612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • コスト

株式会社日交データサービス

 様に導入

提携タクシー 1 万台以上。日本各地で、「今、自分のいる場所」にタクシーを呼べるアプリ『全国タクシー配車』のサービス提供基盤に Windows Azure Platform を採用

株式会社日交データサービスでは、2011 年 12 月から全国のタクシー会社と連携し、スマートフォンの位置情報を利用して、「お客様の今いる場所」にタクシーを配車するアプリケーション「全国タクシー配車」を展開しています。サービス開始後も提携タクシー会社が増えていくこと、そして、全国でどれだけアプリケーションがダウンロードされ、活用されていくかが予測できないことから、「信頼性の確保」と「インフラ管理の負荷軽減」に主眼を置いて、サービス提供基盤を検討。選ばれたのが Windows Azure Platform でした。

<導入の背景とねらい>
スマートフォンの位置情報を利用し、その場に、すぐにタクシーがやってくる配車サービスを開発

株式会社日交データサービス
システムグループ
リーダー
若井 吉則 氏

株式会社日交データサービス
システムグループ
サブリーダー
亀井 松太郎 氏

都内最大手のハイヤー タクシー企業「日本交通グループ」を、情報システムの構築という側面から長年支えてきた株式会社日交データサービス (以下、日交データサービス) では、2011 年 1 月より、電話をかける必要もなく、今自分がいるその場所にタクシーが呼べる、日本初のスマートフォン用アプリケーション「日本交通タクシー配車」を提供しています。
このサービスは、スマートフォンの位置情報を自動でアプリ側が認識するため、お客様がアプリを操作しているその場所に、すぐさまタクシーが配車されるという画期的なサービスです。配車までのユーザーのアクションは非常にシンプルで、アプリを立ち上げた際に、現在地がほぼ特定されたマップが表示されます。このマップ上でタクシーを呼びたい場所を確定し、名前と電話番号といった簡単な情報を入力するだけでタクシーの手配が完了。待つこと数分でタクシーが目の前に到着します。
日交データサービス システムグループ リーダー 若井 吉則 氏は、このアプリケーションについて次のように説明します。
「たとえば、台風などの悪天候の際には電話によるタクシーの配車注文が増え、配車センターへの回線が混み合います。しかし、このアプリであれば、電話口で待たされることもなく、ダイレクトに配車の注文が行えます。悪天候時や終電後にはタクシー乗り場に行列ができますが、配車アプリから呼べばすぐさまタクシーがやってきます。利用されたお客様からは "まさに神アプリ" といった嬉しい評価もいただいています」。

「日本交通タクシー配車」サービスは、その便利さと手軽さでまたたく間にユーザーにも認知され、10 万を超えるユーザーに利用されるアプリへと成長しました。しかし、需要が伸びていく中で、ユーザーから新たな要望も寄せられました。それが「全国で利用できるようにして欲しい」という声でした。
そこで、日本交通では全国のタクシー会社 30 グループ (2012 年 4 月時点) と連携。タクシー配車サービスの提供エリアを 22 都道府県に拡大した「全国タクシー配車」をリリースしています。
全国 1 万台以上のタクシーをカバーする各社のシステムと連携しながら、ユーザーアクセスの急増にも耐え、24 時間 365 日の安定稼働を約束するために欠かせない「信頼性の担保」と、「運用管理負荷の軽減」を両立させるために、同社がサービス提供基盤として選んだのが、マイクロソフトのパブリック クラウド サービス Windows Azure Platform でした。

<Windows Azure Platform のメリット>
既存機能を活用し、各タクシー会社の無線配車システムとセキュアに連携

全国タクシー配車 (イメージ)

全国タクシー配車(イメージ)

「全国タクシー配車」は、Windows Phone 版、iPhone 版、Android 版の 3 種が無償配布されています。アプリケーションのダウンロード数はシリーズ累計で 35 万件、アプリ経由の売上が 3 億円を突破する人気を得ています (日本交通タクシー配車:18 万件、全国タクシー配車:17 万件)。
このダウンロード数は「予想以上だった」と日交データサービス システムグループ サブリーダー 亀井 松太郎 氏は笑顔をのぞかせます。
「アプリケーションの開発を始めた段階では、どれだけダウンロードされるかも分かりませんでした。さらに言えば、何社のタクシー会社と提携できるかも、決まっていませんでした。そして、今後も提携先は増えていくでしょう。そのような状態で、オンプレミスのシステムを構築することは現実的ではありません。サービス提供基盤には、クラウド サービスを利用することが、当初から念頭にありました」。
そして「Windows Azure の採用は、ごく自然に決まった」と若井 氏は説明します。
「従来から、日本交通の業務システムの開発に Visual Studio や Microsoft SQL Server を活用してきました。Windows Azure Platform であれば、これまでに蓄積してきた開発スキル、開発リソースを活かせるため、開発のスピード、コスト共に高いメリットが得られます。Windows Azure Platform の採用は当然の流れでした」。

こうして、Windows Azure Platform 上に構築された「全国タクシー配車」サービスは、提携する各社の無線配車システムと、Windows Azure サービス バスを使用して連携しています。
アプリから配車依頼が入ると、該当エリアを担当するタクシー会社の無線システムに、データを連携。自動的に「配車伝票」が作成されます。この配車伝票に基づいて担当が決められたタクシーの車両番号と到着予定時刻が Windows Azure 上のシステムに送られ、その情報をアプリが参照し、ユーザーに知らせるという仕組みです。
「タクシー会社の皆様には、『お客様がご自分で配車伝票を書いて、送ってきてくれるのと変わらない』と言えば、このアプリの便利さを分かっていただきやすいと思います」と亀井 氏が話す、この仕組みも「サービス バスなどの機能が揃っていることで、非常に効率よく開発できた」と言います。
「今回、提携するタクシー会社の無線配車システム (オンプレミス) との連携も、既存機能である Windows Azure サービス バスを利用することで、手軽に、しかもコストもさほどかからず実現できています。こうした機能の充実も Windows Azure Platform 採用のメリットでした」。

さらに、運用管理負荷を軽減できることも Windows Azure Platform 採用の大きなメリットであると亀井 氏は続けます。
「提携する全国のタクシー会社にサービスを提供するに際しては、システムの安定稼働をいかに保証するかが重要になります。たとえば、サーバーのアップデートのためにシステムを止めるだけでも、関係各位への連絡など、大変な手間がかかります。しかし、Windows Azure Platform に 2 台の Web サーバーを建てれば、自動的にロードバランスをしてくれますので、セキュリティパッチの適用時や障害発生時にも、システムを止める必要がありません。さらに、現在の Windows Azure では、リモート デスクトップで接続し、Windows Azure のイベントログなどを確認することができます。非常に満足しています」。

<今後の展望>
提携タクシー会社の拡充と、"観光タクシー" などのサービス拡充を目指す

サービス開始以来、好調な会員数の伸びを見せている「全国タクシー配車」サービス。今後も引き続き提携タクシー会社の増強、エリア拡大に取り組みながら、若井 氏は新たなサービス展開にも積極的な姿勢を示しています。
「お客様に "選ばれるタクシー" であるためには、サービスの充実が欠かせないと思います。たとえば、日本交通でも、『エキスパート・ドライバー・サービス』を展開しています。これは規定時間で名所を回る観光タクシーや、各介護の有資格・経験のあるドライバーがお付き添いするケアタクシー、そして学校・塾・ご自宅間をドア to ドアで送迎するキッズタクシーの 3 つのサービスの総称です。こうしたサービスを、『全国タクシー配車』からも利用できるようにするなど、さまざまなサービスの追加を考えています。スマートフォン アプリは数も多いため、ダウンロードサイトの中で埋もれてゆきやすい側面もあります。ですから、より多くの人の目に留まり、ダウンロードして活用していただけるように、今後も付加価値のあるサービスを追加していきたいと考えています」。


■全国タクシー配車アプリ提携タクシー会社 (2012 年 4 月時点)

北海道 SKタクシーグループ 富山県 富山交通株式会社
宮城県 仙台タクシーグループ 石川県 株式会社冨士タクシー
福島県 あいづタクシー (会津乗合自動車(株)) 石川交通株式会社
東京都 日本交通グループ 愛知県 名鉄タクシーホールディングス(株)
荏原交通株式会社 尾張交通株式会社
三和交通三多摩 静岡県 静鉄タクシー株式会社
日本交通立川株式会社 大阪府/兵庫県 株式会社 国際興業大阪
神奈川県 三和交通横浜 京都府 ヤサカタクシー
埼玉県 日本交通埼玉株式会社 岡山県 両備グループ
三和交通埼玉 山口県 日本交通産業グループ
千葉県 千葉構内タクシーグループ 福岡県 安川タクシーグループ
山梨県 山梨貸切自動車株式会社 福交タクシー無線グループ
新潟県 富士タクシー株式会社 明交運輸協同組合
日の丸観光・みつけタクシーグループ 長崎県 佐世保観光タクシー株式会社
長野県 アルピコタクシー株式会社 熊本県 熊本タクシー株式会社

コメント