21
導入事例

 様に導入

  • 効率化
  • コスト

アストモスエネルギー株式会社様 事例 | うるるBPO

 様に導入

アストモスエネルギー株式会社
国内事業本部 産業販売部 高田 雄太様

アストモスエネルギー株式会社様 会社概要

輸入から販売まで一貫した供給・販売体制のもと、日本全国のお客様にLPガス(Liquefied Petroleum Gas/液化石油ガス)を届けているLPガスの元売会社です。LPガスは、家庭では全国世帯の約50%、日本の国土面積では約95%のエリアで使われている身近なエネルギーで、店舗向けの業務用、発電所や工場向けの産業用にも使われています。

法人サイトURL:http://www.astomos.jp/

BPOサービス導入のきっかけをお聞かせください

LPガスは安価なコスト、CO2や硫黄分の含有量が少ないクリーンなエネルギーとして現在、多くの分野で注目されています。そんなLPガスの産業用向け新規営業を行っているのが、私が所属する産業販売部です。燃料油などを工場で利用されている企業様に対して、LPガスをご提案しています。

新規営業の際、「どんな企業がどんな燃料を使っているのか」という既存燃料のマーケティングが必要になります。そのマーケティングに有効と考えたのが、行政・自治体が公開している“大気汚染防止法に規定されるばい煙発生施設”の情報です。このデータをまとめることができれば、効率的な新規営業ができます。

ばい煙発生施設の情報は、行政・自治体に問い合わせれば取り寄せることができます。しかし、ExcelだったりPDFだったり、紙だったりと、行政・自治体によってフォーマットが異なるのです。しかも、数は17万件と膨大な量。これを社内で情報を整理しリスト化するには膨大な時間とリソースが必要であることが判明したため、アウトソーシング先を探すことになりました。

インタビュー1

うるるBPOを選んだ理由と対応はいかがでしたか

うるるさんのほか、もう1社とコンペを行いました。うるるさんに決めたのは、「安価だったこと」「前に別の案件でお願いしたことがある安心感」ですね。スタートしたのは2016年11月で、依頼したのは「データ入力代行サービス」と「データクレンジング」になります。

ばい煙発生施設の情報は、こちらで取り寄せた分以外はうるるさん側で行政・自治体に問い合わせていただき、情報を収集してもらいました。納品は2016年内と思っていたのですが、さすがにそれは無理でした(笑)。ばい煙発生施設の情報取り寄せに関してタイムラグがあったとのことで、行政・自治体によっては情報が届くまでかなり時間がかかったそうです。そんな中、分納しながら2017年2月に全納品していただきました。可能な限り迅速に対応いただき、本当に助かりました。

うるるBPOをどのように評価されていますか

まとめていただいたリストは、こちらの要望通りの情報をExcelで一元管理されたデータで、品質に満足しています。現在は、作成いただいたリストを元に徐々にではありますが、各エリアのターゲティングを進めているところです。

効果が出るのはこれからでしょう。当社としては、新規営業を行ううえで最初のスタートである見込客のマーケティングを短期間でできたことは、今後の活動に大いに影響してくると考えています。

インタビュー2

今後、うるるBPOに期待することをお聞かせください

新規営業に求められるひとつとして「効果につながる業務をいかに短期間で進めていくか」ということが挙げられます。そのためには、もっとリストの精度を高めることも考えなければならないでしょう。今後も、柔軟に対応いただけるうるるさんに色々とご相談させてください。

業務の効率化を目指し、これから必要に応じてアウトソーシングするケースも増えてくると思います。実際、別の部署もうるるさんのサービスに注目しているようです。引き続き、長いお付き合いができれば幸いです。これからも、よろしくお願いします。

インタビュー3

お客様の声・事例一覧へ戻る

コメント