612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 最適化
  • コスト
  • 転職

株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー

 様に導入

転職希望者向け登録 Web サイトを、Windows Azure によってクラウド化
市場ニーズの変化に即応可能な柔軟さと堅牢なセキュリティ、そして圧倒的なコスト ダウンを実現

写真:株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー

株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー

幅広く人材関連サービスを展開する株式会社パソナグループの社内カンパニーとして、優れたキャリアを持つ人材を対象に転職支援サービスや企業への人材紹介などのサービスを展開する株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー。同社では人材獲得競争が激化する中、求職者、企業双方のニーズに迅速に対応するため、2013 年 3 月から転職希望者向け登録 Web サイトを Windows Azure に移行してリニューアル オープン。クラウドならではの高い可用性やセキュリティに加え、人材ニーズの変化に応じた柔軟で効果的なマーケティングと、省コスト & 低負荷のサイト運用を実現しています。

<導入の背景とねらい>
人材と企業 双方のニーズに迅速に応えるため、
転職希望者向け登録 Web サイトのクラウド化を決定

株式会社パソナ
執行役員
パソナキャリアカンパニー
人材紹介事業部門長
久保 昭仁 氏

昨今の景気の活性化に合わせて、転職市場も近年にない活気を見せています。求職者はより良い条件の転職を目指し、そして求人企業はより優れた人材を他社に先駆けて獲得しようとする中で、人材紹介サービス企業には、これまで以上にスピーディな人材情報の収集と求人とのマッチングが要求されます。とりわけ現代の転職市場では、Web サイトの果たす役割は非常に大きくなっています。そうした状況を踏まえ、転職希望者向け登録 Web サイトを Windows Azure によってクラウド化。市場ニーズに応じた柔軟な変更や拡張性、そして高い可用性とセキュリティを実現しているのが株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー (以下、パソナキャリアカンパニー) です。

「企業からの求人が増える中、より多くの転職希望のお客様にご登録いただくことが、当社のビジネスの成長の基本であり生命線でもあります。しかしそのためには、転職希望者と企業双方のニーズに迅速かつ柔軟に対応できる体制を整えなくてはなりません。そこで、当社の人材紹介サービスの最前線ともいうべき、Web サイトのクラウド化を検討し始めたのです」と、株式会社パソナ 執行役員 パソナキャリアカンパニー 人材紹介事業部門長 久保 昭仁 氏はクラウド化のねらいを語ります。言うまでもなくクラウドには、ビジネスの成長や変化に応じてリソースのサイジングを柔軟かつスピーディに変更できるという大きな利点があります。経済状況や産業動向の変化が激しい現代では、転職者も求人企業もそのニーズは刻々と変化していきます。流動的な変化に対応し、なおかつ優れた人材を獲得する業界間の競争を勝ち残るうえで、クラウドへの移行は必然だったと言えるでしょう。

同社では、クラウド活用には大きく、運用スピードのアップ、可用性の大幅な向上、堅牢なセキュリティ、グローバル スタンダードの 4 つのメリットがあると考えています。この中の「運用スピードのアップ」には、マーケットの変化への対応力はもちろん、サーバーなどの管理業務が不要になり、運用管理の面でも大幅に省力化が実現することも含まれています。

「言うまでもないことですが、当社の人材サービス業務の柱である Web サイトは決して停止することが許されません。また、お客様の登録された重要な個人情報を確実に守るセキュリティも不可欠です。加えて、グローバル標準など当社が必要とする機能やメリットをすべて提供している点でも、クラウドには大きな魅力がありました」 (久保 氏) 。

<導入の経緯>
標準化され使いやすい機能と堅牢なセキュリティ
さらに日本での実績から Windows Azure を選択

株式会社パソナ
パソナキャリアカンパニー
人材紹介事業部門
募集企画グループ
担当マネージャー
門馬 邦恵 氏

クラウド化への本格的な取り組みが始まったのは、2011 年秋のことでした。この時パソナキャリアカンパニーでは、主要業務のインフラを一度に全部切り替えることはリスクが大きいと判断したと、Web サイトの運用管理を担当する株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー 人材紹介事業部門 募集企画グループ 担当マネージャー 門馬 邦恵 氏は明かします。

「そこで、トライアルとして Windows Azure で小さな Web サイトを試験的に作成したのです。これを使って 2012 年 4 月から、クラウドで具体的に何ができるか技術的な検証を進めていきました。この結果、期待通りの機能が得られること。とりわけセキュリティが確実に担保されていることが確認できたため、当初の目的であった転職希望者向け登録 Web サイトの再構築への着手を決めたのです」。

この再構築プロジェクトは、クラウド化プロジェクト発足時につけられた「ZEUS (ゼウス)」の名称をそのまま引き継ぎ、「ZEUS フェイズ 2」としてスタート。2013 年 3 月にリニューアルを完了して、稼働開始しています。

今回のクラウド移行のプラットフォーム選択にあたっては、標準的であること、ユーザー部門にもわかりやすい情報提供がなされていること、日本に根付いたサービスを展開していること、の 3 つのポイントを重視したと門馬 氏は語ります。

「選定にあたっては、国内からグローバルまでさまざまなサービスを比較検討しました。その結果、3 つのポイントをすべて満たしているのが、Windows Azure だったのです。同時に、それが マイクロソフトのサービスだという点も安心感につながりました。数多くの競合の中で、やがて淘汰されていくようなサービスに大切なお客様の登録情報を託すわけにはいきません」。

その点でも、グローバル スタンダードとして残っていくことが確実で、しかも日本に根付いているサービスである点は、選択の大きな決め手となりました。

一方、久保 氏は、テクノロジーの面でも入念な評価を加えたことを明かします。

「特にセキュリティには、こだわって検証しました。パブリック クラウドなので、ハッキングへの対応なども含めて十分なセキュリティ強度を確保できるか。また膨大な個人情報を暗号化してデータベースに格納しているので、そうしたデータベースへのハッキング テストも行いました。さらに、第三者認証機関によるチェックも実施したのですが、Windows Azure はすべてきれいにパスできました」。

また久保 氏は、一般に安く済むと言われている LAMP 系のサービスと Windows Azure を比較してみた結果、ほとんどコストに差がなかったため、「ほぼ変わらないコストで Windows Server が使えるのなら、Windows Azure を使わない手はない」と考えたと明かします。

なお今回のクラウド化では、基本機能を API 化させるという独自の工夫も行われました。

「今後クラウドの利用が拡がっていくにつれ、従来のようにシステムの老朽化や減価償却のタイミングを待ってリプレイスを行うのではなく、必要な時に必要なものを調達して使えることが、サービスのアジリティ向上のためにも重要になってきます。そういう点では、良い試みだったと自負しています」 (門馬 氏) 。

パソナキャリアカンパニーのホームページ画面

パソナキャリアカンパニーのホームページ画面 [拡大図]新しいウィンドウ

<導入効果>
運用周りの工数がゼロになった結果
ランニング コストは従来の 2 分の 1 以下に大幅削減

門馬 氏は、ZEUS の Windows Azure 移行で得られたメリットの中で、マーケティングの柔軟性や機動力向上に貢献できるようになった点を第一に挙げます。従来のオンプレミス環境では、システムの拡張や増設が必要な場合、必要なハードウェアを調達してセットアップしてという手間が避けられませんでした。

「これだと何か新しい試みを始めようと思っても、サーバーが来るのに何日もかかると思うと躊躇してしまいます。それが Windows Azure に移行してからは、思いついたらすぐにサービスの検証や開発環境を作成して、何度でもトライ & エラーができるようになりました」。

第二の大きな成果は、運用コストがオンプレミス時代の半額以下に減ったことです。特に Windows Azure の利用料に関しては、「オンプレミス時代のサーバーのラック費用程度」だと久保 氏は語ります。加えて、クラウドではハードウェアのメンテナンスやソフトウェアのセキュリティ パッチ、バックアップといった部分がすべてサービス提供者側に移るため、自社での作業コストが大幅に抑制できます。そもそも計画的なアップデート停止以外、障害で停止するという事態が発生しないので、いわゆる運用瑕疵に起因する工数が発生しません。また万が一停止しても、オンプレミス だと自社で復旧しなければなりませんが、Windows Azure は PaaS なので、データセンター側で自動的に再起動してサービスインまで行われます。さらに、バックアップの手間がなくなったことも大きなメリットです。

第三の利点としては、ユーザビリティの高さが挙げられます。中でも管理ポータルのインスタンスの管理画面などは他社のクラウド サービスと比較しても明らかに見やすいと、門馬 氏は評価します。たとえば Web サイトのレスポンスが落ちている時なども、管理ポータルで CPU のメーターを確認できるのです。一般に、こうしたパフォーマンス指標などの管理画面は、ユーザー部門が気軽に見られる仕様や設定にはなっていません。「それが Windows Azure では見られるのです。このようにユーザーが技術的な部分にアクセスできることが、より業務に即した運用につながります。ユーザビリティという点では Windows Azure は非常に洗練されていると思います」 (門馬 氏) 。

クラウド化では、サービス事業者のサポート体制も重要なメリットの一部といえます。この点についても門馬 氏は、「移行にあたってはさまざまな要望があったのですが、技術的な知識を持たない人間からの要望を、どう技術的に実現するかという観点から検討いただけたことが大きかった」と評価しています。

システム構成図

システム構成図 [拡大図]新しいウィンドウ

<今後の展望>
マルチ デバイス対応を始めとした
ユーザー オリエンテッドなサービスを推進

パソナキャリアカンパニーでは現在、ZEUS の機能をさらにブラッシュアップする方向で、2013 年 9 月の完成を目指して急ピッチの作業を進めています。ZEUS フェイズ 3 となる今回の改修では、よりビジネスに即した機能の強化や改善がテーマになっていると言います。

「現在稼働中の ZEUS フェイズ 2 では、インフラ周りを含め Web サイトとしてある程度の完成度を実現できたと考えています。そこで、次のフェイズ 3 では、本来マーケティング部門である私たちの業務にとって、より最適化され使いやすい機能にしあげることを心掛けています」 (門馬 氏) 。

同社では、今後に向けてマルチ デバイス対応を中心とした、多様なユーザー層への対応を重要課題として取り組んでいます。久保 氏は、インターネットの普及で劇的に変わった転職希望者の転職活動スタイルが、今またもう一度大きく変化しようとしていると指摘します。

「特に、マルチ デバイス化は大きな変化の要因です。スマートフォンやタブレットといった端末でアクセスしてくるお客様は増える一方です。もはや PC 向けのサイトさえあれば済む時代ではありません。Android アプリや iPhone アプリに加え、これからは WindowsR 8.1 も加わって、デバイスもプラットフォームもますます多様化してくることが確実です。パソナグループとしてもユーザー オリエンテッドな対応の一環として、デバイス対応を進めていかなくてはならないと考えています」。

激しく変化する人材サービス市場の中にあって、常にトップ ランナーであるパソナキャリアカンパニーを、Windows Azure のクラウド パワーが強力に支えていきます。

コメント