14
導入事例

 様に導入

  • コスト

求人掲載だけでなく、ダイレクトリクルーティングや社員紹介制度(リファーラル)

 様に導入

求人掲載だけでなく、ダイレクトリクルーティングや社員紹介制度(リファーラル)など、攻めの採用にも活用しています。

  • ワイジェイFX株式会社
  • 人事総務部 伊藤様

yjfx01

 

 

―――御社はどのような会社ですか。

伊藤氏:ヤフー株式会社の100%出資子会社のFX会社です。FXツールやオンラインFXセミナーなどを提供しています。従業員数は150人ほどです。

 

 

―――スタンバイ・カンパニーを導入したきっかけを教えてください。

伊藤氏:導入前はマンパワーが足りないこともあり、人材紹介会社を活用していました。でも、人材紹介の流れではなくなってきていると感じていて。せっかくご紹介いただいても、現場との条件がすり合わず、書類のやりとりなど無駄な工数が掛かっていました。私の入社前は、人事は2人しかいませんでしたが、私が入社した分、採用にもっとパワーを掛けられるようになり、新しい試みを始めようという気運が高まっていました。

その一つがダイレクトリクルーティング。ビズリーチさん含め、登録者に対して、弊社が直接スカウトメールを送る方法です。もう一つが、リファーラル。社員に募集要項に合った求職者を紹介してもらう制度です。この二つを推進するにあたって、社員や登録者の方に見てもらうための採用ページが必要だと感じていました。その時にビズリーチさんからセミナーのお誘いを受けて。そこでスタンバイ・カンパニーの存在を知って、ぜひ使おうと思いました。

 

 

―――導入の決め手は何でしたか。

伊藤氏:まず自分で更新できること。当時、採用ページはマーケティング部が制作していて、更新もマーケティング部の担当でした。修正があるたびに、人事部が気軽に連絡するわけにもいかず、いつも修正事項を2、3個ためてから依頼していましたね。その分、文言の修正や新着求人の公開にタイムラグが発生していました。

次にスマートフォンに対応していること。以前のページはスマートフォンに対応しておらず、社員が外出先で気軽に見ることができませんでした。

最後が、SNSで拡散できること。リファーラルを始めるにあたって、社員がSNSで気軽に情報を共有・拡散できる機能が必要だと感じていました。

この三つがマストで、後はデザインがきれいで、費用も掛からないといいな、と思っていました。

 

 

―――採用ページをリニューアルしたことで、社員の方から反応はありましたか。

伊藤氏:「キレイになったね」と言われるようになりました。ページが見やすくなったことで「もっとこうした方がいいのでは」というアドバイスももらえるようになりました。今までは、テキストベースの募集要項しかなかったので、社員が採用ページを見るなんてことなかったのですね。でも今は、リファーラルの存在もあって、社員も積極的に採用ページを見て、SNSで情報を拡散してくれるようになりました。

 

 

―――SNSはよく利用しているのですか。

伊藤氏:リファーラルのリリースと同時に、社員にスタンバイのページをFacebookやLINEでシェアできることは伝えていましたので、積極的に使ってくれていると思います。

 

 

―――採用ページに注力して良かったことはありますか。

伊藤氏:社員に求人内容を共有しやすくなりました。職種の概要などをしっかり社員が読んでくれるようになりましたね。リファーラルに対するハードルも下がったと思います。社員から採用ページへのアドバイスも増え、私たちの更新に対するモチベーションも上がりました。

ダイレクトリクルーティングでも、スカウトメールには必ず採用ページへのリンクを貼っています。求職者はそのページを見て、応募するかどうかを判断するので、採用ページの質は非常に重要です。

 

 

yjfx02

 

―――スタンバイ・カンパニー導入前はどのような採用ページでしたか。

伊藤氏:会社のホームページの一部分である採用ページを見る人なんて多くはないだろうと思っていて、あまり細かく更新していませんでした。でも、採用学というHRレポートに、人材紹介会社や採用広告、社員からの紹介の応募であろうと、その会社に応募する時は採用ページを必ず見る人は多いというデータがあって。採用情報を見て、会社の雰囲気をつかむ方が大勢いることが分かり、もっと力を入れる必要があると思いました。

 

 

無料なのに、欲しい機能が全てそろっている。それがスタンバイ・カンパニーの強みだと思います。

 

 

―――スタンバイ・カンパニー導入に当たって苦労したことなどありましたら、教えてください。

伊藤氏:最初は画面操作など、慣れないことばかりで、戸惑いました。でも、ビズリーチさんが改善要望を受け付けて、機能をアップデートしていくので、どんどん使いやすくなってきました。今では、最初の苦労は一体何だったんだろうと思います(笑)。

 

 

―――応募数に変化はありましたか。

伊藤氏: 応募数は変わりませんが、一概に比較検討できない要素があって。というのも、弊社はヤフーのグループ企業ということで、時々Yahoo! JAPANのトップページに採用ページへのリンクを貼らせてもらうのですが、今年はその頻度が少なかったのです。このリンクがあるかどうかで、採用ページへのPV数が30倍近く変わります。それなのに、昨年と全く同じ結果が出ているということは、同じくらいの効果がスタンバイにあったのかも知れません。

 

 

―――採用に関して、今後やっていきたいことはありますか。

伊藤氏: ダイレクトリクルーティングとリファーラルを強化していこうと思います。

スタンバイを導入したおかげで、以前は8割だった人材紹介の割合が4割にまで減り、残り4割がダイレクトリクルーティング、2割がリファーラルという比率に変わりました。

求める人材がいるならば、人材紹介よりも直接「お会いしませんか」と積極的に声を掛けた方が、理想の人材を採用できますし、工数もコストも掛かりません。

その際、重要になるのが採用ページです。採用ページが充実していないと、求職者にも社員にも振り向いてもらえません。もっと採用に関心を持ってもらうためにも、更新頻度を上げて、スタンバイのページが社員の目に触れる機会を増やしていきたいですね。

 

 

―――社員に採用活動へ興味を持ってもらうために、どのような活動が必要だと思いますか。

伊藤氏: 毎週の全社共有ミーティングで社員からの紹介のお願いをしていますが、新着求人がありページ更新した時にもリアルタイムに社員に通知できればいいな、と思っています。

リファーラルの一番のネックが、忘れ去られてしまうこと。リリース直後は熱量がありますが、時間がたつと、求人内容やそもそもリファーラルがあることすら忘れられてしまいます。それなので、継続的な呼びかけが大事です。そこを補完してくれる機能がアップデートされれば、さらに便利ですね(笑)。

 

 

―――貴重なご意見ありがとうございます。最後に、まだスタンバイを導入していない企業様にメッセージなどありますか。

伊藤氏: 弊社はちょうど採用ページをリニューアルしようと思っていた時にリリースのお知らせをいただいたので、すぐ導入しました。自分で更新できるならば、お金を掛けてもいいと思っていましたが、スタンバイ・カンパニーは無料で全ての要件を満たしていましたので、即決でした。エンジニアを中心に社員も採用活動に協力してくれるようになり、リファーラルですが、採用も1人決まりました。

 ヤフーグループといえども、弊社はベンチャー的な動き方をしており、新しいことにどんどんチャレンジしていく会社です。弊社のような攻めの採用をしたい会社さんには、ぴったりのツールだと思います。

 

 

yjfx03

 


ワイジェイFX株式会社

・インタビュー対象: 人事総務部 伊藤様

・場所:東京都港区

・業種:インターネットを介した外国為替証拠金取引業

・社員数:150人

・企業ホームページ:http://www.yjfx.jp/

・スタンバイページ:https://jp.stanby.com/ats/yjfx/jobs


コメント