612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 効率化
  • 最適化
  • コスト

株式会社サンリオ

 様に導入

一極集中していた自社システムから、ハイブリッド クラウドによる
ディザスタ リカバリと統合環境の布石を実現

写真:株式会社サンリオ

株式会社サンリオ

エンタープライズ IT におけるクラウドの活用が進む中、クラウドとオンプレミス双方の長所を生かした、適材適所のサーバー配置によるビジネス & コスト効率の最大化を目指す企業が増えています。株式会社サンリオは、ディザスタ リカバリへの取り組みをきっかけに、情報系システムを Windows Server 2012 R2 および Windows Azure、そして Microsoft System Center 2012 R2 の組み合わせによるハイブリッド クラウドへ移行。災害時の連絡系統を担保すると共に、将来の本格的なクラウド利用に備えたノウハウの蓄積と活用に向け、新たなステップを踏み出しています。

<導入の背景とねらい>
DR 対応を契機に
本格的なクラウド活用の体制整備に着手

株式会社サンリオ
情報システム部
IT 推進課
主任
大畑 正利 氏

企業における IT コストが増加の一途をたどる中、クラウドはシステム構築、運用の負荷を大きく減らし、コスト抑制を実現する画期的な選択肢として注目を集めてきました。またサーバー リソースの調達や拡張が容易で、市場の変化に即応したビジネスのアジリティ向上にもきわめて有効なことから、クラウドへのシステム移行を急ぐ企業は少なくありません。そうした中で最近、急速に拡がりつつあるのが「ハイブリッド クラウド」です。コスト抑制効果や柔軟なスケーラビリティを持つクラウドと、自社の利用形態に即した高度なカスタマイズが可能なオンプレミス。双方の長所を生かした、いわば「いいとこ取り」によって、パフォーマンスとコスト効率を共に最大化できるのが魅力です。株式会社サンリオ (以下、サンリオ) では、このハイブリッド クラウドによって、かねてから懸案だった自社 IT システムのディザスタ リカバリ対応を実現すると共に、本格的なクラウド活用のための検証、導入ノウハウの蓄積に向けた社内体制作りの第一歩を踏み出しています。

同社がクラウドに具体的な取り組むきっかけとなったのはディザスタ リカバリだったと、株式会社サンリオ 情報システム部 IT 推進課 主任 大畑 正利 氏は振り返ります。同社ではさまざまな業務システムや情報系システムなどを国内のデータセンターに集約して運用してきました。しかし 2011 年の東日本大震災以降、わが国でもディザスタ リカバリが真剣に議論される中、システム分散による非常時の際の BCP (事業継続計画) 対策を促す声が高まってきていました。

「これまでは、事業所ごとに配置していたサーバーを、運用効率の観点からデータセンターに集約する取り組みを進めてきました。しかし災害時に懸念される業務の現場とデータセンターとの通信途絶を回避する = ディザスタ リカバリという観点からは、それらを再度分散する新たなアプローチが必要になります。その有効な対応策として早くからクラウドには注目し、自社での利用の検討を重ねてきたのです」。

クラウドのメリットは、災害時だけではありません。自社内でサーバーを設置する際の初期費用から運用の人的、費用的負担まで一挙に減るため、IT コストを劇的に削減することが可能です。またサーバー リソースの追加やシステム拡張が容易なため、市場の変化に即応したサービスを迅速に提供するうえでもきわめて有望な選択肢だと同社では考えています。

「さらに新しいサービスのテスト資源としても、オンプレミスの環境より効率的に利用できます。従来は小規模のテスト環境を構築するにも、そのつど物理サーバーを調達しなくてはなりませんでした。そのつど時間も費用もかかったのが、クラウドならば必要なときにすぐ必要なだけのリソースを確保して、テストが終わればすぐにリリースするといった機動性が実現できます」。

<導入の経緯>
クラウドとオンプレミスを統合管理できる
ハイブリッド クラウドに着目

クラウドを利用したディザスタ リカバリ対策の始めに行ったのが、移行の可否をシステムごとに切り分けることでした。自社のデータセンターに集約されているサンリオの業務システムの中には、パフォーマンス チューニングやセキュリティの観点からオンプレミスでの運用が適しているものが少なくありません。そこでサンリオでは、まず情報系システムだけを切り出してクラウドに移行し、業務システムは従来通りオンプレミスで運用する、ハイブリッド構成を選択することに決めました。

この要請を受けて日本マイクロソフトが、Windows Server 2012 R2、Windows Azure、そして System Center 2012 R2 の組み合わせによる「ハイブリッド クラウド」を提案したのは、2013 年 6 月のことでした。既存の業務システムに影響を与えずにクラウド化を図るうえで、ハイブリッド クラウドが有効であることが大きな理由です。これを受けて、大畑 氏はさっそく検討を開始。技術者としても Windows Azure の機能には強い関心を持っていたため、すぐに採用を決定しました。ほかのクラウド サービスとの比較も行いましたが、中でも仮想マシンの利用料に対する課金制度の点で、最もリーズナブルであり魅力的だったのが Windows Azure でした。

「将来的にクラウドの利点を十分に使いこなしていくには、クラウド システムのさまざまな知見が必要なのはいうまでもありません。実際の運用を行いながらそれらの技術を習得するプラットフォームとしても、Windows Azure は利用価値があると考えました」。

今回のディザスタ リカバリ構成では、情報系システムが単独で Windows Azure 上に配置され、一方、業務システムは従来通りオンプレミスのデータセンター内で稼働しています (システム構成概要図参照) 。このようにハイブリッド クラウドは物理的にもシステム配置のうえでも分散した環境に展開されるため、これらを統合的かつ自動的に管理するためのツールが不可欠です。この部分を担っているのが、System Center 2012 R2 です。大畑 氏は、「これ 1つでマイクロソフト製品を透過的に監視、管理できるため、Windows Server 2012 R2 Hyper-V とWindows Azure の 2 つの環境を統合管理できるのが、運用する側としては非常にありがたい特長です」と評価します。加えて、Windows Server から移行する場合もまったくシステムを改修、変更することなく Windows Azure 上でも同じふるまいを担保できること。また Windows Azure 上のデータ ストレージは地理的冗長性を構成できるため、ユーザーにはデータのありかを 1 か所に見せながら複数の拠点でバックアップできるなど、ディザスタ リカバリにも有効な点がメリットとして挙げられると大畑 氏は付け加えます。

2013 年 8 月からは無料試用サービスによるトライアルが始まり、9 月からはサーバーの配置に着手。9 月下旬には移行作業が完了して本番運用が始まりました。また移行にあたっては、マイクロソフト コンサルティング サービス (MCS) による技術支援が行われ、実践に即した Windows Azure 利用の知識やノウハウの伝達が行われました。このサポートに対しても大畑 氏は、「大変ていねいかつ親切に教えてもらって感謝しています。MCS の支援がなかったら、おそらくこんなに短期間での移行は難しかったのではないかと考えています」と高い評価を与えています。

サンリオの店舗風景

<導入効果>
ビジネス主導の自由なサーバー構成と
全運用フェイズの管理の自動化を実現

クラウド化によるメリットには、運用の簡素化による管理者負担の軽減、ハードウェアを始めとした IT 投資の抑制、システム構成の柔軟かつ迅速な変更や拡張、「必要なときに必要なだけ」の課金制度などさまざまなものがあります。しかしそれらの中でも今回特筆すべきポイントとして、大畑 氏は Windows Azure ならではのハイブリッド構成の自由さを筆頭に挙げます。

「当社では、業務の現状に合わせてもっとも効率よくサーバーを配置するために、システムのリソース消費状況を日ごろから高い頻度で見直しています。この結果、一度はクラウドに配置したものの、利用度合いの変化などでサーバーを再度オンプレミスに戻そうという場合、これが可能なのは Windows Azure だけなのです。選定にあたっては他社のクラウド サービスも複数検討しましたが、この ”クラウド→オンプレミス” をスムーズにできないものがほとんどでした」。

IT システムの使命がユーザーである企業のビジネス パフォーマンスを最大化することである以上、クラウドであれオンプレミスであれ、その違いがビジネスの実際の動きに制約を与えるものであってはなりません。それには、ビジネスの要請に応じて自由にクラウドとオンプレミス を使い分け、必要であれば双方の環境を何度でも移動できるアーキテクチャ = ハイブリッド クラウドが不可欠です。このため Windows Azure では、まったく同じシステムを Windows Server 2012 R2 との間で移行することが可能になっており、もちろん移行のための改修や再設計もまったく必要ないため、ビジネス ニーズを優先した「適材適所」のサーバー活用が実現します。

「また、テスト環境に問題がなければ、そのまま本番環境にデプロイできる点も便利です。当社のように市場のニーズが時代に合わせて次々に変化していく業務では、このスピード感は重要です」。

大畑氏がもう 1つ高い評価を与えるのが、Microsoft System Center 2012 R2 による管理の自動化です。サンリオのハイブリッド クラウドでは、クラウドとオンプレミス 双方に環境が分散しているため、これらを統合的に管理できるツールの性能が、運用コストを削減するうえで重要なカギとなります。

「IT 運用のコストを大きく削減するには、まず運用の自動化、その次に監視体制および基盤の一元化という 2 つの達成目標が挙げられます。System Center 2012 R2 では当初想定していた Windows Server 2012 R2 と Windows Azure = ハイブリッド クラウドのその先にあるサーバーまでも含めて管理できるのは、本当の意味での統合管理を実現するうえで大変有効だと感じています」。

現在の監視対象となっているサーバーはまだ限られていますが、今後運用のノウハウが蓄積していくにつれ、順次監視対象となる台数も増やしていきたいと大畑 氏は、System Center 2012 R2 の活用に意欲を示します。

このほかに、大畑 氏は運用の自動化のメリットとして、従来の監視作業における手作業が不要になり、ヒューマン エラーによるトラブルの防止が実現できること。さらに監視にとどまらず、障害検知後の状況確認や問題の切り分けといった一連の対応までも含めて自動化できる点が、従来の人手による運用とはまったく異なった作業効率と省コストとを実現することを示唆します。

「私たちは運用業務における属人性の排除を大きな目的としてきました。その点 System Center 2012 R2 の管理インターフェイスは直感的で理解が容易なため、すべての運用スタッフが標準化された操作を短期間に習得することが可能です。またアプリケーション、ネットワーク、OS すべてのレイヤーを 1 つのインターフェイスで管理できる点も、統合管理に貢献しています」。

システム構成概要図 [拡大図]新しいウィンドウ

<今後の展望>
自社のビジネスの成長に貢献する
よりアクティブな IT サービス提供を目指す

大畑 氏は、今回のハイブリッド クラウド導入の成果を踏まえ、今後の目標として「よりビジネスに即した柔軟なシステム配置」を第一に挙げます。物理サーバーしか選択肢がなかった従来は、ビジネスがシステムの制約を受けることが少なくありませんでした。また可用性を担保するためにオーバー スペック気味になり、IT 投資の最適化の点でも問題がありました。

「しかしこれからは、最適かつ最小限のコストでシステム要件に応じたサービスを提供できるようになりました。その意味で、サーバー環境の選択肢に Windows Azure が加わった意義は大きいと思います。またシステム構築期間が劇的に短縮されたことも、現場の業務ニーズに迅速に応えることを可能にしています」。

第二の目標には、System Center 2012 R2 を活用したシステム管理のさらなる効率化があります。System Center 2012 R2 を管理基盤として、クラウドとオンプレミスの管理の統合を既に着々と進めている大畑 氏は、「Windows Azure に新しく追加した仮想マシンをそのまますぐに System Center 2012 R2 の監視対象に追加できるため、システム開発から運用にいたるプロセスのアジリティが飛躍的に向上しました」と明かします。

さらに現在は、System Center 2012 R2 によってアカウント管理や課金管理など日々の煩雑な管理作業が自動化され、より本質的で重要な情報システム部門としての業務に専念できる環境が整いつつあります。

「もともと情報システム部門はシステムを運用するだけでなく、自社のビジネスに対するサービス提供部門として能動的に動くことが重要な使命です。今回のハイブリッド クラウドの導入を契機として、そうした本来のテーマに改めて注力していきたいと願っています」と大畑 氏は、今後の抱負を語ります。

「ハローキティ」を始め世界中で愛され続けるキャラクターを、1960 年の創業以来数多く世に送り出してきたサンリオ。半世紀以上にわたる歴史にさらにページを加えるべく、新しいハイブリッド クラウドが同社のグローバル展開を力強く支えていきます。

コメント