612
導入事例

 様に導入

  • 効率化
  • コスト

医療法人明和会 宮田眼科病院

 様に導入

安定性の高い Windows 7 搭載スレート PC が、ミッションクリティカルな医療現場を支える
開発しやすさとハードウェアの選択肢の広さで BPR を考えたシステム作りを実現

医療法人明和会 宮田眼科病院

医療法人明和会 宮田眼科病院

宮崎県都城市と鹿児島県鹿児島市の 2 つの拠点で最先端の眼科医療を提供している宮田眼科病院。常に医療の質の向上を目指している宮田眼科病院では、2002 年に導入している予約業務を主体とする院内リソース マネジメント システム「M-Magic」を皮切りに、「院内総合電子化」を目指して独自のシステムを構築しています。その一環として、院内のさまざまな場所での情報共有を行うため、Windows 7 搭載のスレート PC「ASUS Eee Slate B121」を採用。医師だけでなく、検査技師や看護師の観点からも医療業務を効率化することによって、さらなる医療サービスの向上を目指しています。

<導入の背景とねらい>
医療の質とパフォーマンス向上のため
院内業務を連携できるシステム作りを目指す

医療法人明和会宮田眼科病院
理事長 兼 病院長
宮崎大学医学部眼科 臨床教授
東京大学医学部眼科 講師
宮田 和典 氏

医療法人明和会宮田眼科病院
CIO/技術士 (情報工学部門)
杉浦 和史 氏

2 つの病院で年間 8,000 件以上の手術を行い、十数人の担当医がいる大規模な眼科病院である宮田眼科病院は、都城市と鹿児島市の地域に密着しながら、東京や大阪などの大都市と同等以上の医療を提供し続けています。白内障や緑内障などの専門外来も確立し、特別な疾病のエキスパートである各大学の教授を迎え、月に一度の特別専門外来診察を行っていることも、他の眼科病院にはない大きな特長です。そのため、都城市や鹿児島市などから同院に通院する患者は、特別な手術や治療のために東京などに行くことなく、受けることができます。また、多くの学会発表や研究発表も行っており、最先端の医療を診察に活かせるような研究開発が積極的に行われています。新たな医療技術は、研究と臨床によって生まれてきますが、大学と同じレベルの研究を臨床の機会が多い宮田眼科病院が行うことによって、より実際の診療に使いやすい医療技術を作り出すことも目指しています。

宮田眼科病院では、2002 年に独自に開発した「M-Magic」の導入の際、電子カルテや院内の情報共有システムの導入も検討しましたが、当時の技術、製品では、要求を満たす機能、操作性は実現できないと判断し、実現には至らなかったと言います。宮田眼科病院にとって患者情報などのデータは、「地域に高度な医療を提供する」「最新医療を診療で有効に使えるようにする」という目標と共に同院が目指している、「大学ではできない研究を行う」という目標のためには非常に重要なものでした。大都市の大学病院では、最先端の治療法を使っても、その患者を長期的にフォローアップすることが難しい傾向にあります。しかし、大都市に比べて住民の移動が少ない地域で医療を行っている宮田眼科病院では、同じ患者を長期的に診察し、1 つの治療法の長期データを取ってその後の対処やフォローアップ、治療法の改善などに役立てることができるのです。

これらの目的を満たし、医療業務を効率化して質の向上を目指すには、患者情報をベースにして、病院内のさまざまなシステムで横断的に連携ができるしくみが必要となります。しかし当時は、これらのニーズを満たすような既存のシステムはなかったと宮田眼科病院院長の宮田 和典 氏は話します。「医療業務の無駄を省くために、予約システムは絶対に必要と考え、独自に M-Magic を開発しました。しかし、電子カルテなどに関しては、今の医療の質やパフォーマンスを維持できるとはとても思えないと感じました」。

「電子化を行うなら、紙のカルテをあらゆる要素で超えるものがなければ、変える意味がない」と話す宮田 氏は、当時のシステムでは情報の入力や取り出しにかえって時間がかかると判断し、電子化は行わず紙のカルテのままにしたと言います。また、さまざまなメーカーのシステムを組み合わせて使った場合、連携が難しく、安定性も担保できないと考えたことを宮田眼科病院CIO の杉浦 和史 氏も明かします。

「電子カルテは診療業務のためのもので、院内の業務の 1 つに過ぎません。病院は医師以外にも看護師や栄養士、検査技師、医事会計などもある職能集団で構成されているため、診察のほかに外来、手術、病棟の業務もあります。電子カルテありきではなく、ベースとなる情報をさまざまな職務の角度から活用できるようにシステムを作っていかなければならないと考えています」。

<導入の経緯>
業務に合ったハードウェア特性や安定性
入力しやすさからスレート PC を採用

宮田眼科病院が院内総合電子化を推し進めて、診療や看護師の業務の電子化を行い始めた理由の 1 つには、IT 環境の高度化により、電子カルテとワコムのペン入力の組み合わせがより自然に使えるようになってきたことが背景となっています。「紙のカルテにかなり近い感覚で使えるようになってきた」と宮田 氏が言うように、手書き認識やペンの使い勝手の向上によって、宮田眼科病院は据え置き型のワコム液晶ペンタブレット DTU-2231 を導入し、電子カルテ システムを独自に開発することを決めました。

「紙ベースなら紙ベースで、電子化するなら人間ならではの部分を除いてすべてを電子化しなければ、手作業とシステム化された作業が混在して複雑になり、人的ミスが発生しやすくなってしまいます」と話す杉浦 氏は、診療業務の電子化と共に、入院患者の術前、術後、予後の観察を十分に行うため、看護師が訪室する際に電子化された情報をすぐに取り出して患者の変化をすぐに書き込めるような持ち運べる端末としくみが必要になったと言います。「だからと言って、最近話題になっているようなタブレット端末を使おうという考えはしませんでした。我々は BPR (Business Process Reengineering) をしっかりとやって、それを実現する技術は何かと考えます。シーズ依存ではなく、ニーズに沿ったものを作ることが重要で、ハードウェアの選択肢が少ないものや、開発しにくいものは選択肢とはなりえませんでした」 (杉浦 氏)。

そこで、宮田眼科病院が注目したのが Windows 7 Professional を搭載し、インテル Core i5-470UM プロセッサーの高いパフォーマンスを持つ ASUS 製のスレート PC「Eee Slate B121」でした。Eee Slate B121 には、「Wacom feel IT technologies」が採用されており、EMR ペン (ワコム独自の電磁誘導方式採用) でワコムの液晶ペンタブレットと同じように自然で直感的なペン入力による筆圧機能などを利用することができます。また、ディスプレイが 12.1 インチであることも導入の決め手となりました。「Wacom feel IT technologies」が搭載されたスレート PC には 10.1 インチの製品も出ていましたが、業務フローから最低限必要な情報源を絞り込んでも、12.1 インチのディスプレイが必要だったと言います。

「Windows 7 ベースのスレート PC である Eee Slate B121 を選択した理由は、開発環境が整っていて、技術が蓄積されていることも大きかったと思います。医療と言うミッション クリティカルな業務に利用するため、安定性は必要不可欠な要素です。Windows 7 には安定感があり、これまでの技術の蓄積と実績があるので、安心して利用できます」 (杉浦 氏)。

宮田眼科病院では、Eee Slate B121 を 2012 年 3 月現在で 7 台導入してソフトウェアの開発を行い、最終的には 2012 年 9 月導入を目指して数十台の導入を予定しています。既存のシステムやアプリケーションに頼らずに独自に開発を行うことについて宮田 氏は、「既存のシステムは少なくとも眼科医のことを考えて作られていないし、我々のような病院に合うものではないと考えています」と話します。また、杉浦 氏も「業務に合うようパッケージをカスタマイズするなら、ゼロから作ったほうがコストを低く抑え、使い勝手の良いものを作ることができます」と続けます。

そのため、宮田眼科病院では、開発会社にすべてを任せるのではなく、仕様書を現場の看護師、検査員、医事会計課員が作成しています。看護師が自らワークフローを見直し、画面設計を Microsoft PowerPoint で書き、プロトタイプ開発に回し、できあがったプロトタイプのテストとブラッシュアップも現場のスタッフが行うことで、業務とユーザー目線に立ったシステム作りが行われています。「既存のシステムはユーザーが関与せずに作られているという印象があります。少なくとも医師の目線には立っても、看護師の目線では作られていません。業務を一番よく知っているのは看護師をはじめとするスタッフです。スタッフがシステムを考えることによって、当たり前だと思っていた業務を見直すことができることもねらいの 1 つです。IT に投資する意味の半分は、スタッフの教育のためだと言っても過言ではありません」と宮田 氏は話してくれました。

<導入効果>
業務の無駄や無理を低減することで
目に見えない医療の向上も生まれる

医療法人明和会宮田眼科病院
事務長
丸目 秀信 氏

今後、本格導入される Eee Slate B121 のシステムによって、宮田眼科病院では業務の無駄をなくし、大幅な業務効率の向上を期待しています。最新の患者情報を参照しながら、患者の容態を観察し、要望などをその場で入力できるようになれば、転記ミスや記入漏れなどのミスを防ぐことができ、タイムリーに正しい情報を修正蓄積し、利用することでそれぞれの業務の中でスムーズな連携ができるようになります。「診療の質を保ちながら、無理や無駄を省いて病院全体のパフォーマンスを上げるために、Eee Slate B121 を含めた院内統合電子化が役立つと考えています。診療時間を短縮するのではなく、スムーズな連携を行うことによって診療に時間をかけられるようにすることが目的です」と話す杉浦 氏。同様に、宮田眼科病院事務長の丸目 秀信 氏も「今回のシステム導入で負荷が軽減され、スタッフは余裕を持って患者さんに接することができるようになります。その中で、Eee Slate B121 の果たす役割は大きいと思います」と続け、医療の質の向上だけではなく、患者満足度や従業員満足度の向上にも貢献できることを明かしてくれました。

このようなシステムを作るにあたっては「トップ ダウンでビジョンを作って、ボトムアップでアクションするという役割分担が重要です」と丸目 氏は話します。「現場のスタッフの声を一方的に聞くだけでなく、考え方を示し修正を行う優れたコーディネーターがいなければよいシステムは作れません。我々はその体制ができているので、よいシステムで業務改革ができると確信しています」。

また、Eee Slate B121 は看護師の業務をサポートするだけでなく、さまざまな場面で活用できると杉浦 氏は言います。「現在紙で持ち運んでいる情報の参照はもちろんですが、新鮮な情報をタイムリーに利用したいというニーズは、多種多様です。手術の術前処置や外来処置、医師の診察中の説明にも Eee Slate B121 は使えると考えており、そのためのシステムも開発しています」と話す杉浦 氏。現場の声から業務を見直して行くことで、同じ情報をベースとした違う使い方が次々と生まれていることがうかがえます。さらに、音声認識による情報の入力も宮田眼科病院は計画しています。これが実現すれば、病室内や問診時に両手がふさがってペン入力しにくい場合などに便利に使うことができます。

業務フロー (仕様書作成など) の開発現場

業務フロー (仕様書作成など) の開発現場

看護師自らが PowerPoint でシステムの画面設定を行い、業務フローの見直しを行っている

看護師自らが PowerPoint でシステムの画面設定を行い、業務フローの見直しを行っている

最新の医療機器を備えた診察室

最新の医療機器を備えた診察室

スレート PC を活用した診察風景

スレート PC を活用した診察風景

看護師がスレート PC を使って診察記録を入力

看護師がスレート PC を使って診察記録を入力

医師がワコム液晶ペンタブレットを使って電子カルテを操作

医師がワコム液晶ペンタブレットを使って電子カルテを操作

スレートPCは、診察室、病室、手術室、受付などのあらゆるシーンでの活用が考えられ、宮田眼科病院ではそれぞれの業務フローに合わせたシステム作りが行われている

<今後の展望>
情報共有のシステムや最新の診療方法を
都城市から全国に広げていく

今後は、今回作っているシステムやしくみを全国に広げて行きたいと杉浦 氏は考えているようです。同様に宮田 氏も「我々の業務フローが他の病院でそのまま使えるとは限らないし、ある程度のカスタマイズは必要でしょうが、現場の声が反映されているシステムなので、少なくとも眼科では利用してほしいですね」と話します。

一方で、導入後の課題についても既に目を向けているようです。「システムが出来上がったらすべてうまくいく、とは考えていません。初めてのシステムなので評価しながら進めていく必要があるし、改善を繰り返すことでより品質の高いものにしていかなければなりません。紙のカルテを持ち運ぶ手間がなくなったら、その手間をどのように他の業務に使えるかも考えていく必要もあります。情報共有によってすべてのデータが見えてくれば、スタッフの勤怠状況も見えてくるので、それを給与に反映させるなどのスタッフのモチベーションを上げるしくみも考えていきます」と宮田 氏は話します。

宮田眼科病院のシステム作りは、経営側とスタッフと患者の 3 者にメリットがあり、3 者が満足するものとなるように進められています。「院内総合電子化ができあがることで、私が目標としてきた眼科医療の第一章が終わり、次のステップに進めると感じています。これまでも、高度な眼科医療を地域に提供するために、研究室の設置や各大学の教授による専門外来などの試みを行ってきましたが、医療を動かすためのしくみやスタイルがやっとできあがることになります」と話す宮田 氏。今後はこれらをベースにさらに高度な医療を地域に還元し、地方発信で実際の診療に根ざした新たな技術の探求を宮田眼科病院は行っていきます。

宮田眼科病院が導入した製品

宮田眼科病院が導入した製品

コメント