612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 効率化
  • コスト
  • 販売管理

株式会社大堀商会

 様に導入

Microsoft Azure Site Recovery で、基幹サーバーを Microsoft Azure へレプリケーション。オンプレミスのHyper-V レプリカとの組み合わせで、システム障害時や災害時など万一の時も業務の継続を可能にするハイブリッド クラウドの DR を整備

写真:株式会社大堀商会

株式会社大堀商会

新潟県新発田市で住宅リフォームを中心に事業を行う株式会社大堀商会は、IT をフル活用してワーク ライフ バランスの考え方を取り入れた経営を行い、そのためのインフラ構築に力を入れています。同社は 2014 年 5 月、Windows Server 2012 R2 に搭載されている Hyper-V で仮想サーバーを稼働させていた物理サーバーがハードウェア障害を起こしたことから、サーバーの障害対策としてレプリケーション構築を検討。Hyper-V によるレプリケーションだけでなく、Microsoft Azure Site Recovery を利用して、Microsoft Azure 上に仮想サーバーをレプリケーションすることにしました。販売管理やファイル サーバーなど重要なサーバーはすべてレプリケーションされ、災害やハードウェア障害など万一の時に備えて、万全の対策が取られています。大堀商会ではこの態勢をベースに、業務の効率化をさらに進め、より働きやすい企業をめざしていく考えです。

<導入の背景とねらい>
VDI 化、Office 365 などを利用して働きやすい会社をめざす、IT基盤を支えるのはHyper-Vによる仮想化

写真:株式会社大堀商会 代表取締役 大堀 正幸 氏

株式会社大堀商会
代表取締役
大堀 正幸 氏

株式会社大堀商会 (以下、大堀商会) は 1978 年設立の新潟県新発田市に本社をおく建築会社です。同社は新潟県下越地方で、住宅リフォームを中心に、トイレやキッチンなど水回りの修理、交換、下水道工事などを行っています。新発田市のリフォーム店のトップ企業としての地位を確立し、毎年開催される水回り住宅設備機器メーカー主催の販売コンテストでは、下越地区トイレ販売で 2 年連続トップの成績を上げています。
近年、建設業界では人手不足が常態化しており、人材をいかに確保できるかが建築会社の成長を左右する大きな条件になっています。そこで、大堀商会では働き手が離職しないような働きやすい職場の実現をめざして、ワーク ライフ バランスの考え方を取り入れた経営を行っています。その結果、2013 年度は消費税増税前の駆け込み需要があったにもかかわらず、社員の総労働時間を 20%削減することができました。大堀商会 代表取締役 大堀 正幸 氏が語ります。

「労働時間を 20% 削減できた原動力となったのが IT の積極的活用です。そのきっかけは 2011 年、サーバー更新時にマイクロソフト パートナーの株式会社ティーケーネットサービスと知り合ったことでした。彼らは単なるサーバーの入れ替えではなく、中長期的な計画のもとに、サーバーの更新と仮想化、Office 365 の導入、クライアント PC の VDI 化などを提案してくれました。これで念願のワーク ライフ バランスも実現できると考え、導入を進めてきました」。

<導入の経緯>
基幹業務用の仮想サーバーが稼働するサーバーが障害で停止し、業務が止まってしまう事態に直面

写真:株式会社大堀商会 クオリティアドバイザー 営業部長 大堀 信幸 氏

株式会社大堀商会
クオリティアドバイザー
営業部長
大堀 信幸 氏

サーバー更新にあたって、大堀商会では Windows Server 2008 に搭載されている Hyper-V で販売管理システム用サーバーとファイル サーバーなどを仮想化、25 台ほどあるクライアント PC を VDI 化してテレワークなどにも対応しました。その後、IT の活用が拡大し、サーバー リソースが足りなくなってきたことから、2013 年末には、サーバーを 1 台増設して 2 台構成にし、OS も Windows Server 2012 R2 にアップグレードしました。ところが、2014 年 5 月、以前から使っていたサーバーが、ハードウェア障害で突然停止するというトラブルが発生したのです。大堀商会 クオリティアドバイザー 営業部長 大堀 信幸 氏が語ります。

「止まったのは販売管理など基幹的な業務用の仮想サーバーが動いているサーバーで、一時はデータも取り出すことができないと思われ、途方に暮れました」。

幸いにも、サーバーのデータは何とか取り出すことができ、最悪の事態は免れることができましたが、問題は業務が止まってしまったことでした。

「サーバー上では、VDI も含めて仮想マシンが 30 台ほど動いています。仮想マシンを作り直さなければならないので、復旧作業に 1 日以上かかってしまいます。私が徹夜で復旧させましたが、社員は VDI を使って仕事をしているので、復旧するまでの間、業務がまったくできなくなってしまいました」 (大堀部長)。

<システム概要と構築>
Microsoft Azure Site Recovery で Azure へ仮想サーバーをレプリケーション。万一の時にも万全の対策を実施

その経験から大堀商会では、データのバックアップだけではなく、Hyper-V で構築していた仮想サーバーを、Hyper-V レプリカでレプリケーションして、サーバーのハードウェア障害に備えることにしました。しかし、複数の拠点がある企業であれば、拠点間でレプリケーションを行うこともできますが、大堀商会は本社以外の拠点がないため、物理的な冗長性を確保できません。
そこで、Hyper-V レプリカによる仮想環境のレプリケーションに加えて、株式会社ティーケーネットサービスが提案した Microsoft Azure Site Recovery (ASR) を使った Microsoft Azure へのクラウド サービスを利用したレプリケーションも採用することにしました。レプリケーションにあたって、最も重視したのが顧客情報の安全で確実なバックアップです。大堀商会は住宅のリフォームとメンテナンスが事業の中心なので、顧客との接点を継続的に持ち続けることが業績を左右します。

「新規顧客獲得が中心の会社であれば、過去の取引まで含めて詳細に記録された顧客データはなくてもよいかもしれません。しかし、私たちの場合、顧客データがなくなれば、お客様とのつながりが切れてしまい、経営的には危機に陥ってしまうので、それを一番恐れました。実際、東日本大震災では社屋が流出してしまって経営情報を失ってしまった企業があると聞きますし、そうした状況になったら、再起することはまず無理です」 (大堀社長)。

こうして、2014 年 7 月、大堀商会は ASR の利用を開始。現在、販売管理やファイル サーバー、ドメイン コントローラーなど重要な仮想サーバーが Azure 上へレプリケーションされています。また、ハードウェア障害が発生してから、導入を決定し、わずか 1 か月程度の短期間で稼働できたのもクラウド サービスならではのメリットでした。

<導入効果と今後の展望>
経営にとっては大きな安心材料を得ることができ、それを土台にして、事業のいっそうの成長をめざす

大堀商会では、以前から、システム障害や災害が発生しても、安全にシステムを運用したいという考えを持っていましたが、コストとの関係で無理だとあきらめていました。今回、Azure のクラウド サービスのひとつである ASR を使うことで、コストをかけずに、かつ短期間で、万一に備えた万全の態勢を組むことができました。

「今までは、オンプレミスのドメイン コントローラーがダウンしてしまうと、外部から仮想サーバーに入ることができませんでした。追加のドメイン コントローラーを Azure 上に構築したことによって、ドメインに参加していない PC のブラウザから仮想サーバーに入ることができるようになり、そこから設定を変えたり、機能を追加したりできるので、非常に使い勝手がよくなりました」 (大堀部長)。

ASR の導入直前、データ喪失の危機があったことがレプリケーションの重要性に対する認識をいっそう高めました。

「データがなくなると、入力したものをもう一度入力しなければなりません。社員のモチベーションは下がりますし、全体の業務効率も大きく低下します。今までは解決策はありませんでしたが、今回 ASR を導入したことで、経営者として、大きな安心材料を得ることができました」 (大堀社長)。

大堀商会では ASR によるサーバー レプリケーションをベースにしながら、業務の効率化をさらに進め、社員が働きやすい環境を作って、事業を発展させていく考えです。

図.Azure Site Recovery を活用したサーバー レプリケーションのしくみ

Azure Site Recovery を活用したサーバー レプリケーションのしくみ [拡大図] 新しいウィンドウ

コメント