21
導入事例

 様に導入

株式会社博展様 事例 | うるるBPO

 様に導入

株式会社博展
IMC事業本部 営業課 大賀様

株式会社博展様 会社概要

BtoBからBtoCまで幅広い業種のお客様に、イベントマーケティングを中心としたサービスを提供。展示会ブースやカンファレンスをはじめ、野外フェス、デジタルマーケティングまで、クライアントの目的に合わせて最適なプロモーションを総合的に提案しています。“Experience Marketing” をキーワードに「イベントという人と人が出会う場で、どのような顧客体験を提供しお客様のマーケティングに還元するか」をコンセプトにしています。

法人サイトURL:https://www.hakuten.co.jp/

BPOサービス導入のきっかけをお聞かせください

私の部署では、外資系IT企業様のマーケティング支援を専門としています。そんな我々のメイン業務のひとつとなっているのが、マーケティングやブランディングのため、ユーザーとのタッチポイントをつくる場であるカンファレンスを企画することです。

カンファレンスはホテルやイベントホールなどで行うプライベートイベントです。開催場所に関わる業務、著名人や本国のキーパーソンなどによる基調講演・事例や技術の紹介といったスピーカープログラム、展示エリアで行う自社・スポンサーの製品ブースやショーケースといった運営プログラムなどを総合的にプロデュースしています。

カンファレンスでは、集まっていただいた来場者一人ひとりにアンケートをお願いしています。カンファレンス終了後、アンケート用紙を集めてデータ化しなければならないのですが、とにかくカンファレンス前後は手が足りません。そこでアンケートデータの作成はアウトソーシングすることにしたんです。

インタビュー1

うるるBPOを選んだ理由と対応はいかがでしたか

うるるさんにお願いする前は、社内のアシスタントや他のパートナーを活用していました。なんとかリソースやり繰りして対応していたのですが、「数千件のアンケートデータを翌日までにほしい」というオーダーが増加してきて、これまでのリソースでは対応できない状況になってきました。

困り果ててネットで新たなパートナーを探していたところ、うるるさんの存在を知りました。Webサイトが見やすく低価格だったので、早速、問い合わせをしました。「この日にこんなイベントがあるけど、翌々日までに1000件程度のアンケートをデータ化できますか」というこちらからの問い合わせに対し、「大丈夫です」という頼もしい返事がいただけたので、すぐに「データ入力代行サービス」をお願いしました。

うるるBPOをどのように評価されていますか

導入の裾野が広いITのマーケティングで効果を得るには、アンケートデータの提供スピードと精度がキーになります。うるるさんとは2012年から取引がスタートし、これまで10回以上のアンケートデータをお願いしていますが、とにかく「速くて、経済的」という印象がありますね。うるるさんにお願いする前は「誤字が多い、日本語がおかしい」といったクレームをいただいたことがあったのですが、今はありません。納品データの精度が高い証拠だと思います。

案件が発生すれば、メール一本ですぐに対応していただけます。ですから、我々はプランニングやクライアント対応といった本来の業務にリソースを使うことができます。そういう意味では「うるるさんによって生産性が大きく向上した」と感じています。

インタビュー2

今後、うるるBPOに期待することをお聞かせください

カンファレンスはとにかく事務局の業務が膨大です。今後、カンファレンスがいくつも重なってくると、事務局におけるバックヤード業務のさらなるアウトソーシングが必要なってくると思います。うるるさんは「事務局運営代行」も行っているとお聞きしました。我々はアカウント業務に専念したいので、「事務局運営代行」についても具体的に検討したいですね。 ほか、うるるさんの翻訳サービスにも興味があります。当社は外資系クライアントを担当している関係もあり、英語対応などもお願いできればさらに助かります。今後も色々とご相談させてください。よろしくお願いします。

インタビュー3

お客様の声・事例一覧へ戻る

コメント