612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 効率化
  • コスト

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

 様に導入

お客様の課題解決を、よりスピーディーにするために "マイクロソフト プライベート クラウド" を構築。運用監視もほぼ自動化し、リソースとコストを大幅に低減したインフラ環境を実現

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

キヤノンシステムアンドサポート株式会社

キヤノンシステムアンドサポート株式会社は、近年ますます高まりつつある IT への要求――「IT インフラ基盤はすべての企業でもう無視できない」、「IT インフラ基盤は企業のシステムの苗床であり、そのシステム環境が業務に大きな影響を与える」、また「企業は透明性と健全性が求められるだけでなく、これからは安全性も求められる」――に対して課題解決サービスを提供しています。年々ビジネスのスピードが増していく中、コストを抑えつつスピーディーに、社内システム開発のニーズに対応していくために同社は今、社内でのプライベート クラウド サービス運用に着手しています。お客様への提案にも役立つノウハウの蓄積も兼ねた、この重要な環境構築のために同社が選択したテクノロジーが、Windows Server Hyper-V と、Microsoft System Center 製品群によって構成される "マイクロソフト プライベート クラウド" でした。

<導入の背景とねらい>
"小さなシステム" をスクラップ アンド ビルドする時代に適したインフラの提案を視野に社内基盤を効率化

キヤノンシステムアンドサポート株式会社 (以下、キヤノンシステムアンドサポート) は、キヤノン グループの掲げる「共生」という理念の下、創業以来一貫してお客様と共に新しい企業価値を創造する「ベストパートナー」を目指し、IT ソリューションの提案を行っています。急速に変化する IT 環境の中、同社は、豊富な経験とスキルを活かし、基幹業務・情報セキュリティー・ネットワーク構築、さらには BCP (事業継続) 対策など、多様化が進むお客様の課題解決のためのソリューションの提案から、構築・運用・保守までトータルなサポートを行っています。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社
総合企画本部
情報システム部
部長
内田 哲三 氏

そして近年、キヤノンシステムアンドサポートの中に、1 つの課題が生まれていました。それは、目覚ましくビジネスのスピードが増していく中にあって、いかにして社内システムの構築スピードを向上させていくかという問題でした。

この課題に対応するためにキヤノンシステムアンドサポートでは、2010 年 10 月から試験的に仮想集約していた本社内のサーバー リソースを本格的に再構築し、"プライベート クラウド" としてサービス運用をすることを決断しています。
それは、変化し続ける IT 環境に対応して新しいソリューションを提供するためには「当然の選択」であったと、キヤノンシステムアンドサポート 総合企画本部 情報システム部 部長 内田 哲三 氏は説明します。
「近年は、IT 環境の変化も目まぐるしく、お客様の課題もそれに呼応するように多様化が進んでいます。当社はコンサルティングから入って、トータルにお客様の課題解決をサポートさせていただいています。お客様ごとの課題に合わせて新しいソリューションを提案・販売・サポートするために、サーバー環境構築も含めた社内システムが必要な場合があります。今までは都度社内にサーバー環境を購入・セット アップする必要がありました。しかし、従来ではサーバー 1 台調達するだけで 1 か月から 6 か月近い時間を要していました。これではお客様への提案・販売・サポートのスピードが損なわれてしまいます。しかも、サーバーを実機調達するコストと保守にかかるコストが延々とついて回ります。この課題を解消するために有効だったのが、社内のサーバーを仮想集約し、そのサーバー リソースをプライベート クラウドとして柔軟に運用することでした」。

そして内田 氏は「お客様の IT 環境においても、同様のことが言える」と、言葉を続けます。
「特に、中堅・中小規模のお客様の場合、専任の IT 部署が存在しているケースは、そう多くありません。皆様、他の業務と兼任でサーバーの運用・保守を担当されているケースがほとんどです。しかし、物理サーバーの数が増えてしまうと、管理の手間も増えますし、故障などの可能性も、台数に比例して増えてしまいます。対して、仮想化によるサーバー集約を一歩進めて、プライベート クラウドとして活用することができれば、こうした多くの課題が解消されます」。

お客様の課題に寄り添ったコンサルティングを行うキヤノンシステムアンドサポートにとって、社内で活用する IT 環境は、より確かな提案を行うための "ショーケース" の役割も果たす、重要な存在です。特にサーバーの仮想化やクラウド活用に対するお客様の興味も近年高まっており、同社が開催するセミナーも常に盛況であると言います。
その重要なインフラ構築に際し、同社が選択したテクノロジーが、Windows Server 2008 R2 Hyper-V と、Microsoft System Center 製品群によって構成される "マイクロソフト プライベート クラウド" でした。

<導入の経緯とシステム概要>
汎用性、情報量の多さ、人材獲得の容易さ、そしてコストの優位性などをトータルに判断

キヤノンシステムアンドサポートのプライベート クラウドを、Hyper-V をはじめとするマイクロソフトのテクノロジーで構築するに至った理由について、内田 氏は次のように話します。

キヤノンシステムアンドサポート株式会社
総合企画本部
情報システム部
情報システム管理課
係長
藤原 悟 氏

「Hyper-V と System Center を採用した背景には、『お客様にも同一構成をお勧めしやすい』というねらいがあります。1 つには、社内に設置されているサーバーの OS に Windows Server を採用されているお客様が多いことが挙げられます。これだけ広く普及しているということは技術情報の多さにも直結しますので、多少のトラブルがあっても、お客様ご自身が参照し、活用できる技術情報が入手しやすいという利点もあります。さらにマイクロソフト公認の資格制度も整っていますので、長期的な視点で、人材の育成や獲得も楽になるでしょう」。

そして一番のポイントは、「コストの低減」にあると内田 氏は続けます。
「コストは、私たちのビジネスにとって最重要課題です。今は、一昔前のように、巨額な予算を投じて大きなシステムを構築・運用することが少なくなりました。激変する市場に合わせた小さなシステムを、スピーディーかつ低コストに構築し、スクラップ アンド ビルドを繰り返していく時代だと言えるでしょう。そう考えると、汎用的な製品である Windows Server は選びやすいと言えるでしょう。さらに、仮想化ハイパーバイザーである Hyper-V は、Windows Server 2008 以降の標準オプションですから、ライセンス費用も抑えることができます」。

こうして、「自分たちが使いこなしておくことが、結果的にはお客様への提案にも活きてくる」(内田 氏) という同社のプライベート クラウド環境の構築に 2012 年に着手。実質 1 か月という短期間で構築を終えたと、同 情報システム部 情報システム管理課 係長 藤原 悟 氏は振り返ります。
「今回、クラスター構成用の 1 台を含む 9 台の Windows Server をホストとして、管理用や検証用などを含む 21 台の仮想マシンを動かしています。そして、仮想マシンのテンプレート作成などの機能によって仮想マシンの作成、管理を容易にする System Center Virtual Machine Manager などの System Center 製品群をトータルに活用して、クラウド環境を一元管理しています。構築に際してこれらのソフトウェアに依存するトラブルはありませんでした。実質、1 か月程度で構築が完了しています」。

構築されたプライベート クラウド環境は、「全社公開用」と「部門公開用」、そして「部内利用」の 3 つに大別されています。
そして「部内利用」のサーバー リソースを自由に活用できるように、System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 のセルフサービス ポータル機能 (VMM セルフサービス ポータル) を活用。権限付与されたロールの範囲内で、ユーザー自身が自由にサーバー リソースを活用できるようになっています。
「VMM セルフサービス ポータルを利用すると、管理画面上で『開始』や『停止』、『削除』といった項目をチェックするだけで、自由に仮想マシンを活用できるようになっています。ただし、仮想マシンの作成から削除まで、すべての権限を全ユーザーに与えてしまうと混乱が生じてしまう可能性もあるでしょう。そこで、VMM セルフサービス ポータルの機能を使って権限設定を行い、仮想サーバーの『停止』や『再起動』などの機能はエンド ユーザーに解放していますが、仮想マシンの作成と保管、そして削除といった項目は私たち情報システム管理課だけが管理できるようにしています」。

<導入効果>
追加したサーバーの構築費用は「0 円」。約 40% のコスト削減を実現

Hyper-V および System Center を活用したプライベート クラウドによるメリットのうち、特に大きなポイントが「コスト」と「管理効率」であると藤原 氏は言います。

「実は、当初の予定では仮想マシンを 10 台ぐらいで運用するはずだったのですが、2010 年から 2012 年の間にサーバー台数が数倍に増えていたという経緯もあり、最終的に 21 の仮想マシンを動かすに至っています。11 台も予定をオーバーしているわけですから、物理サーバーであれば、ここでハードウェアの調達から構築にかなりの追加コストが生じてしまいます。しかし、仮想マシンですからハードウェアの調達は不要ですし、Virtual Machine Manager で作成したテンプレートをワンクリックで適用するだけで増やせますから、構築の手間もほとんどかかっていません。実質『0 円』で済んでいます。物理サーバーでの構築時と比較すると、この時点ですでに約 40% のコスト削減が実現しています」。

さらに、日々の運用管理にも、「ほとんど時間をかけていない」と藤原 氏は続けます。
「サーバーの監視は、ほとんど System Center Operations Manager に任せっきりにしています。メールで状況がプッシュされてくるので、それにざっと目を通す程度で問題なく運用できています。監視の手間は、毎日 15 秒程度です。過去の運用ではサーバー 1 台の監視に少なくとも 1 日 5 分は費やしていましたから、21 台あれば 100 分以上かかってしまいます。この差は非常に大きいです」。

仮想サーバーのデータ バックアップには、System Center Data Protection Manager が活用されています。
「バックアップに関しては、D2D2T (Disc to Disc to Tape) で行っています。日々のバックアップでは差分データを取得していますので、非常に短時間で終了します。しかも 2010 年に試験運用した時から、仮想マシンの数が倍に増えているのですが、費やす時間はほとんど変わっていません。数十分で完了します」と藤原 氏。「実は今回の構築で改めて感心したことが 1 つありました」と続けます。
「今回の構築に際しては、Virtual Machine Manager に含まれている P2V (Physical to Virtual) ツールも使いました。それまで物理サーバー用の設定でバックアップを行っていたものを 3 台ほど、ある日仮想サーバーへと P2V で移行させたのですが、その翌日には何もなかったかのように、きちんとバックアップが取れていたのです。大体の場合、サーバー間を移動させた場合にはバックアップの再設定などに時間がかかるものなのですが、何の作業もしないまま、通常通りにバックアップできていたのは、評価できるポイントだと思います」。

こうして、さまざまな運用管理の効率化が図られていることを考慮して藤原 氏は「仮想サーバーが、50 台ぐらいに増えても、今と変わらず 2 ~ 3 人で無理なく運用できるはず」と評しています。
「当社の運用では、半期ごとに物理サーバーが増えていました。物理サーバーの場合、同じ機種を調達しても時期によってドライバが異なるなどの要因によって "相性" の違いが発生するなど、障害や運用負荷を増加させる部分があったのですが仮想マシンなら、そのストレスとは無縁です。何年も続けてこの気軽さが持続するのはありがたいです」。

内田 氏もプライベート クラウドという、利便性の高い環境が上述のように負担も少なく運用できることで、「今まで抱えていた "もどかしさ" が解消される」と笑顔を見せます。
「私たち情報システム部としては今まで、エンド ユーザーからの要求に応えるまでのリソースと時間、コストの 3 つのバランスについて、非常にもどかしい思いをしてきました。しかし、今後は余分なリソースをかける必要もなく、スピーディーかつ低コストに、要求に応えられるようになります。非常にいい時代になったと思います。お客様にも、積極的にお勧めしたいという思いです。サーバー台数が 10 を超える環境であれば、大きな効果が得られるでしょう」。

<今後の展望>
充実した災害時復旧対策へ。最新製品の活用も視野に

最後に内田 氏は、今後の展開として「社内検証環境としての利用および、Windows Server 2012 Hyper-V と System Center 2012 という最新製品の活用へと順次取り組んでいく」と話します。
「今回構築した環境はまだリソースに余裕があるので、社内検証環境への活用を検討しています。サービス部門・サポート部門の検証環境として利用いただくことで顧客サポートのスピードが上がり、さらにコスト削減もできるのではないかと考えています。運用はセルフサービス ポータルで行うことを想定しています。」「最新環境については特に System Center Orchestrator によって、複数のシステムをまたいでプロセスを自動化できるということに期待しています。そこに System Center Service Manager の課金機能を組み合わせ、部門やプロジェクト単位でクラウドの活用度合を詳細に把握することから始め、いずれは社内でコストチャージを行うための仕組みとして確立することも考えています。さらに今、グループのデータセンターを利用した DR (Disaster Recovery) の話も進行しているのですが、バックアップ先が 1 か所というのでは不安もありますので、Windows Server 2012 Hyper-V の新機能である Hyper-V レプリカを活用して、拠点間で相互に複製し合うといった対策なども可能なのではないかと思っています」。

コメント