74
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 見える化
  • コミュニケーション
  • 効率化
  • 最適化
  • 解析
  • オンデマンド
  • ビッグデータ

導入事例・キーワードで探す - マクニカネットワークス

 様に導入

導入事例

キーワード
  • セキュリティ
  • エンドポイントセキュリティ
  • ビッグデータ
  • ネットワーク最適化
  • ソフトウェア開発
  • 標的型攻撃対策
  • 産業用制御システム
  • DDoS攻撃対策
  • 出口対策
  • 情報漏えい対策
  • 不正侵入防御
  • マイナンバー対策
  • インシデントレスポンス
  • プロキシ
  • Webフィルタリング
  • URLフィルタリング
  • SSL通信
  • 検知
  • IDS/IPS
  • WAF
  • DHCP/DNS
  • ファイアウォールUTM
  • フォレンジック
  • サービスゲートウェイ
  • SSL-VPN
  • ハードディスク暗号化
  • ID認証連携
  • シングルサインオン
  • PCI DSS
  • 無線LAN
  • リモートアクセス
  • 帯域制御・負荷分散
  • ロードバランサ
  • アイソレーション(分離)
  • ネットワークパケットブローカー(NPB)
  • アプリケーションスイッチ
  • マルチホーミング
  • ルーティングプラットフォーム
  • 仮想化
  • デスクトップ仮想化
  • Hadoop
  • 脅威分析
  • ログ分析
  • Webアナリティクス
  • PC Xサーバ
  • コネクティビティ
  • Aruba
  • Citrix
  • CrowdStrike
  • FireEye
  • Gigamon
  • Infoblox
  • Juniper Networks
  • McAfee
  • Menlo Security
  • Open Text/旧Hummingbird
  • PingIdentitiy
  • Pulse Secure
  • Radware
  • RiskIQ
  • Splunk
  • Symantec
  • ADC-VX
  • AppDirector
  • DefencePro
  • Exceed onDemand
  • Falcon Host
  • GitHub
  • Hunk
  • LinkProof
  • SecurityMatters
  • NetScaler
  • PacketShaper
  • PingFederate
  • SRX
もっと見る 業種
  • IT・通信
  • メディア・エンターテイメント
  • 製造
  • 官公庁・行政
  • 学校・教育
  • サービス・小売
  • 金融
  • 運輸・エネルギー
  • 建設・不動産
  • 医療・医薬
  • アイソレーション(分離)

    Webサイトへのセキュアなアクセスを実現しコンサルタント業の“命”であるデータを確実に守る

  • インシデント管理

    これまで把握できていなかった膨大な数のWebサイトを発見運用負荷とセキュリティリスクを大幅に軽減

  • エンドポイントセキュリティ

    地方銀行に求められる社会的責任を果たすべく 「Falcon Host」の導入により エンドポイントのセキュリティ対策を強化

  • ソフトウェア開発プラットフォーム

    GitHub EnterpriseとCircleCIを採用しエンジニアが開発に集中できる環境を構築。DevOpsとソーシャルコーディングを可能にし自動化による開発効率の向上と迅速なサービス提供を実現

  • 産業用制御システム向けセキュリティ

    東京電力パワーグリッドが産業用システムのセキュリティ強化を実現する「SilentDefense」を採用。首都圏への安定的な電力供給に貢献する。

  • セキュアアクセス

    10年以上連続で活用され続けるPulse Secure信頼性と安全性が評価されバーチャルアプライアンスによるグローバルSSL-VPNアクセスサービスを実現

  • アイソレーション(分離)

    「Menlo Security」の導入でユーザビリティに影響を与えることなく完全に安全なWeb閲覧環境を実現

  • 標的型サイバー攻撃対策

    国立大学が標的型攻撃対策に次世代型サンドボックスを導入サンドボックス回避型マルウェアも高精度に検知し拡大が予測される教育機関への高度なサイバー攻撃にも対応

  • セキュアアクセス

    社内リソースへのリモートアクセスにPulse Secureを採用クライアント証明書配布とパラメータ設定を自動化し数日かけていた準備作業をわずか数分にまで短縮

  • インシデント管理

    過去のIPアドレス/ドメイン名情報をPassiveTotalで迅速に把握し、サイバー攻撃に対応。攻撃者の先手を打つプロアクティブ防御も実現。サイバー救急センター、セキュリティ研究部門での作業効率も格段に向上。

  • セキュアWebゲートウェイ

    Symantec社 Proxy SGとCitrix NetScalerを併用しインターネット基盤を全面刷新セキュリティ対策とパフォーマンス改善を同時に実現

  • 標的型サイバー攻撃対策

    既存の対策をすり抜けるランサムウェアを「CrowdStrike Falcon Host」がブロック、被害の拡大を防止。運用支援サービスの利用により、担当者の負荷も最低限に。

  • アイソレーション(分離)

    「Menlo Security」のアイソレーション(分離)技術によりWebサイト経由の脅威を確実に排除。よりセキュアな環境を実現。

  • ソフトウェア開発プラットフォーム

    外注に頼るウォーターフォール型開発からの脱却。DevOpsを取り入れたアジャイル型開発の導入と内製化の促進により開発スピードの加速を実現

  • 標的型サイバー攻撃対策

    ICTソリューションベンダーが選んだ「CrowdStrike Falcon Host」 従来の対策が通用しない標的型サイバー攻撃を防ぎ、運用管理の負担も大幅に軽減。

  • 標的型サイバー攻撃対策

    静岡県富士市は、「FireEye FXシリーズ」を中核とした検疫ソリューションにより、ネットワーク間におけるファイルの安全なやりとりを実現。ネットワークの分離に対応。

  • ハイパフォーマンス不正侵入防御 IPS

    大学の教育研究システムでMcAfeeの次世代IPSが活躍 高いスループット性能と安定性・運用容易性を両立し 感染端末の救済サイトで学生のセキュリティ意識も向上

  • DNS/DHCPアプライアンス

    大学の情報ネットワークにInfobloxが2期連続で採用 DNS/DHCP管理作業の負担を大幅に軽減し DNSSEC対応に向けた署名鍵の更新自動化も実現

  • 標的型サイバー攻撃対策

    標的型サイバー攻撃による情報漏えいを未然に防ぐため、FireEyeを選択 ゼロデイ攻撃の増加に伴う強固なセキュリティ対策を実現

  • 高機能プロキシ

    学習院が過去複数回のシステム更改に継続してSymantec製品を採用 圧倒的な信頼性と安定性で全学のセキュリティ強化を実現 さらに、リフレクトIP機能でオンラインサービス利用の適正化を実現

  • インシデント管理

    膨大な個人情報・機密情報を守るためSplunkで小さなインシデントも見逃さない環境を構築 20分の1の対応時間で分析精度も大幅に向上

  • ITインフラ管理

    IT先進性で神奈川県内トップクラスの南足柄市。 情報システムの全面更新に合わせてSplunkを導入し分散したログの一元収集と迅速な解析・監視を実現

  • Webアナリティクス

    カスタマーエクスペリエンス向上を目指す横河電機 Splunkにより今まで見えなかった顧客と企業を紐付けるビッグデータ解析の実現

  • ネットワークの見える化

    ネットワークの更改に合わせてGigaVUEを導入しセキュリティ機器や解析のために必要なネットワークトラフィックを集約化将来的なネットワーク拡張時の作業リスクも低減

  • 標的型サイバー攻撃対策

    標的型サイバー攻撃対策にSplunkを採用。1週間かかったログ収集をわずか数分で可能にし、CSIRTによるグローバルな監視・解析作業を強力に支援

  • ITインフラ管理

    ストリーミング事業を強化するNTTスマートコネクト。 Splunkで多種多様なログの収集・分析を一元化し障害原因の特定時間を10分の1に短縮

  • ビッグデータ

    通信サービスをはじめとする高品質の多様なサービスや 社会的価値を提供するKDDI。Hadoop ベースのログ共通基盤にHunkを採用し各種サービスの信頼性を確保

  • インシデント管理

    標的型サイバー攻撃対策に取り組むMDIS。 Splunkに独自の検索式を併用し、ログ分析時間の大幅な短縮と作業の効率化を同時に実現

  • インシデント管理

    大成建設株式会社の情報企画部担当部長であり、同社のCSIRT組織「Taisei-SIRT」(以下、T-SIRT)のリーダーを務める北村達也氏に聞く。

  • ITインフラ管理

    物流機器管理ソリューションにSplunkを活用 膨大なパレットを管理するシステムのログを可視化し精密な監視と傾向分析を可能にする仕組みを構築

  • ネットワークの見える化

    ネットワークの見える化が拓く企業ICTインフラの未来像とは?

  • サービスゲートウェイ

    Amebaのサービス基盤を支えるジュニパーのセキュリティ&ルーティングプラットフォーム

  • インシデント管理

    性悪説に基づくセキュリティ対策に踏み切ったJ-SYS。 Splunkでログを自在に解析・監視し抑止力の強化とITインフラの可視化を実現

  • インシデント管理

    サイバー攻撃に立ち向かうスカパーJSAT。 Splunk活用により膨大なログ分析を効率化しログ分析の質を向上

  • DDoS攻撃対策

    両毛インターネットデータセンターがDefenseProを導入し、ネットワークの上流でDDoS対策を実施

  • シングルサインオン/ID連携

    海外拠点とのID連携に「PingFederate」を採用 各国拠点のID運用体系を尊重し、統合することなくWebシステムを利用できるID Federationを実現

  • SSL-VPN/リモートアクセスソリューション

    コミュニケーション基盤のクラウド化をJuniper MAGとGléasによるセキュリティプラットフォームで実現

  • 無線LAN

    セガがアルバで全社的な無線LAN環境を構築 省電力化のためにPCをデスクトップからノートへ私物デバイスもセキュアに接続

  • SSL-VPN/リモートアクセスソリューション

    Juniper MAGとGléasを組み合わせてスマートデバイスから安全かつ手軽に社内リソースにアクセス可能な環境を構築

  • ハイパフォーマンス不正侵入防御 IPS

    関西大学がマカフィーの次世代IPSを選択。スマートデバイスの急増に向け利便性を維持したまま水面下でセキュリティガバナンスの強化を実現。

  • 仮想ロードバランサ

    アマノビジネスソリューションズが新世代ロードバランサ「ADC-VX」を導入し、新サービスに向けた仮想化基盤を構築

  • SSL-VPN/リモートアクセスソリューション

    郵船トラベルがMAGシリーズを採用してリモートアクセス環境を刷新 時間外対応や遠隔拠点からの業務環境を改善

  • ロードバランサ

    成田国際空港の通信インフラを担う空港情報通信株式会社がロードバランサのリプレースを決断。 4製品の実機評価の結果、AppDirectorを採用

  • ITインフラ管理

    クラウドの時代、複雑化する運用管理。ITサーチがトラブルを未然に防ぐ

  • シンクライアントPC Xサーバ

    レスポンス性能とOpenGL対応を高く評価して採用

  • IPS・DoS/DDoS 防御アプライアンス

    ソフトバンクテレコムがDefenseProを採用し「ULTINA Internet」ユーザ向けにDDoS検知・防御サービスを提供

  • アプリケーションスイッチ

    信頼性、拡張性、運用性を検討した結果、オンデマンドで拡張可能なロードバランサAppDirectorを選択

  • SSL-VPN/リモートアクセスソリューション

    パンデミック、災害時に企業としての責任を果たせるよう事業継続性を向上

  • ITインフラ管理

    Splunkの能力に着目しログ分析の効率化を実現

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    秋田県横手市は、教員用ノートパソコン600台の導入にあたり、セキュリティ対策としてハードディスク全体を暗号化。学校現場特有の環境に対応

  • アプリケーションスイッチ

    信頼されるサイト構築サービスを提供するために標準ロードバランサとしてAppDirector OnDemand Switch を選択

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    SSD搭載ノートPC1500台を暗号化。統合管理サーバMcAfee ePolicy Orchestratorとの連携で、情報漏えい対策の強化と効率化によるROIの向上を目指す。

  • アプリケーションスイッチ

    ロードバランサをAppDirectorにリプレース。既存のシステムやネットワーク環境に影響を及ぼすことなく、L2負荷分散の冗長化に成功

  • SSL-VPN/リモートアクセスソリューション

    東宝グループが共通で利用するリモートアクセス基盤として活用

  • Webアプリケーションスイッチ

    データセンター事業者国内初「マネージドGSLBサービス」を支える広域負荷分散機能を提供

  • アプリケーションスイッチ

    AppDirector OnDemand Switch を活用で信頼性・可用性に優れたアプリケーションデリバリー環境を実現

  • Webアプリケーション ファイアウォール

    PCI DSSの準拠に適した「WAF」導入でWebサーバを内外のリスクから保護

  • アプリケーションスイッチ/マルチホーミング(回線負荷分散)

    AppDirector、LinkProof の活用でデータセンターのネットワーク基盤を刷新 ~サービス品質の一層の向上へ、信頼性の強化と将来にわたる拡張性も確保

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    約50台の持ち出し用ノートパソコンのセキュリティ対策

  • シンクライアントPC Xサーバ

    スーパーコンピュータの学内/学外からの接続クライアント向けにExceedonDemandを採用。 従来は難しかった、WAN環境におけるXプロトコルの高速化を実現

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    「クルマのまち」として知られる愛知県豊田市。こども園の保育師が業務に使用するノートパソコン約500台をいつでもどこでも安心して使えるようにハードディスクを丸ごと暗号化

  • Webアプリケーションスイッチ

    全学生約2万人6千科目以上で利用する Web授業支援システムの安定稼動を実現

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    全国に広がる拠点への導入も極めて円滑に完了。タスクフォースによる徹底的な比較検討で、選ばれたのは集中管理型SafeBoot Device Encryption。 ※SafeBoot Device Encryption はMcAfee Drive Encryption に製品名が変更になりました。

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    開かれた学校であり続けるために。早稲田大学がPCのセキュリティ対策に選んだのは、Active Directoryとの連携でアカウントの一元管理が可能なSafeBoot Device Encryption。 ※SafeBoot Device Encryption はMcAfee Drive Encryption に製品名が変更になりました。

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    埼玉県深谷市は、広範な市域にわたるPC1200台を一元的に管理。サーバの一元管理機能重視でSafeBoot Device Encryptionを採用。 ※SafeBoot Device Encryption はMcAfee Drive Encryption に製品名が変更になりました。

  • パソコンのハードディスク全体暗号化

    “ノートPCなしに医薬品情報の提供は不可能” 法令順守とビジネスの両立を模索した、持田製薬が選択した答えは集中管理型ハードディスク暗号化。

コメント