14
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 解析

会社のことを知ってもらうため、コンテンツの拡充にも取り組んでいます

 様に導入

会社のことを知ってもらうため、コンテンツの拡充にも取り組んでいます

  • 株式会社WEIC
  • 代表取締役 内山様、Business Management Department Leader 伊藤様

WEIC1

 

営業手法が年々進化していく中、インサイドセールスに特化した営業支援サービスを展開している株式会社WEIC様。もともと社員紹介を中心に採用を行ってきた同社でしたが、近年急激に事業が伸びている背景があり、採用活動も活性化。しかし、募集職種が多いため、求人の管理には苦労されてきたそうです。そんなWEIC様が、スタンバイ・カンパニーを導入し、どう変わったのか、どのように活用しているのか。代表の内山様と採用担当の伊藤様にお話を伺いました。

 

 

まずWEIC様について紹介していただけますか。

内山氏:WEICは、「インサイドセールス」と呼ばれる営業手法を用いた営業支援サービスを展開している企業です。多くの企業では、営業メンバーの方々がすべての工程を担当していることが多いのですが、セールスにおいて必要なデータを事前に収集して、「お客様はどのようなものを欲しがっているのか」「どのようなお客様であれば、自分たちの商材を求めてくれるのか」といった傾向を分析することで、営業活動はより効率的になるはずです。

 

 

WEIC様の強みはどういった点なのでしょうか。

内山氏:インサイドセールスに特化しており、しかもクラウドでサービスを提供している点です。闇雲に営業をかけなくても、お客様側からリードが入り、商談まで仕掛けることができる。特別な知識を持っていなくても手軽に導入していただくことができ、しかもデータはしっかりと収集します。データをもとに戦略の設計からターゲット抽出、プロファイリングから商談設計までワンストップで高品質のサービスを提供しています。

 

 

人手が足りないスタートアップや中小企業にも必要とされるサービスですね。

内山氏:はい、営業の精度を高めるのは、データだと思うんです。お客様の傾向を把握できていれば、本来は受注できるはずですから。私たちが特化しているインサイドセールスという手法は、日本で未成熟だと言われていましたが、近年、認知は広がっています。また、CRMやMAのツールを導入しているお客様は増えていますが、それらのツールもリードを醸成してあげないことには十分に機能しないと考えています。

 

 

採用をご担当していらっしゃる伊藤様にお伺いします。伊藤様自身も中途でのご入社。以前から採用を担当されていたということですが、前職との違いはありましたか。

伊藤氏:前職では、システムインテグレーターで採用を担当していました。前職の場合、募集する職種はある程度限られていましたが、当社ではコンサルタント、エンジニア、コールセンターなど、職種が多いのが大きな違いですね。

 

 

WEIC2

 

 

スタンバイ・カンパニーの導入以前は、どのような採用活動を行っていたのですか。

伊藤氏: 以前はExcelで職種ごとの求人票を作って管理していましたが、先ほどお伝えしたように職種が多いので、求人の管理自体もかなり大変でした。現場の社員から求人内容をヒアリングして、それを言語化して、資料にまとめるのですが情報の更新も頻繁にあり、職種ごとの募集開始や停止などの管理が煩雑になっていました。手が回らないので、人材紹介のエージェントさんなどに対しても、受け身になってしまっていました。

 

 

そもそもスタンバイ・カンパニーを知ったきっかけというのは。

伊藤氏:前職でももともとビズリーチさんのサービスを使っていました。決め手はやはり、無料で採用ページを作れるというところ。最初は「本当に無料なの?」と、思いました(笑)。

 

 

スタンバイ・カンパニーを導入して、どのような変化があったのでしょうか。

伊藤氏:現在、募集している求人を一覧で見られるようになったことが大きいです。社員から「知人を紹介したい」という声があった場合には、スタンバイ・カンパニーを見てもらうようにしています。また、人材紹介会社のエージェントさんに採用の状況を聞かれた際にも、スタンバイ・カンパニーを紹介して、「今募集しているのはこの職種です」ということを分かりやすく伝えることができます。

 

 

スタンバイ・カンパニーの使い勝手にはどのような印象を持っていますか。

伊藤氏:UIがすごく使いやすいです。各ボタンの機能など、直感的に理解できるので、誰にでも操作できるものだと思います。新卒採用の担当者は私よりもスタンバイ・カンパニーを使いこなしていて、写真や文字の強弱など、工夫したページを作っていますよ。

 

 

WEIC様のページを拝見すると、一般の求人以外のコンテンツも載せていますね。

伊藤氏:はい、当社でアレンジした使い方ですが、会社の雰囲気を伝えるようなコンテンツコーナーを用意しています。知名度の低い会社の場合は、まずは採用サイトを設けて会社のことを知ってもらうことが大切だと思うのですが、コーポレートサイトの他に別途、採用サイトを作るのは費用の負担が大きいですよね。スタンバイ・カンパニーでは、特別な知識や技術がなくても、雰囲気が伝わるような写真、文章を載せ手軽に情報発信をすることができます。「WEICってどんな会社?」と称して会社の雰囲気を紹介するページなんかもつくってみました。

 

 

素晴らしいお取り組みだと思います。情報発信でこだわっていることはありますか。

伊藤氏:新しい求人をオープンした時には、社員に対しても共有しています。当社は社員紹介での入社も一定の割合でありますが、新しい職種が出たときなどはスタンバイ・カンパニーを利用してこちらから情報発信をしています。エントリーはスタンバイ・カンパニーを指定しているわけではないのですが、間口は拡げることに大きな効果ができていると思います。

 

 

スタンバイ・カンパニーの導入を検討している企業に、もしおすすめするとしたら。

伊藤氏:自分たちで情報発信することはとても大事なことだと考えています。転職を検討中の方にまず自社のことを知ってもらう。またはエージェントや社員に採用の状況を知ってもらう、そのためにはスタンバイ・カンパニーは費用がかからず自分たちで作業できる、手軽に始められるという良さがありますから、構えずにやってみてもいいのではないか、と思います。

 

 

ありがとうございます。コンテンツコーナーの充実をこれからも楽しみにしています。

 

 

WEIC3

 

 


株式会社WEIC

・インタビュー対象:代表取締役 内山様、Business Management Department Leader 伊藤様

・場所:東京都中央区

・事業内容:データ解析とインサイドセールスを融合したリード獲得及び営業支援事業など

・従業員数:約100名(アルバイト含む)

・企業ホームページ:http://weic.co.jp/

・スタンバイページ:https://jp.stanby.com/ats/862502031087124481/jobs


 

コメント