612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 効率化
  • 最適化
  • 解析
  • コスト

伊藤忠製糖株式会社

 様に導入

業務効率向上と生産性向上、グループ最適を目指して新基幹システム導入を決断
Microsoft Dynamics AX でデータの一元管理と可視化を実現、今後の経営への活用につなげる

写真:伊藤忠製糖株式会社

伊藤忠製糖株式会社

「クルルマークのお砂糖」として、グラニュ糖、上白糖、三温糖、白双糖、中双糖、液糖の 6 種類の砂糖の製造販売を行っている伊藤忠製糖株式会社は、変わりゆくビジネス環境の変化に対応して業務効率改善や生産性向上を目指し、グループ最適化やグローバル化への対応を見据えて基幹システムの入れ替えを決断。Microsoft Dynamics AX を新たなシステム基盤として採用し、販売、購買、生産、会計、原価の幅広い範囲で適用することで、短期間でスムーズな新システムへの移行を実現しています。

<導入の背景とねらい>
顧客ニーズなどへの対応で業務が膨大化し
従来の基幹システムでの対応が困難に

伊藤忠製糖株式会社
執行役員
業界・経営企画・財務経理・情報システム担当
(兼) 企画統轄室長
伊藤 成人 氏

1972 年に設立された伊藤忠製糖株式会社 (以下、伊藤忠製糖) は、設立当時から生産施設の合理化や生産性向上に取り組み、低コストで高品質な製品を提供してきました。「設立当初は、さまざまな精糖会社を退職して集結した精糖技術、各分野の専門知識を持つ精鋭砂糖人と新卒社員とで会社を築き上げ、事業を展開し、成長してきました。しかし、ここ数年で創業当時の人材が退職時期となっており、技術の継承と世代交代が大きな課題となっています」と伊藤忠製糖株式会社 執行役員 業界・経営企画・財務経理・情報システム担当 (兼) 企画統轄室長の伊藤 成人 氏は話します。

少数精鋭で効率的な経営を行っている同社では、精糖業界のビジネス環境の変化や顧客ニーズへの対応、品質向上への取り組みと同時に、業務の複雑化や膨大化に対応することも急務となっていました。また、少子高齢化によって国内の砂糖消費量が頭打ちとなっている中で、競争力を確保する施策や、国産原料で作られた液体砂糖を商品化した「オリゴDEクッキング」などの商品開発を迅速に行うことも必要となってきています。

これらの課題を解決するには、1991 年から運用していた自社開発の AS 400 ベースの基幹業務システムをリニューアルする必要があると判断した伊藤忠製糖では、2012 年から新システム導入プロジェクトを発足させます。「90 年代は砂糖の配送条件も価格条件も一定のパターンがありましたが、お客様ニーズの広がりによって、ロット、配送パターン、価格条件のパターンも増え、従来の基幹システムに反映することができなくなってきました。また、扱う品目も 1990 年ごろは 約 30 品目だったものが 2010 年には 130 品目を超え、すべての品目を登録することができなくなり、システムで対応できない処理は Microsoft Excel を使って対応するという状態になっていました」 (伊藤 氏) 。

<導入の経緯>
しっかりとした土台として Microsoft Dynamics AX を採用し
標準機能利用による業務の標準化も目指す

伊藤忠製糖株式会社
情報システム室
室長
佐伯 賢太郎 氏

横河ソリューションサービス株式会社
ソリューション技術本部
ERPセンター
1部1Gr
プロジェクトマネージャー
下川 辰之 氏

横河ソリューションサービス株式会社
ソリューション技術本部
ERPセンター
1部1Gr
山田 貴之 氏

自社でシステムを開発し、自らシステムを維持管理することを目指していた伊藤忠製糖では、業務に合わせて構築されて安定稼働していた従来の基幹システムを全面的に入れ替える決断をします。「安定稼働していて操作にも慣れていたことから、不足している部分だけを新たに構築する、という意見もありましたが、2 つのシステムを運用することはコスト的にも管理面でも難しいと判断しました。また、AS 400 がブラック ボックス化し、不具合があった場合に自社では解決できず、外部のシステム会社に依頼するための時間やコストも問題となっていました」と伊藤 氏は話します。また、グループ会社の第一糖業株式会社 (以下、第一糖業) への展開や、砂糖の需要が右肩上がりになっているグローバル市場への展開も見据え、環境変化にも柔軟に対応できるシステム作りも目標となりました。利用するエンド ユーザーの立場に立った使いやすさも重視していた伊藤忠製糖では、各部署から 1 名ずつ選抜したプロジェクト チームを作り、業務の洗い出しを始めます。

新システム導入のプロジェクト マネージャーである伊藤忠製糖株式会社 情報システム室 室長の佐伯 賢太郎 氏は、第一糖業で Microsoft Access を使って業務システムを構築した経験を持ち、プロジェクト開始当初は同様に自社開発を行うかを検討したと説明します。しかし、Microsoft Dynamics AX の存在を知った佐伯 氏は、パッケージ製品を活用することも視野に入れるべきだと方針を変えたと言います。「今回のシステムは、10 年以上利用でき、グループ展開やグローバル対応、内部統制、コンプライアンス、リスク マネジメントの管理といった大きな目標があったので、土台にはしっかりとした製品を使って、自社に適応させるほうが良いと考えました」 (佐伯 氏) 。

ERP パッケージや IDE (統合開発環境) も含め、一次選定の候補は 10 ソフト。そこから、自社で開発することが困難でカスタマイズや維持管理のすべてを開発会社やソフトウェア会社に任せる必要があった 6 つを候補から外します。その中から、開発期間の短縮による業務効率化の早期実現、内部統制に対応した記録が可能、標準機能利用による業務の標準化、グループ会社展開やグローバル化への対応、運用保守負担などの軽減、ユーザービリティや使いやすさ、などを比較した結果、Microsoft Dynamics AX を採用しました。

Microsoft Dynamics AX を構築するパートナーとしては、横河ソリューションサービス株式会社 (以下、横河ソリューションサービス) が選定されています。

「属人化された業務を統一させるために、標準機能を使って業務を標準化していくことを考えていましたが、複雑化した業務や日本ならではの流通の形態やチャネル管理にどのように対応していけばよいかということが課題でした」と話す伊藤 氏は、プロジェクト発足時に洗い出した業務内容にどれだけFitするかを検討し、横河ソリューションサービスが持つ YOKOGAWA 日本的商習慣テンプレートを使った提案が最もFit率が高く、開発の負担を軽減できると判断したと明かします。また、開発の体制や考え方も伊藤忠製糖に合い、導入実績なども申し分ないと判断しました。「Microsoft Dynamics AX の導入事例を見ている中で、横河ソリューションサービスが手掛けた中に、自社リソースを活用して構築/導入の事例がありました。やる気になれば、ここまでのシステムを目指せると感じ、自社が開発に関わって維持管理も行うという方針にも合うと確信しました」 (佐伯 氏) 。

横河ソリューションサービス株式会社 ソリューション技術本部 ERPセンター 1部1Gr プロジェクトマネージャーの下川 辰之 氏は、次のように話します。「品目別の採算管理を行いたいという強いご要望にお応えするには、基礎となるデータを一元管理することが重要でした。これまでの手書き、Excel、AS 400 に散在していたデータをまとめる作業から取り組み、Microsoft Dynamics AX に一元化して品目別の採算管理や、将来的にはグローバル展開できるようにビジョンを描いて提案していきました」。また、横河ソリューションサービス株式会社 ソリューション技術本部 ERPセンター 1部1Gr の山田 貴之 氏は、初期の段階でユーザー部門と共通認識を持つことがプロジェクトの成功につながったと話します。「私自身、精糖業界は初めてだったこともあり、まず最初の段階で、砂糖の作り方から担当者の方にていねいに教えていただき、生産のモデルを表した 1 枚の図を作成しました。この図をお互いで見ながら、業務を確認・理解し、その上であるべき管理方法について話し合えたことが良かったと感じています。互いの認識違いを防ぐことで、実際の構築をスムーズに進めることができました」。

横河ソリューションサービスについて伊藤 氏は、ベンダーを越えたパートナーとしてプロジェクトを進められたと、高く評価しています。「エンド ユーザーの要望を聞きながら使いやすいシステムを作ることが目標でしたが、要望を聞き過ぎて先に進めないこともあります。横河ソリューションサービスと一緒にやっていく中で、エンド ユーザーに事例などを示してていねいに対応してくれて、システムのあるべき姿を作れるようにリードしてくれたので、非常に助けられたと感じています」。

<導入効果>
データの一元化と可視化で管理帳票を作成し
クラウドによる社外利用も実現

2014 年 7 月に稼働した新システムでは、プロセス標準化を推進し、マスター化による作業の効率化を行って、リアルタイム統合/自動仕訳が実現できるシステムとなったため、経営管理部門での効率が向上。これまで Excel で処理していた品目にも対応することができるようになりました。また、これまで手書きや Excel などに分かれていたデータを一元化することで、管理帳票などのレポートを提供することができ、解析したい情報をすぐに取り出せるようになりました。

また、将来的な人材を育成することが課題の 1 つであった伊藤忠製糖では、この管理帳票の作成を若い社員に任せて、実践的な教育を行っています。「標準のレポートだけでなく、業務や経営判断が行えるような管理レポートを出せるように、半年前にはデータベースの知識がゼロだった若い社員に SSRS (SQL Server Reporting Services) を学習させ、トライアル & エラーを繰り返しながら実践で覚えてもらっています。今後は、Microsoft Dynamics AX の設計や開発スキルの習得を目標にしています」 (佐伯 氏) 。

紙の帳票をなくし、電子帳簿保存法に対応できたこともメリットの 1 つです。購買や経理での紙の帳票は確実に減り、伊藤忠グループの連結決算の場合にも、親会社である伊藤忠商事株式会社 (以下、伊藤忠商事) から提供されたレポーティング ツールと連携させてすばやく報告を行うことができます。また、データが一元化されたことによって、製品の安全性を確保するためトレーサビリティの向上にも貢献していると伊藤 氏は説明します。「製造月日でロットを区切っていますが、万が一製品に問題が発生した場合は、どの製品がどのお客様に納入されているかをロット ベースで調べる必要があります。これまでは、紙の伝票を調べて時間がかかっていましたが、新システムでは出荷時にロットとひも付けられるようにデータ入力しているため、システム上ですぐに調査することが可能です」。

業務内容を洗い出して、標準機能に対応するために業務の見直しを行えたことは、今回のプロジェクトの大きな成果となっています。「個々の社員がルーチン ワークに追われていた中で、今回のプロジェクトによって会社全体の業務のどの部分を自分が担っているかを理解し、自分と関連のある業務の事を考えながら構築を進めることができたと思います」と伊藤 氏が話せば、佐伯 氏も、「プロジェクト活動を通して業務横断で知識を得ることができた良い機会だった。業務流れを考えてさまざまな会話を部署横断で行えるようになったと思います。これによって次世代の人材が育ち、将来を支えてくれるようになることに期待したいですね」と答えてくれました。

伊藤忠グループでは、150 社のグループ会社が利用できるようにクラウドを展開していますが、今回のシステムもクラウドを活用。社内環境では Microsoft Remote App を活用し、社外環境では Microsoft Remote Desktop でタブレットなどからシステムにアクセスしています。「もともと、オンプレミスのシステムをクラウドに移行するのは不安という意見もありましたし、自社で維持管理するという目的もありました。しかし、ハードウェアの保守などの外に出せるものはなるべく外に出して、管理工数は軽減したい。セキュリティについても、必ずしも自社に置いたほうが安全というものでもなく、グループで運用するクラウドのほうが安全だという判断もありました」と佐伯 氏は話します。また、原料を海外から船で輸入するために精糖工場は海沿いに立地することが一般的です。伊藤忠製糖や第一糖業も本社工場が海沿いにありすべての機能が集中しているため、地震や津波などの災害対策の面でもクラウド利用が有効であると考えました。

社外 (外出先) からの利用については、社内から安定して利用できることを確認した時点で、社長、役員、室長はスマート デバイスを使って外部からアクセスできるようにしました。Microsoft Dynamics AX の電子承認機能を利用しているため、役員が外出中や移動中でも承認できるようにすることが目的です。「1 日数十件の承認を行う必要がある中で、数日会社を空けなければならない場合にも外部からタブレットで承認を行って、業務をスムーズに進めることができるようになり、効率的になったと思います」と伊藤 氏は話します。

伊藤忠製糖が導入した Microsoft Dynamics AX の範囲 [拡大図]新しいウィンドウ

<今後の展望>
システムを定着させ
データを経営資源として活用していく

伊藤忠グループとしても、今回の伊藤忠製糖の Microsoft Dynamics AX 導入は注目しています。伊藤忠商事 食料カンパニーの情報化推進室が行っているグループ各社での IT 改革の取り組みを発表する IT 連絡会で佐伯 氏が発表を行ったところ、非常に評価が高かったと言います。「非常に大きな反響があり、特に短期間で、パートナーの横河ソリューションサービスとスムーズに連携してプロジェクトを進められたことが高く評価されたと思います」 (佐伯 氏) 。

「新システムでは入力する項目が増えているため、一部の部署の入力作業が増加し、たいへんになった部分はあると思います。しかし、これからこれらのデータを経営資源として活かしていくことが課題で、本当の意味での導入効果になっていくと思います」と話す伊藤 氏は、2015 年 3 月まで続く新システム導入プロジェクトがシステムの定着と活用のフェーズに入っていると説明します。Microsoft Dynamics AX に一元化されたデータを経営に活かして、業務効率、生産性、競争力を向上させるスキームを構築していくことが今後の目標です。プロジェクトで洗い出された業務上の課題を解決し、組織の見直しや人材配置の最適化なども行う必要があります。また、グループ会社の第一糖業へのシステム展開も行っていきます。

ビジネス環境の変化に柔軟に対応できる新たな基幹システムを導入することに成功した伊藤忠製糖では、今後はシステムを活用したビジネス改革に着手し、顧客ニーズに的確に応えるとともに、グローバル展開も見据えたさらなる成長を目指していきます。

本プロジェクトに尽力されたメンバーの皆様

コメント