612
導入事例

 様に導入

  • コミュニケーション
  • コスト

国立大学法人 九州大学

 様に導入

国立総合大学として初めて BYOD による学生 PC 必携化を実現
個人 PC をいつでもどこでも利用できる環境を整備しつつ、PC ルームの廃止によるコスト削減を推進

国立大学法人 九州大学

国立大学法人 九州大学

個人用の PC やタブレットを活用する BYOD (Bring Your Own Device) は、企業だけでなく教育機関においても注目を集めています。国立大学法人 九州大学では、国立の総合大学として初めて 2013 年度の新入生から PC を必携とし、段階的な PC ルームの廃止を決定。4 月入学の新入生 2,687 人は各学科のガイドに則って個人 PC を選択し、全体の 87% の学生が Windows 8 を利用しています。これにより同校は、PC ルームのコスト削減だけでなく、利用者の声を生かしたインフラの整備と教材コンテンツの充実を図り、 学生のより自発的な学習を支援する環境整備を推進しています。

<導入の背景とねらい>
維持コストがかかるうえになかなか自由に使えない
PC ルームを廃止し、学生 PC 必携化を決断

国立大学法人九州大学
大学院芸術工学研究院
情報統括本部
教材開発センター
教授 工学博士
総長特別補佐 副CIO
情報統括本部長
教材開発センター長
藤村 直美 氏

2011 年に創立百年を迎えた国立大学法人 九州大学 (以下、九州大学) は、1978 年に情報処理教育センターを設立し、それ以来、学生の教育に必要な情報環境を提供してきました。2007 年には情報統括本部を発足させ、全学の教育・研究・業務のための情報環境の整備を行っています。その幅広い活動の一環として、教育用の PC ルームの整備だけでなく、ソフトウェア一括契約による経費節減などにも取り組んできました。また、2011 年度に教材開発センターを設置し、デジタル学習教材の充実による新たな教育改革にも挑戦しています。

2013 年度から開始した学生の PC 必携化は 2008 年度当時から考えていたと、九州大学 大学院芸術工学研究院 教授で情報統括本部長でもある藤村 直美 氏は話します。2009 年 3 月には PC の台数を約 600 台から 1,000 台規模に増やし、PC ルームも増設した九州大学ですが、学生数全体に比べると圧倒的に PC 台数は不足し、PC ルームの約 8 割が授業で占有されている状態でした。そのため学生が授業時間外に自主的に PC を使いたい場合にも、なかなか自習で使用できない状況が続いていたと言います。その一方で、1 年生の約 95% は自分の PC を所持している、ということも毎年の学生へのアンケート調査によりわかってきました。

これらの状況から、学生が入学時に自分で PC を購入して大学へ持参する体制を整えることに本気で取り組む決意をした藤村 氏は、2011 年 4 月に教材開発センター (九州大学附属図書館付設教材開発センター) の設置と合わせて、電子教材を開発し、必携の PC で学生がいつでもどこでも自分のペースで自由に学習できる環境を作りたいと考え、計画を始めます。

「単科大学や私立大学では PC の機種を限定しやすく、既に学生の PC 必携化を行っている大学もあります。しかし、国立の総合大学は幅広い学部や分野があり、必要な機種や性能が異なるため、統一機種の PC を使って教育を行うことはありえません。たとえば、文学部、工学部、芸術工学部が同じ PC で教育をするということは考えられません。そのため、情報統括本部はどのような機種や OS であってもサポートするという覚悟が必要でした」と藤村 氏が説明するように、学科ごとの特色に合わせて必要な仕様を決めてもらい、その範囲内で学生が自ら利用する PC を選択することで PC 必携化の計画が進められていきました。

<導入の経緯>
中途半端な取り組みは無駄になる
徹底的に本気で取り組むことが重要

藤村 氏は、学内の 19 の部局を回って 650 人以上の教職員に計画を説明し、質問や疑問に丁寧に答えることにより、大学内で学生の PC 必携化の理解を得ていきました。「部局の代表者が集まる会議で説明して了解してもらっても、出席者が各部局に持ち帰るだけでは情報がきちんと伝わらず、PC 必携化をやってみようという気持ちになってもらえません。そのまま強行すると大混乱が起こる可能性があります」。

PC 必携化を実現するためネットワーク インフラにも妥協は許さず、IEEE 802.11 n 対応の無線 LAN 環境を主要な講義室と図書館など、学生が多く集まる場所に整備。「映像コンテンツなどの教材を 300 人規模の講義室で一斉に再生できる環境を目指し、通信が安定する 5 GHz 帯を中心に整備していきました。もちろん、5 GHz 帯を使えない学生のために 2.4 GHz 帯も提供するようにしています。その結果、実測値で 130 Mbps と十分な速度で利用できるようになっています。

また、学生が自分用の PC を持ち込んで学内のネットワークに接続するため、最新の次世代ファイアウォールもあらかじめ整備しました。ファイル交換ソフトなど、著作権侵害をする可能性があるソフトウェアの使用を防ぐため、アプリケーションの通信をファイアウォール側で制御し、Skype などの必要なアプリケーションの通信は通すが、ファイル交換はできないようにしています。

このように周知やインフラ整備を徹底的に行う背景には、「人を幸せにすることによって、自分も幸せになる」という信念に基づくものであると言います。藤村 氏は、「無線 LAN の整備も PC 必携化も、中途半端にやるのであれば、かえって無駄となり、混乱します。やるのであれば、しっかりとしたインフラを整備し、本気で PC 必携化に取り組まなければならなりません。少なくとも自分が使いたくなるような、自分が幸せになる環境を提供しなければ、みんなに使ってもらうことはできません」と語ります。

2011 年度に開始したこのプロジェクトは、こうしたていねいな説明により学内関係者からの理解を得られたことで順調に進み、さらなる準備期間を経て、2013 年度の新入生からの適用が決まりました。2013 年 3 月から 4 月にかけ、初めての試みに向け、さまざまな準備を行ったと藤村 氏は振り返ります。「新入生は 3 月 31 日にならないと最終的に入学者が確定しないため、認証に利用している学生番号が確定する 4 月 1 日になってから大急ぎで認証用のデータを準備しなければなりませんでした。また、学内での PC の使い方について講習を行わなければ、最初の授業はソフトのインストールやネットワークの設定に終始してしまいます。4 月 2 日から新入生向けの講習会を行い、全員が講習を受けられるように日程を延ばしながら最終的には個別対応まで行って 4 月 12 日の授業開始に間に合うようにしました」。

情報統括本部では当初、PC の質問や問い合わせが増えることを予想して相談窓口の人員を増やしサポート体制を整えていましたが、これらの事前の講習のお陰で、授業開始後に特段のトラブルは発生せず、入学後の運用は驚くほどスムーズだったと藤村 氏は言います。

九州大学での授業風景。学生所有のさまざまな機種の Windows PC を活用して講義が進められている

九州大学での授業風景。学生所有のさまざまな機種の Windows PC を活用して講義が進められている
九州大学での授業風景。学生所有のさまざまな機種の Windows PC を活用して講義が進められている

九州大学での授業風景。学生所有のさまざまな機種の Windows PC を活用して講義が進められている

<導入効果>
新入生の学習を支援する
Windows 8 アプリを大学院生が開発

学生が必携する PC の仕様を学部学科ごとに決めた九州大学では、2013 年度は 3 つの学科が Mac を指定。その結果、新入生 2,687 人のうち 87% が Windows 8 を選択し、Mac を選択した 13% の学生もマイクロソフトの教育向け包括ライセンスを活用することによって Mac 上に Windows 8 をインストールして学習に役立てています。また、この教育向け包括ライセンスでは Microsoft Office を利用することができ、人数ベースのライセンス契約となっているため、全学生が自分の PC に Office を個人の経済的な負担なしにインストールして学習に活用できます。

今回の学生 PC 必携化によって、九州大学では 2014 年 3 月に全学教育用の PC ルームをすべて廃止し、2 年生以上の学生が利用している専門教育用の PC ルームもその 3 年後にほぼ廃止する予定です。これにより、PC ルームに設置する PC にかかっていた導入・管理・運用コストをなくすことができます。その結果、これまで PC ルームに投入していた予算を学習支援システムなど、大学全体のために活用できるようになります。

九州大学では教材開発センターでさまざまなデジタル教材を開発し、Web 学習システムなどを利用することで、紙による講義用プリントの不要化も実現しています。しかし、これらコスト面の効果だけでなく、企業や欧米の大学では広く普及している 1 人 1 台の PC 環境を実現することで、"学習しやすさ" が大きく向上すると藤村 氏は説明します。「現在の大学生は勉強をしないという声をよく聞きます。1 コマの授業に 1 コマと同じ時間の予習と復習が必要とも言われますが、実際にはやはり授業だけ受けて予習復習をしない学生も多い。学生が興味を持ち、自発的にいつでもどこでも勉強できるようになると、もう少し日本の国力や国際競争力が上がると思います。そのために PC を活用できる環境作りを終え、これからはコンテンツ整備を行っていかなければならないと考えています」。

このような教材コンテンツ作りでユニークなのは、九州大学 大学院芸術工学部 芸術工学専攻 コンテンツ クリエイティブ デザイン コース (CCD) 在籍中の鶴田 裕二 氏と楠 和之 氏が取り組んでいる Windows 8 アプリの開発です。研究テーマを「ICT を活用した教育支援」にしている鶴田 氏と楠 氏は、PC 必携化のプロジェクトを聞いて、後輩の学生が学習しやすいようなアプリを作れないかと考えました。「Windows 8 はユーザビリティが高い OS で、PC という堅いイメージではなく、自分たちが使ってきた紙のノートと同じように直感的に入力できるデバイスだと思いました」と話す鶴田 氏。楠 氏も、「教材データを画像として取り込み、手書きメモ機能やコミュニケーション機能を付けることで、学習しやすく学生間や教員と意見交換しやすいアプリを作ろうと思っています」と話します。両氏とも、自宅やキャンパス間など、どこにいても同じ教材でコミュニケーションし、楽しみながら学習できるようになってほしいと考えているようです。

九州大学 大学院芸術工学部 芸術工学専攻 コンテンツ クリエイティブ デザイン コース (CCD) デジタル コンテンツ デザイン講座 鶴田 裕二 氏 (左) 楠 和之 氏 (右)

九州大学 大学院芸術工学部
芸術工学専攻
コンテンツ クリエイティブ デザイン コース(CCD)
デジタル コンテンツ デザイン講座
鶴田 裕二 氏 (左)
楠 和之 氏 (右)

教材データを画像として取り込んで、メモを付けたり、コミュニケーション機能で学生の意見を聞きながら授業を進めることができる開発中の Windows 8 アプリ。Microsoft SharePoint をベースに作られている

教材データを画像として取り込んで、メモを付けたり、コミュニケーション機能で学生の意見を聞きながら授業を進めることができる開発中の Windows 8 アプリ。Microsoft SharePoint をベースに作られている

PC 必携化となった後輩の学生が、どこにいても同じ教材でコミュニケーションし、楽しみながら学習できる Windows 8 アプリを開発している鶴田 氏と楠 氏
PC 必携化となった後輩の学生が、どこにいても同じ教材でコミュニケーションし、楽しみながら学習できる Windows 8 アプリを開発している鶴田 氏と楠 氏

PC 必携化となった後輩の学生が、どこにいても同じ教材でコミュニケーションし、楽しみながら学習できる Windows 8 アプリを開発している鶴田 氏と楠 氏

<今後の展望>
教材コンテンツを充実させ
学生 1 人 1 台での柔軟な教育環境を整備

藤村 氏は、「どの学生も PC を大学に持ち込んで学習できる環境となっているため、2 年生以上の学生の授業にも変化が起きていると思います。すぐに変わるわけではありませんが、他学年の学生を担当している教員にも活用の機運が広がっており、いつでもどこでも学習できる環境に徐々に変わりつつあると思います」と話します。九州大学では、Web 学習システムを使って入学前にもさまざまな学習を実践できる環境整備を行っていく予定です。

また、講義内容を録画した動画は、教材開発センターのホームページ上や YouTube、iTunes U で公開されています。これらの講義動画のアーカイブが増えることによって、たとえば昨年の授業の動画を事前に自宅で視聴し、大学での授業中にはその内容に基づいたディスカッションを中心に行うことで、より深い学習を進めることができるようになると期待されています。こうしたデジタルの教材やコンテンツの充実により、九州大学の教育は大きな変革期を迎えようとしているのです。

情報統括本部の今後の ICT への取り組みについて藤村 氏は、2013 年度は災害への対策を積極的に行っていくと話します。「情報統括本部のサーバーは現在、すべて箱崎キャンパスにありますが、海抜 2 m の場所なので津波などに耐えられそうにありません。これらは、伊都キャンパスに免震ルームを作って移転させる予定です。また、九州大学の ICT の中心はこれまで箱崎キャンパスでしたが、天神のデータセンターに中心を移すことで、緊急時に重要なメールや Web サービスを確保し、サービスの質と安定性を向上させることを今年度中に行っていきます」。

PC 必携化などの大胆な施策を徹底した考え方で取り組み、学生の学習しやすさを重視して ICT 整備を行ってきた九州大学は、今後も情報統括本部を中心に最新技術を使いながら、さらに教育改革を進めていきます。

各講義は動画でアーカイブされ、教材開発センターの HP などから自由に閲覧できる。学生全員が自分の PC で、いつでもどこでもこれらの教材を活用できる

コメント