての製品がまったく異なるという手法から移行している中で、このような変化を利用できるようにビジネス プロセスを変更することができました。Microsoft Dynamics AX とそのリーン モジュールは、Dell がこれを実現するための基本的な要素です」。

アジリティの向上

カスタマイズは Dell ブランドの中心的な柱であり、Dell ではお客様のニーズに合わせるために、柔軟性を維持できることが必要であることを理解しています。そのために、Microsoft Dynamics AX は Dell のグローバル工場ネットワークを、1 台のリーンで柔軟なシステムとして実行できるようにしました。

Dell が変化に対応できることを強調しながら、Griffiths 氏は述べています。「現在では、新しい製品やプロセスを工場に導入する場合、1 度だけ開発して、それをすべての場所に展開するだけで済みます。Microsoft Dynamics を導入する以前は、各工場に合わせてプロセスを 7 回、開発する必要がありました。現在、開発チームは大幅に合理化されています。工場全体でテストを再利用することができ、検出された不具合は、1 回修復すれば、後は会社全体に一挙に適用できます」。

Microsoft Dynamics AX が導入されたことで、経営陣は部門全体のリアルタイムでの可視化が可能になり、財務、人材、資材などのリソースを全体として最適化できます。これにより、全世界でカスタマイズされたテクノロジ ソリューションを提供するリーダーとしての Dell の地位が確立されます。

コメント