0
導入事例

 様に導入

  • コスト

丸紅不動産販売株式会社様 - 導入事例|サイボウズスタートアップス安否確認サ

 様に導入

丸紅不動産販売株式会社様

丸紅不動産販売株式会社様
所在地
東京都港区芝
設立年月
昭和58年9月
事業内容
不動産の売買、交換、賃貸、管理並びにそれらの仲介に関する事業
URL
http://www.mfh.co.jp/

親会社である総合商社 丸紅株式会社(以下、丸紅)の事業会社として、新築の分譲マンションの販売事業を主とする丸紅不動産販売株式会社様。今回は安否確認サービス導入のご担当である、管理本部 本部長の石井亜起人様にお話を伺いました。

不動産販売に関する総合バックアップ

不動産販売に関する総合バックアップ

安否確認サービスを導入するまで、緊急時はどのように連絡をとっていましたか?

電話連絡のために紙での緊急連絡網を毎年作成していました。何か緊急事態があった際には、連絡網の順番に電話をかけて安否確認などの緊急連絡を行っていました。この運用での大変な点は、状況の取りまとめを手動で行ったり、電話が繋がらなかった社員がいた場合に再度連絡をしなければいけないなど、管理者としての手間が多いという点にありました。東日本大震災の時も、この緊急連絡網で社員の安否確認を行ったのですが、やはり連絡が取れない・電話が繋がらない社員がおり、最終的に全員の安否が確認できたのは丸三日ほど掛かったと記憶しています。

安否確認サービスを検討し始めたキッカケはなんですか?

毎年親会社の丸紅は、各事業会社にBCP(Business continuity plan)に関するヒアリングを行っています。弊社は、ほとんどのヒアリング項目にはクリア出来ているのですが、「効率的な緊急連絡網を作成できていますか?」という問いには数年に渡り「できていない」と回答していました。やはり何年も改善ができないのはまずいと考え、社内で専用システムを導入しようという考えに至りました。

サイボウズスタートアップス安否確認サービスを選んだ際にポイントとなったのは何ですか?

一番の理由は安価な点です。複数のサービスで比較・検討したのですが、初期導入費用が不要なだけでなく、月々の費用も安価に設定されているので、コストパフォーマンスで比較すると御社の製品に優位性がありました。また、もともと社内の情報共有のために、サイボウズOfficeをイントラで使用しているということもあって、ユーザーインターフェースの似ている安否確認サービスは導入しやすかったですね。

これまでの訓練・運用の実績はありますか?

純粋な訓練、という意味では今まで行ったことはありません。ただ、実際、大雪だったり、台風、社内のシステムトラブル等、何かしら社員に一斉送信したい機会が数ヶ月に一度の頻度で発生します。その度に安否確認サービスを使用して、出勤の可否確認や、社内情報の通達を行っています。返答を求めるタイプの一斉送信に関しては、最近では皆慣れてきたのか3時間ほどで全員の回答が集まるようになりました。

今後、サイボウズスタートアップス安否確認サービスに期待するものは何ですか?

使い勝手や、機能上の不満点があれば、恐らく既に要望として連絡させていただいていると思いますが、実際は現状の機能で充足をしております。特にこれと言った機能追加の要望は思い当たらないほどですね。使い勝手、使いやすさ、という面では特に満足しております。これは社内での話になりますが、これからは安否確認サービスで把握した情報を、HPを通じてお客様・取引先様にタイムリーに公開して行けたら良いなと考えております。

安価な点と使いやすさをご評価くださり、現サービスに満足と仰ってくださった石井様。
ありがとうございます!今後も満足し続けていただけるようなサービス改善をして参ります。

> 導入事例一覧へ戻る

コメント