111
導入事例

 様に導入

営業のプロお墨付き!商談記録を企業の資産として蓄積 | Sansan - 法

 様に導入

代表取締役社長:島村様(右)
ジェスター:稲本様(左)

営業活動の代行・コンサルティング事業を展開するクラウンコンサルティング株式会社。今回は営業に精通する同社が営業支援サービスSansanをどのように評価しているか、代表取締役社長の島村様とジェスター(*)の稲本様にお話を伺った。

「Sansanは営業力の強化に有用だと思います。BtoBの商材で営業の人数が多い企業で、特に効果があるでしょうね。」(島村様)

営業に関して相談を受ける際に、Sansanの利用を勧める場合もあるそうだ。

(*)ジェスター:”人を楽しませる”道化師になろうという目標に基づく、同社の役職名

インターン生が接触した顧客情報・商談内容を会社の資産として蓄積

Sansanには、社内の誰かが自分の知り合いにコンタクトしたときに通知される機能がある。その機能が営業支援の効果が高いと島村様は考えている。

【コンタクト履歴の共有】

代表取締役社長:島村様

「大規模で営業活動に力を入れている会社だと、コンタクトの通知をきっかけに営業同士で情報交換する機会が多くありそうですね。規模が大きくなると、誰が誰と会っているのか、なかなか把握できません。しかしSansanがあれば社内の顧客との接触情報を漏れなくキャッチし、機会を逃さずにすみます。」(島村様)

同僚が取り込んだ最新の名刺を確認することができるので、例えば肩書きが変わったことにも気付くことができるのである。クラウンコンサルティングで利用する際には、情報共有の目的よりも営業管理の目的が大きいのだという。

「インターン生が担当している顧客の情報や商談内容を把握するのに使っています。皆の記録を1箇所で確認できるので便利ですね。」(稲本様)

【顧客との商談情報の共有画面】

同社のインターンは、営業からサービスの提供まで、同じ顧客を最初から最後まで窓口となって請け負う。このため、インターン生だけが管理する顧客情報もあるそうだ。

顧客への情報提供にメール一括配信を活用

クラウンコンサルティングでは、販売を委託したい企業と販売を請け負いたい企業を結ぶビジネスマッチングサイト「ビジェント.net」を運営している。その拡大のため、今後約20名の新卒が参加するという。

「今後は新しいメンバーが、掲載される商品を集めていきます。日毎に何個もの商品が追加掲載されるようになったら、顧客に毎日紹介のメールを送っていきたいと考えています。」(島村様)

そのときにはSansanのメール一括配信機能を利用する意向だという。

今後、情報提供のプラットフォームとしても、Sansanが同社の発展を支えていくことだろう。

コメント