『トロ』の生みの親で、10年前からチャットを利用している会社

これまでの業務連絡手段を教えてください。

南治 : 業務連絡の手段は、チャットが優れていると考えており、そのため10年以上にわたり、

  • Yahoo!メッセンジャー
  • GoogleTalk
  • Skype

などのチャットツールを乗り換えながら使いつづけてきました。

簡単な連絡はチャットでおこない、デザイン画像はメールで送ったりしていましたね。チャットワークの導入は、2012年2月です。

©2011 Sony Computer Entertainment Inc. PlayStation®Vita専用アプリ『みんなといっしょ』を制作している会社。チャットワークビジネスプラン50を利用中。

導入の決め手は、検索・過去ログ閲覧・オフライン送信ができること

チャットワークを導入しようと思ったきっかけと、導入の決め手を教えてください。

南治 : 友人の株式会社たゆたう、高橋宏典社長がチャットワークを利用しており、とても良いと聞いたので導入を検討しました。

決め手になったのは何でしたか?

南治 : 導入を決めたのは、

  • グループチャットが使いやすく複数のチャットにわたり検索ができること
  • 過去ログがクラウドに保存されどんなデバイスでも同じに見られること
  • 相手がオフラインでも送信できること

です。

当時利用していたSkypeの問題をすべて解決できるので、即導入を決めました。Skypeはグループチャットを作れるところは良いのですが、「ログの検索ができない」、「プロジェクトの途中参加者は過去ログを閲覧できず、これまでの経緯を説明するのが大変」、「オフラインではやり取りができない」という大きな問題がありました。チャットワークはこれをすべて解決していました。

画像プレビューがチャット上に出る機能で、デザインの意見交換が快適

実際に利用して、業務にどんな影響が出ましたか?

南治 : チャットワークでは、タイムラインに画像プレビューが表示されるので、デザインに関する話し合いが直感的で、分かりやすくなりましたね。
当社はゲーム制作やキャラクターデザインの過程でデザインに修正を加えるたびに画像をやり取りし、それに対する意見交換をおこないます。

チャットワークでは、ひとつのデザイン画像をアップし、それに対する意見を画像の真下に書込めます。これにより、関係者はデザインの変更意図を一瞬で把握できるようになりました。
これはプロジェクトを進める上でとても助かっています。

Skypeには画像プレビューはありませんし、メールでもチャットワークのようにはいきません。
メールはスレッド形式にできるものの、返信のやり方ひとつでスレッドが途切れ、話し合いの過程が分からなくなってしまいます。添付画像もメールの下部にまとめて表記されるので、いくつも添付画像があると、どの画像に対するコメントなのか突合せが大変です。

また、GmailやOutlookなどツールによって、同じ内容でも見え方が違います。
これに対し、チャットワークは誰がどこから見ても見え方は同じで、誤解や勘違いが起こりません。

過去ログ閲覧機能で、引き継ぎ時の伝達コストが10分の1に

チャットワークの導入で一番効果を実感しているのは何でしょうか?

南治 : プロジェクトの途中参加者や会議欠席者に、これまでの経緯を説明する手間がなくなったことです。

おそらく、これまでの伝達方法に比べ1/10以下の手間で済みます。
というのも、チャットワークにはプロジェクトグループの過去ログを、新しく追加したメンバーがすべて閲覧できる機能があります。アップされたファイルもすべてダウンロード可能です。

そのため、「過去ログ見といて。」と言うだけで、引き継ぎが済んでしまいます。
情報伝達で重要なのは、どのような経緯で結論に達したかという途中経過も把握することです。

ただ資料を渡すだけではダメなのです。
チャットワークは資料も経過も見るだけで分かる点が最大の魅力ですね。

利用からわずか2ヶ月で社内メールが不要になり、処理速度も倍以上

現在、メールやSkypeの利用頻度はどうなりましたか?

南治 : わずか2ヶ月で社内ではメールで業務連絡することはまったくなくなりました。
Skypeとメールで必要としていた機能を、チャットワークは両方持っていますし、使い心地はより快適です。「画像ファイルの共有と意見交換」という一連の作業にかかる時間を比べると、数倍は早く処理できています。

取引先ともチャットワークを使うことで、より快適に!

社外の取引先とチャットワークを利用していますか?

南治 : はい。すでに一部の取引先とチャットワークでやり取りしています。
社外と使うと業務進行がとても快適になりました。チャットワークは無料から始められるので、取引先にすすめるハードルが低いのも大きな利点です。

ただ、新しいものに抵抗がある会社さんもあるので、ウチではSkypeなどをすでに利用している会社を中心に導入をお願いすると、彼らは気軽に応じてくれ、その結果、取引がとても楽になりました。

最後に、チャットワークにエールや期待をお願いします。

南治 : メールよりセキュアだし、チャットを利用しない理由はないと思っていますね。中でもチャットワークは、デザイン画像を多く扱う当社には便利なツールです。

今後の期待は、リッチテキストの対応や、機能面でいくつか要望がありますね。
もっと便利なツールに進化することを心から期待しています!