612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • コミュニケーション
  • コスト

株式会社セカンドファクトリー

 様に導入

クラウド × マルチ デバイスの利便性を、全国の飲食店へ。投資を抑え、スピーディーに展開できるクラウド型オーダー システム「QOOpa」を、Windows Azure で実現

江の島にて、試験運用のためにセカンドファクトリーが開店していた「東京唐揚 極鶏」

株式会社セカンドファクトリーでは、店舗設置型のセルフ オーダー端末を開発してきた経験を活かし、飲食店向けの BYOD (Bring Your Own Device) 活用の可能性を検討。さらに、クラウド サービスの柔軟性を加味することで、"クラウド × マルチ デバイス" = コストを抑えながら、高機能なオーダー システムを素早く導入、展開できるソリューション「QOOpa」を開発、提供しています。お客様持参のスマートフォン活用や既存 POS との連携など、全国の飲食店にかつてない利便性を提供するこのソリューションのサービス提供基盤として同社が選択したのが、マイクロソフトのパブリック クラウド サービスである Windows Azure でした。

<導入の背景とねらい>
お客様のスマートフォンから注文を受けることで、イニシャル コストもオーダー ミスも大幅に軽減

HCD (Human Centerd Design:人間中心設計) のノウハウを活用し、アプリケーションや Web サイトなどの設計、開発からコンサルティング サービスに数多くの実績を重ねている株式会社セカンドファクトリー (以下、セカンドファクトリー) が新たに注力しているソリューションが、飲食店向けクラウド型オーダー システム「QOOpa」です。
QOOpa は、クラウド サービスと、BYOD を前提としたマルチ デバイス活用をベースとして練り上げられたソリューションです。システムは、マイクロソフトのパブリック クラウド サービスである Windows Azure 上に構築されているために、トラフィックの増減にも柔軟に対応。インターフェイスを html 5 で構築しているため、お客様が携帯しているスマートフォンやタブレットからあらゆるデバイスから、ブラウザ経由で利用できます。

セカンドファクトリー 代表取締役 大関 興治 氏は、この QOOpa を通じて、「飲食店の皆様の "機会損失" を最小限に抑えたい」と話します。「今、ほとんどのお客様が高性能なモバイル デバイスを携帯しています。これを活用し、無線 LAN 経由で注文できるようになれば、店舗側で高価な端末を仕入れる必要もありませんし、注文の聞き間違いもなくなります」。

同社では QOOpa を、利用者である飲食店側の視点から磨き上げるために、片瀬東浜海水浴場にて「東京唐揚 極鶏」という店舗を運営し、QOOpa の実運用を行うなど、積極的な取り組みを重ねています。こうして磨き上げた機能やユーザビリティーを、全国で稼働中の QOOpa に対し即座に反映できることも、クラウド サービスとして提供している強みであると言います。
また、従来の POS システムの場合、小規模な飲食店では活用しないような機能まで整ったフル装備で導入されることがほとんどでしたが、QOOpa ではニーズに則したソリューションを、月額 9,800 円から利用できるようになっています。「『QOOpa』には、大きく分けて 3 段階のソリューションがあります。1 つは、クラウド サービスのみを活用するミニマムなプランです。この場合、受注側のシステムとして Microsoft Office 365 の SharePoint Online を活用し、タブレット端末などからオンラインで確認することになります。そして、もう 1 つが、『QOOpa』で準備している擬似的な POS システムを活用するフルパッケージ プランです。そして最後が、SQL Server を介して既存の POS システムと連携する拡張プランです。こうして、細かくニーズに対応することで、飲食店様の負担を軽減しています」。
「QOOpa のシステム自体は、あっという間に導入できます。ご注文いただいた翌日からサービスをご利用可能です。また、新規店舗開店時におけるシステム環境構築面もご支援いたします」とプロダクト&サービスグループ シニアリード 井原 亮二 氏は言います。

右)株式会社セカンドファクトリー
  代表取締役
  大関 興治 氏
左)株式会社セカンドファクトリー
  プロダクト&サービスグループ
  シニアリード
  井原 亮二 氏

<クラウド活用の効果と今後の展望>
Office 365 を活用して、予約メール システムや店舗内情報共有のためのポータル構築や
ビッグ データを活用した経営分析も可能

セカンドファクトリーの「QOOpa」は、クラウド ベースの Web サービスであるため、縁日の屋台のようなごく短期間のみの営業にも、無理なく対応できます。
さらに、ミニマムなプランで活用している Office 365 には、SharePoint Online のほかに Exchange Online というメール システムも揃っており、お客様の予約メールや従業員用のメール、そして連絡事項を伝える掲示板活用など、店内のコミュニケーションをサポートする環境を、同時に整えてしまうことも可能です。セカンドファクトリーでは、この QOOpa を 2014 年度中に、全国 1,000 店舗へ普及させることを目指していると言います。
「いずれは QOOpa 導入店様同士で、その地域の匿名データを共有し、『地域内のお客様の傾向』を把握していくといったビッグ データ活用も視野に入れています。店舗でのオーダー情報だけでなく、地理的な情報や天気などの環境情報を合わせて分析することにより、効率のよい調達や戦略的販売計画なども行うこともできます。その他、お客様に QOOpa を使ってご注文いただくことを、もっともっと楽しんでもらえるような仕掛けも考えています。また、片瀬東浜海水浴場に期間限定で出店した「東京唐揚 極鶏」を移動販売車で全国展開することも決定しています。QOOpa であれば移動販売車にも簡単に導入できますので、全国どこにいてもオーダー システムが利用できます。移動販売 × クラウド × デバイスで新たなデータ活用も考えています。ぜひ、楽しみにしていてください」。

QOOpa を使いタブレットから
注文したイメージ
[拡大図] 新しいウィンドウ

Microsoft Surface を POS として利用している様子 [拡大図] 新しいウィンドウ

SharePonit Online を通じて、注文内容を確認している様子 [拡大図] 新しいウィンドウ

コメント