セミナー・コンサルティング会社特有の悩み

ナチュラルリンクの事業について教えてください。

片山 : 中小ベンチャー企業の為の、 女性社員戦力化に特化した人材教育研修・コンサルティング会社です。主な事業は、女性マネジメント研修プログラム「女性活用経営クラブ」の運営や個別コンサルティングです。これに加え、2011年9月より オンラインで女性を活すノウハウを学べる「女性活躍オンライン」をスタートさせました。男女の脳の違いをベースにした研修で女性のヤル気を引出し、また優秀な女性が長期的に活躍できる環境づくりをサポートします。

片山さんには研修・セミナー・コンサル事業特有の悩みがあったそうですね?

片山 : はい。高いスキルが必要なコンサルティングや研修を販売していた2009年の創業から約2年の間、3つの悩みがありました。

  • 商品の説明、研修やコンサルティングを実行できる人が私だけしかいなかったこと
  • 1件当たり販売から納品までに膨大な労力がかかること
  • 興味はあるがセミナーやコンサルティングまでは必要ないというお客様に提供できる商品がないこと

2年間、どうすればお客様に喜ばれ、社員やインターン生にも販売でき、労働だけに頼らない広がりのあるビジネス(ストック型ビジネス)を作れるだろうかと考え続けていました。

好評の研修だが、高いスキルが必要で、自分しか対応できないことが悩みだった。

チャットワークを利用してストック型ビジネスを開発

チャットワークを使いどのようなサービスを開発したのですか?

片山 : 「女性活躍オンライン」というネット完結型のサービスで、月額7,980円で「女性社員を活かすノウハウ」や「在宅ワークノウハウ」といった女性を活す方法が学べます。また、 チャットワークを利用した「会員専用グループチャット」で相談や交流ができます。これなら対面営業は不要で、社員や在宅ワークスタッフがコンテンツを作ったり、チャットで相談をお受けしたりできます。

実際、起業パートナーである専務の前本は、産休中なのですが、在宅ワークをしながらお客様の質問にお答えしています。このサービスはセミナーや研修と違い、月々会費をいただけるストック型ビジネスなので、経営を安定させることもできます。 チャットワークを知ったことで、これまで抱えていた悩みをすべて解決できる、お客様と当社にとって革命的なサービスを作ることができました。

チャットワークで悩みをすべて解決できるサービスをつくり上げることができた。

集客ツールとして使える理由は「コミュニティ」を形成できること

チャットワークをサービスに組み込む案はどのように閃いたのですか?

片山 : 「コミュニティ」を簡単に作れるツールと知ったことで閃きました。と言うのも、以前勤めていた会社で企業研修を販売していたのですが、その会社の 強みは「お客様同士のコミュニティ」を作り、お互い切磋琢磨していただく仕組を作るのが上手いことでした。お互い成長しようとするので、 お客様が自発的に研修に参加してくださるのです。情報交換も活発になるので成果も上がりやすくなります。「あ、あの人が頑張ってる、俺もやらな!」と刺激し合うお客様をたくさん見て、お互い高め合う効果を実感していたので、これと同じことをネット上でできると知り、使える!と確信しました。

これまでは、興味はあるがコンサルティングや研修までは要らないという会社には何も提供できなかったので、 機会損失をしていると感じていました。また、高額の商品を利用していただく場合も信頼していただくまでに 膨大な時間と労力が必要でした。

「チャットワークのコミュニティ」でお客様と交流すればこれらの悩みも解決できると気付いたのです。

情報交流と集客を目的としたグループチャットを開設した。写真は、チャットでの相談や回答の様子。
チャットワークはビジネスに特化したコミュニティ作りが得意。

片山 : チャットワークで作ったコミュニティで情報交換をすることで、無料相談からオンラインサービスへの申し込みや、さらに踏み込んだサービスへのアップグレードが期待できます。また 様子見というお客様とも交流でき、機会損失を防ぐことができます。結果、お客様の成果や会社全体の売上があがる仕組みを作ることができました。

このように、 ビジネス用途で気軽にお客様同士のコミュニティが作れるツールはチャットワークだけだと感じています。さらに、TO(相手指定)機能、タスク割当機能、ファイル送受信機能など、仕事をミスなく進行するための機能が備わっていて、他のサービスとは比較になりませんでした。

在宅ワークの仕組もチャットワークで作れた!

無料チャット相談への回答は、産休中の女性専務 前本さんも参加されているのですね。

片山 : はい。チャットワークを利用したら、たったの3か月で在宅ワークの体制を整えることができました!現在前本は、3か月の赤ちゃんの世話をしながら「在宅ワーク」をしています。1年前、私は営業や研修に専念しており、他のすべての業務を任せていた前本が妊娠したことを知り途方に暮れました。出産が迫る中、ECstudio体験留学で学んだIT活用の知識を活かし、社内向け・取引先との業務連絡をチャットワークで、会議はスカイプ通話でおこなうことで在宅ワークができるようになりました。今では、前本が自宅で新サービスの対応ができるなんて夢のようです!

産休中の専務(前本玲様)は、自宅からチャット相談に回答している。

女性の活躍にはITは必須!今後はお客様にIT活用を提案

チャットワークに対する今後の期待をお願いします。

片山 : チャットワークは、女性が働き続ける仕組みを作るには最高のツールです。実際、前本が自宅に居ながらすべての業務進行が手に取るように分かるのもチャットワークを活用しているからです。チャットワークを見ながら「自分はこんなに早いスピードで仕事をしていたのか!」と驚き、「完全復帰までのイメージが描ける」と喜び、「育児で辛い時でも仕事ができることは気晴らしになっている」と思わぬメリットも発見しました。

出産前はどうしようと二人で右往左往していたのに、こんなに明るい気持ちで産休を迎えられるのはチャットワークとIT活用のおかげです。そこで、当社のお客様にチャットワークの利用やIT活用を提案することにしました。さらに私はこの実績を、日本中の女性社員の戦力化に取組む企業に届けます。その為、私がIT活用法を学んだ「IT実践会」と「女性活躍オンライン」がコラボレーションします。「IT実践会」の山本社長も女性活用に積極的で、とんとん拍子にコラボレーション企画が進みました。

「女性活躍オンライン」申し込み者は「IT実践会」と提携。IT活用法も学ぶことができる。
チャットワーク導入を検討している方に一言お願いします。

片山 : チャットワークは、営業や相談窓口・お客様同士のコミュニティ作りができ、機会損失を防ぎ、相談をお受けすることでサービス利用にもつなげられます。また業務面でもスムーズなプロジェクト進行や在宅ワークを可能にしました。セミナー・研修・コンサルティングをされている会社ならとても役に立つツールです。ぜひ、部署単位、会社単位で試しに使ってください。大勢で使うとより効果を実感できますよ。

チャットワークは女性を戦力化したいすべての企業の力になります!