23
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 効率化

Misocaの導入で経理と営業の連携がスムーズになりました。毎月の請求書が自動生成できるのも便利です|弥生の導入事例

 様に導入

  • トップ
  • 導入事例
  • Misocaの導入で経理と営業の連携がスムーズになりました。毎月の請求書が自動生成できるのも便利です

導入事例

  • Misoca

Misocaの導入で経理と営業の連携がスムーズになりました。毎月の請求書が自動生成できるのも便利です。

Mogic(モジック)株式会社

Yahoo! JAPANで動画配信サービスの立ち上げなどを手がけてきた山根陽一さんが2009年に設立。クラウドを利用した法人向け教育システムサービスやスマホアプリなどを開発・提供している。

クラウドを利用したe-Learningシステムを提供

代表取締役社長 山根 陽一さん(左)、 ビジネスディベロップメント チーフ 川村 泰宣さん(右)

石神井公園からほど近い、90年代に有名デザイナーが手がけた建物の1階から4階までをリノベーションしたというMogicのオフィスは、一歩足を踏み入れただけでわくわくするような遊び心に満ちている。たとえば会議室や倉庫などにはそれぞれ「Big Fish」「BLADE Runner」といった映画のタイトルが付けられ、内装の雰囲気も部屋ごとにガラリと変わる。社内イベントも盛んで、しかも自分たちで飲むコーヒーを自分たちで焙煎までしているというから驚きだ。そんな遊び心満載の社内では、10代から60代まで幅広い年齢のメンバーが働いている。

Mogicのメインサービスはクラウドを利用した法人向けe-Learningシステム「LearnO(ラーノ)」。PCやスマホ、タブレットを利用して、クラウド上で社員教育を行うことができるサービスだ。「LearnO」の営業を担当している川村泰宣さんは、その内容についてこう語る。

「営業所が複数あるため、何度も社員を集めて集合研修を行うのが難しい。あるいは研修の告知や出欠、アンケート管理などが大変といった社員教育に関して企業が抱える問題を解決するためのサービスです。受講する側にとっても自分の好きなタイミングで勉強できるのがメリットですね」

そのほかにも大学でのレポートの提出や管理がクラウド上で行えるアクティブラーニング支援サービス「Pholly(フォリー)」や、パワーポイントで作ったスライドを簡単にウェブで公開し、研修などに活用できる「Limited(リミテッド)」などのサービスを提供中。社内にはエンジニアだけでなくデザイナーも常駐し、ユーザーインターフェースの使いやすさを意識したサービス作りを心がけている。

Misocaで見積りから請求処理まで一貫して効率化

バックオフィスを担当しているスタッフは3人。そのなかで主に経理を担当しているのは、若い頃に寿退社してから36年のブランクを経て、60歳でMogicに再就職したという三浦さん。

「以前は社長が自分のパソコンで請求書を作って、印刷したものを私が受け取って郵送するという流れだったのですが、仕事の規模が大きくなり請求件数も多くなったため、エクセルで管理するのには限界を感じ始めました。そこで何か良いサービスがないかと検討する中で『Misoca』を知りました」

クラウド請求書作成サービス「Misoca」によって経理と営業がデータを共有することで、同社の請求処理業務は非常に効率化された。具体的には、まず営業がMisocaで見積書を作成し、受注したものはボタンひとつで請求書へ複製して保存しておく。その保存された請求書を経理の三浦さんがチェックし、請求処理をするという役割分担がスムーズに行われている。

「処理した請求書ごとに“請求済”や“入金済”といったステータスも管理できるので請求漏れを防ぐことができますし、データも見やすくていいなと思います」

Misocaでは請求書の自動作成予約もできる。営業の川村さんは「当社のサービスは月額契約が多いので、毎月決まった額の請求書が自動作成できるのは便利ですね」と話す。既存クライアントへ新たに見積書や請求書を作成するときも、取引先登録により情報が自動反映されるので、エクセルで作業をしていた頃と比べて作成時間を短縮できるようになった。

「また、エクセルで見積書を作成していた頃は、営業それぞれが作った見積書は各自のパソコンの中にしか残らないため全体で管理ができませんでした。Misocaの導入後は、どんな金額の見積りをいつ出しているのか、といった情報共有ができるようになりました」。

使い勝手の良さがMisocaの魅力

同社ではビジネスディベロップメント部とカスタムメイド部という部門ごとにMisocaのアカウントを持ち、その2つを使い分けているそう。1年間の無料お試し期間から有料プランへ移行するときにも、Misocaによってできることや、実際に便利になった点を考えれば特に抵抗はなかったという。

また、いくつかのサービスを検討してみた中から、最終的にMisocaを選んだ理由として、川村さんは使い勝手の良さをあげる。直感的にすぐ使い始めることができ、導入後に困ったことはほとんどないという。

「見積書、納品書、請求書の項目から作りたいものを選んで、必要事項を入力していくというわかりやすさがいいですね。パッと見て何をすればいいかわかる。当社のサービスも、ユーザーインターフェースにはかなり気を使って作っています。クラウドサービスというのは導入されたものの実際には利用されないことが意外と多いので、ログインのしやすさやサービス提供側の情報管理をいかに楽にするかが重要なんです。だからこそ、Misocaの使いやすさをより実感できるのかもしれません」

  • 社名 Mogic(モジック)株式会社
  • 事業形態 株式会社
  • 設立 2009年
  • 事業内容 クラウドを利用したシステムサービスやアプリの提供
  • 所在地 東京都練馬区
  • 従業員数 25名

今回ご紹介した製品

Misoca

「Misoca」の導入事例

Misocaの導入で経理と営業の連携がスムーズになりました。毎月の請求書が自動生成できるのも便利です。

Mogic(モジック)株式会社

  • Misoca

クラウド連携と部門管理機能で、会計作業と経営分析がずいぶん楽になりました

合同会社EDGE HAUS

  • Misoca

使いやすさに加えて、弥生ブランドの安心感があります。

株式会社HF.M

  • Misoca
「Misoca」の導入事例をもっと見る 導入事例トップへ戻る

弥生株式会社 カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30 (土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

  • ※ 間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください IP電話局番 050 をお忘れなく!!

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ※ ご回答は翌営業日中に メールまたはお電話でお答えいたします。
  • ツイート

コメント