612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 最適化
  • コスト
  • 販売管理
  • 機械学習

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

 様に導入

第二創業期と据えた中期経営計画を進めるゴルフダイジェスト・オンライン。ビジネス スピードの加速に追従すべく、SAP ERP 環境に Azure を採用した IT 基盤のフル クラウド化を実施

写真:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

市場がめまぐるしく変化する今日、企業は事業の発展を絶えず継続しなければ、変化の波に淘汰されてしまう恐れがあります。ゴルフというテーマに対して「ゴルフ用品販売」「ゴルフ場予約」「ゴルフ メディア」の 3 つの領域からワンストップでサービスを提供する株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインは、2000 年の設立後、まさに先の発展を継続し続けることで、競争の激しい市場において高いプレゼンスを堅持し続けている企業です。

2017 年現在、国内ゴルフ市場は縮小傾向にあります。この状況を鑑みて、同社は 2016 年より、「GDO NEXT from Scratch」と称する中期経営計画を推進。従来の枠組みにとらわれない新たなビジネスの創造を目指しています。同計画では、ビジネス スピードをこれまで以上に加速するとともに、その速度へ IT 側が追従するための IT 基盤整備も必要となります。この基盤整備において株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインが選択したのが、SAP ERP 環境に Microsoft Azure を採用した、IT 基盤のフル クラウド化です。

<導入の背景とねらい>
加速するビジネス スピードに追従すべく、クラウドを活用した IT 基盤の見直しを実施

東京都品川区に本社をおく株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン (以下、GDO) は、ゴルフという分野においていち早く、インターネットを利用したサービスを確立した企業です。ゴルフ場予約からスタートした同社は、ゴルフ メディア、ゴルフ用品販売とサービス領域を拡大。今では、ゴルフを楽しむ人にとって欠かせないサービスとなっています。

写真:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン CTO 経営戦略本部 本部長 渡邉 信之 氏

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
CTO
経営戦略本部
本部長
渡邉 信之 氏

ゴルフ場数の減少傾向にも表れているように、国内のゴルフ市場は昨今、横ばい、ないしは多少緩やかながら下降の傾向を示しています。しかしそのような中、GDO は設立から約 20 年の間、順調に業績を伸ばし続けています。株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン CTO 経営戦略本部 本部長 渡邉 信之 氏は、現在も、2016 年を第二創業期と据えた中期経営計画 (2016-2018)「GDO NEXT from Scratch」に取り組んでいる最中だと語ります。

「国内市場の低迷が予測される中でビジネスを拡大し続けるには、海外市場を視野に入れた展開や新規事業が不可欠となります。また、国内のゴルフ EC 市場においてシェア No.1 を保持している一方で、小売全体における EC 市場はまだまだ成長余地があるため、既存事業についてもいっそう強化していかなければなりません。こうした当社を取り巻く環境を踏まえ、今を第二創業期と据えてゼロ ベースから事業を再スタートする『GDO NEXT from Scratch』を現在進めています。この計画を進めるうえで、ビジネス スピードの加速は何よりも重要な要素となります。万が一、IT がその足を引っ張る存在となってしまっては、計画の進行に大きな支障を引き起こすでしょう。そのため、『GDO NEXT from Scratch』の初期フェーズでは、IT 基盤のゼロ ベースでの見直しを実施しました」(渡邉 氏)。

GDO が運用している IT は、フロント システムと基幹系システムの 2 つに大きく分類されます。ユーザーがアクセスするフロント システムには Web アプリケーションや DB、課金システムといったシステムを集約。これが、在庫管理や入出荷の制御といった機能を備える SAP ERP (基幹系システム) とリアルタイムに連携されることで、日々の安定したサービス提供を実現しています。これらのシステムは、GDO において欠かすことのできないミッション クリティカルなシステムだといえるでしょう。

写真:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン インフラマネジメント室 室長 白尾 良 氏

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン
インフラマネジメント室
室長
白尾 良 氏

同社では従来、オンプレミスに構築した約 300 インスタンス規模の仮想化環境のもと、これらの IT を運用。しかし、「GDO NEXT from Scratch」を進めるうえでは、ビジネス スピードに追従するための俊敏性が IT 基盤に求められることとなります。オンプレミスではこの俊敏性の確保が難しく、渡邉 氏は「クラウドではなくオンプレミスを利用し続ける理由を探す方が難しかった」と、IT 基盤の見直しを検討した当初から、クラウドの活用を視野に入れていたと述べます。

クラウドが備える拡張性は、きわめて高い俊敏性を IT 基盤にもたらします。ですが、GDO がクラウドに期待したことは、この拡張性以外にも存在していました。株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン インフラマネジメント室 室長 白尾 良 氏は、クラウドに期待した事項について、次のように説明します。

「IT 部門においては、いかにして最適なコスト、工数で安定したサービス提供を実現するかが求められます。しかし、我々の部署はそれほど人数が多いわけではありません。オンプレミスではハードウェア側も管理せねばならず、どうしても定常運用に多くのリソースを割くことになります。クラウドの活用は、拡張性を高めるだけでなく、定常運用に割くリソースの削減にも期待できました。クラウドの活用でリソースに余裕が生まれれば、それを新たな IT の企画や開発など『攻めの IT』へ投じることができるでしょう。『GDO NEXT from Scratch』を IT 側から強く支援するうえで、拡張性とリソースが確保できるクラウドの活用は不可欠だといえました」(白尾 氏)。

<システム概要と導入の経緯、効果>
フル クラウド化を決断した GDO。信頼性を評価し、Azure 上での SAP ERP 環境の構築を決定

写真:株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン ビジネスデザイン室 八巻 竜太 氏

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン ビジネスデザイン室 八巻 竜太 氏

安定稼動を維持しながらビジネスの発展を絶えず IT で支援していく。これを実現すべく、GDO ではクラウド活用を視野に入れて IT 基盤の見直しを進めます。このことは、クラウド ファーストが加速する今日においては必然の動きだといえるでしょう。ですが、GDO が進めたクラウド活用は、1 つ大きな特徴を持っています。それは、全システムをクラウド化するフル クラウドを選択したことです。

移行の難易度を考慮するのであれば、一部システムをオンプレミス上に残す「ハイブリッド クラウド」を採用することが 1 つの最適解といえます。しかし、GDO 内で稼動するフロント システムと基幹系システムは、双方のリアルタイム通信を必要とするきわめて連携性の高いシステムとなります。一部でもオンプレミスに残した場合、定期開発や新規開発などオンプレミス側の構築で要するタイム ロスが、クラウド側の環境に少なからず悪影響を及ぼすことが懸念されました。

市場とビジネスの変化に IT が追従するための「俊敏性の獲得」、そして攻めの IT にリソースを投じるための「定常運用負荷の軽減」。これらの実現を本質的に果たすのであれば、たとえ難易度が高くともフル クラウドを選択することが、GDO において最善といえました。GDO は 2016 年 6 月にこの判断を下し、フロント システムと SAP ERP の両環境をクラウド上に構築すべく、プラットフォームの選定を開始します。

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン ビジネスデザイン室 八巻 竜太 氏は、プラットフォームの選定において、マルチ クラウドという選択肢を設けて比較検討したと語ります。

「管理の簡素化を追求するのであれば、プラットフォームを同一サービスで統一することが望ましいでしょう。しかし、クラウド サービスと一概にいっても、事業者ごとに得手不得手があります。今後、IT 基盤を最適な形に発展させていくのであれば、適材適所のプラットフォームを採用すべきだと考えました。そこで、基幹系システムについては、2011 年に SAP ERP の導入を支援いただきその後も取引を継続しているアビームコンサルティング株式会社 (以下、アビームコンサルティング) へ相談し、専門家の目線から『SAP ERP を稼動する環境としてどのプラットフォームが適しているか』を提案いただくことにしました」(八巻 氏)。

いうまでもなく、SAP ERP は業務に欠かすことのできない重要なシステムです。これをクラウド上で構築するためには、SAP ERP への深い理解とクラウドに関する多くの知見が求められます。八巻 氏は SAP ERP のクラウド構築について、「MM (在庫、購買管理) や SD (販売管理) といったロジスティクスが絡む案件となる場合、『支援できます』と自信を持って回答するベンダーは数少ない」と続けます。難易度が高い案件についてアビームコンサルティングへ相談したことは、同社への期待、そして信頼の表れだといえるでしょう。

写真:アビームコンサルティング株式会社 シニアコンサルタント プロセス&テクノロジービジネスユニット ITMSセクター 櫻井 一徹 氏

アビームコンサルティング株式会社
シニアコンサルタント
プロセス&テクノロジービジネスユニット
ITMSセクター
櫻井 一徹 氏

写真:パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社 エンタープライズソリューション事業部 クラウド・運用サービス部 上本 健太郎 氏

パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社
エンタープライズソリューション事業部
クラウド・運用サービス部
上本 健太郎 氏

 

この期待を受けて、アビームコンサルティング株式会社 シニアコンサルタント プロセス&テクノロジービジネスユニット ITMSセクター 櫻井 一徹 氏は、2 種の提案を GDO へ行い、比較検討の結果、Azure 上で SAP ERP 環境を構築することが決定したと語ります。

「SAP ERP のクラウド構築について、当社からはマイクロソフトが提供する Azure での構築、そして AWS での構築の 2 種を提案しました。GDO 様では、フロント システムへの AWS の採用を既に決定されていたため、AWS での構築は管理性を重視したものとなります。一方、Azure での構築は、システムとの親和性や信頼性を重視したものです。GDO 様で稼動する SAP ERP は、バックエンドに SQL Server を利用しているため、Azure で SAP ERP を構築して運用することは、親和性とコストの側面で大きなメリットがありました。また、当社の技術検証で、Azure 環境でも SAP ERP が問題なく動作することを既に実証できていたため、稼動性についても間違いがないと考えました。これらを GDO 様へお伝えした結果、信頼性を高く評価いただき、Azure 上で構築する案で進めることとなりました」(櫻井 氏)。

GDO では、Azure での基幹系システムの構築について、「現環境の移行」ではなく SAP ERP のバージョン アップを伴う「新たな環境の構築」としてプロジェクトを開始します。アビームコンサルティングにアプリケーションの構築とデータ移行を、パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社 (以下、パナソニックIS) にインフラ側の構築を依頼し、2017 年 2 月のサービス インをターゲットとして作業を進行。同プロジェクトは、構築後のインフラ運用をパナソニックIS に委託することによって、定常運用のリソースを可能な限り削減することも目指しました。

パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社 エンタープライズソリューション事業部 クラウド・運用サービス部 上本 健太郎 氏は、インフラの設計と構築のポイントについて、次のように説明します。

「ミッション クリティカル性がきわめて高いシステムをマルチ クラウドに分散したことにより、システム間通信の低レイテンシと可用性の両方が課題でした。Azure と AWS の間では絶えず情報がやり取りされるため、帯域とセキュリティを確保すべく、接続には ExpressRoute を使用。また、エクイニクスが提供する Cloud Exchange 上に 2 台設置した L3 スイッチで Azure と AWS 間の接続を冗長化することで、安定性と性能の双方を担保しています。構築に際しては、マイクロソフトから情報提供や PowerShell のサンプル スクリプトの提供などの支援をいただいたこともあり、スムーズに作業を進行することができました」(上本 氏)。

 

図:Azure 上のシステム構成

Azure 上のシステム構成。常時安定してサービス提供すべく、Azure 上の環境とネットワークが統合監視できる Microsoft Operations Management Suite の Log Analytics が組み込まれている [拡大図] 新しいウィンドウ

<導入の効果>
クラウドの拡張性を活用して移行時間を最小化。オンプレミスよりも安定したサービス提供も実現

上本 氏が触れたように、同プロジェクトはスムーズに進行。当初の計画どおり、フル クラウドによる新たな IT 基盤は無事、2017 年 2 月にカット オーバーしています。

このカット オーバーに際しては、旧環境からデータを移行する「移行時間」についても高い要件が求められたといいます。バージョン アップを伴う環境構築となるため、旧環境と新環境を並行稼動させて瞬時に本番環境を切り替える手法はとることができません。つまり、本番環境の切り替え場面では、どうしても旧環境からデータを移行する間、システムを停止することが求められたのです。

櫻井 氏は「一般的に、このような SAP ERP の本番環境の切り替えにおいては、48 時間ほどの時間を要することとなります」と説明します。48 時間、つまり 2 日間のシステム停止がその間のビジネスに多大な悪影響を及ぼすことは、想像に難くありません。しかし、同プロジェクトでは、22 時~翌日 10 時という比較的ユーザーが少ない時間帯のわずか 12 時間で、本番環境の切り替え作業を完了しています。

短時間でシステムの切り替えを実現したことは、サービスの提供を可能な限り継続し、ユーザーからの信頼を堅持するという点で、大きな成果だといえるでしょう。白尾 氏はこの点について、高く評価します。

「不具合の発生リスクなども加味すると、通常 2 日を要する本番環境の切り替えを短時間で進めることは大きなチャレンジだったといえるでしょう。しかし、今回、アビームコンサルティングとパナソニックIS より、懸念点と準備すべき事項を事前に整理いただけたこともあり、大きなトラブルなくこれを進めることができました。また、テスト環境や高性能な中間機などを、クラウドの拡張性を活用することで随時スクラップ & ビルドしたことも、移行時間の最小化を果たすことができた 1 つの要因といえるでしょう」(白尾 氏)。

フル クラウド化によって、GDO は、「GDO NEXT from Scratch」でいっそう速度を増すビジネス スピードにも追従できる IT 基盤を獲得しました。たとえば Web サイトやアプリケーションの反応速度を高める場合、物理環境の性能限界を背景に、これまではアプリケーション側へのチューニングしか方法がありませんでした。フル クラウド化によって物理環境側の制約が解消されたことは、IT 部門で対応できる範囲の拡大を意味するでしょう。

渡邊 氏は、今回の取り組みによって、俊敏性の確保と定常運用負荷の削減という、フル クラウド化に期待した事項を無事実現することができたと、笑顔で語ります。

「実をいうと、SAP ERP がクラウド上で安定稼動するかどうかは稼動開始まで懸念していました。しかし結果として、Azure への切り替え後、アプリケーション レベルではオンプレミスよりもむしろ安定してサービスが稼動しています。これは、Azure と SAP ERP との親和性の高さを表したものといえるでしょう。Azure 環境の管理をパナソニックIS へ委託したこともあって、今回の取り組みでは、我々のリソースを大幅に削減しつつ、安定性を向上させることを実現しています。今後、このリソースをもって、クラウドならではのスケーラビリティを最大限活用しながら『攻めの IT』やコストの最適化を進めていきます」 (渡邉 氏)。

<今後の展望>
DWH や機械学習での PaaS 活用も見据えて、フル クラウド環境の最適化にアプローチしていく

GDO が実施したフル クラウド化は、第一に「安定動作」を重視し、新たな機能拡張やコスト削減といった取り組みは次期フェーズに対応する形で進められました。渡邉 氏が触れたように、今後 GDO は、拡張性という新たな武器を活用することで、「攻めの IT」とコスト最適化を進めて行くことを計画しています。

現在、Azure 上の環境は IaaS をベースとして構築されていますが、白尾 氏は今後、PaaS の活用も視野に入れて、環境の最適化を進めて行くと意気込みます。

「ビジネスは拡大しながらも IT に要する負荷とコストは一定で維持している、という姿が、システム運用の理想形だと考えています。今後はこの理想を実現すべく、安定性を維持しつつ、環境の最適化を進めていきます。そこでは、現在 IaaS で構築している環境を Azure SQL Database といった PaaS に置き換えていくことが有効でしょう。また、自力では構築が難しい機械学習や AI といった先進 IT についても、PaaS を活用すれば容易に実装できます。特に機械学習については、現在社内でも活用可能性について研究を進めている最中であり、今後 Azure Machine Learning を活用する可能性は大いにあるでしょう。マイクロソフトには今後も、他社にはない『マイクロソフトらしさをもったサービス』をどんどん拡充していただきたいですね」(白尾 氏)。

設立から約 20 年を迎える GDO は、今、「GDO NEXT from Scratch」の名が示すとおり、従来の枠組みにとらわれない新たなビジネスの創造に取り組んでいます。その初期段階に実施したフル クラウド化は、10 年、20 年先に続く事業の発展を支える基盤となることでしょう。

写真: 八巻 竜太 氏、渡邉 信之 氏、白尾 良 氏

コメント