612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • コミュニケーション
  • コスト

ハイアット

 様に導入

ホテル グループ、iPhone でも Android でもなく
Windows Phone と Office 365 を採用して TCO を 33% 節約

ハイアット ホテルでは、「時代遅れ」となった BlackBerry フォンの入れ替えに、iPhone でも Android でもなく Windows Phone を採用しました。現在、本社の管理職や経営陣は、どこでも使える Microsoft Office 365 アプリケーションを使用して携帯電話でドキュメントを編集しています。ホテル従業員は、携帯電話からチェックイン サービスなどの業務アプリケーションをテスト使用しています。そして、総保有コストが 33% 減少しました。

<ビジネス ニーズ>

ハイアットは南極以外のすべての大陸にホテルやリゾートを展開しています。ハイアットは、世界中のその他の国と地域に約 500 の施設を展開しています。各施設の場所は非常に分散しているため、コミュニケーションと共同作業体制のため同じように広範なネットワークを保守する必要があります。

経営幹部は、ある日はシカゴ本社で業務を行い、翌日にはアジアのホテルを訪問することもあります。支配人やその他の従業員は 1 つのホテルに勤務していますが、その大部分にはデスクやデスクトップ コンピューターは割り当てられていません。どこからでもアクセスできるコミュニケーション テクノロジーが全員に必要です。

このため、効果的なモバイル コミュニケーションと共同作業体制が同社にとって、なくてはならないものです。しかし、RIM BlackBerry フォンを使用していた時代、このニーズには部分的にしか対応できていませんでした。従業員は、BlackBerry フォンを使って同僚の予定表や本社の連絡先一覧に接続することはできず、会議のスケジュールを設定したり、連絡を取りたい同僚を検索したりする機能は限られたものでした。

コミュニケーションと共同作業体制を強化するため、ハイアットでは Lotus Notes の電子メール システムを Microsoft Office 365 に入れ替えました。この移行に伴い、Microsoft Office、SharePoint Online、Exchange Online、Lync Online を含む、クラウド ベースの一連の共同作業ツールと生産性ツールを得ました。ハイアットの経営陣、ホテル従業員、営業担当者のすべてが、以前から使用していたドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなどのファイルに、いつでもどこからでもアクセスできるようになりました。 以前は、これらのファイルは、ハイアットのコミュニケーションに不可欠な携帯電話からだけは利用できませんでした。

<ソリューション>

ハイアット ホテル IT イノベーション部門責任者の Armand Rabinowitz 氏によると、同社は BlackBerry フォンでマイクロソフトのソフトウェアを実行するためのサードパーティ製ソフトウェアを購入することも検討しました。ただし、それには「数多くのテスト」と、ネイティブ サポートの欠如を補う管理レイヤを追加する必要がありました。また、Android と iPhone でも統合と管理のための追加経費がかかりました。デスクトップとその不可欠なアプリケーションの利用範囲をモバイルの世界にまで拡大し、同社のニーズを満たす携帯電話は、Windows Phone の 1 種類だけでした。「Windows Phone だけが、Microsoft Office、SharePoint Online、Exchange Online、Lync Online への既存の IT 投資とともに最適に機能するように作られていました。マイクロソフトならマイクロソフト ソフトウェアの更新を Windows Phone 互換に保つことができると考えました。そして、社内の開発者が既存のスキルで開発を行うこともできます」(Rabinowitz 氏)

同社は、手始めに Dell、Samsung、Nokia などのメーカーの携帯電話を 2,300 台展開しました。最初、これらの携帯電話は営業、経理、業務、IT 部門などハイアットの本社組織内でのみ使用されていました。ハイアット ホテルのグローバル CIO である Mike Blake 氏によると、現在では、同社のあらゆる職種の従業員がそれらの携帯電話を使用しています。「これらの携帯電話の採用は毎日広がっています。口コミで急速に広まっています。Windows Phone はハイアットの非公式の標準になりつつあります」(Blake 氏)

たとえば、経理と業務部門の従業員は、Office 365 と Windows Phone の相互運用性を利用して、スプレッドシート、プレゼンテーション、ドキュメントを同僚に送ったり、携帯電話上で編集したりしています。そのデータのセキュリティは Exchange ActiveSync セキュリティ ポリシーを通じて維持されています。

ハイアットでは、デスクトップ共有やホワイト ボードなどの機能による Web 会議が、電話会議に取って代わりつつあります。さらに、携帯電話でカスタムの業務ニーズに対応できるかをテストしています。あるテストでは、宿泊客のチェックイン アプリケーションで、宿泊客のチェックインに要する時間を短縮できました。

<メリット>

Windows Phone を使用して、ハイアットは使い慣れたマイクロソフト アプリケーションをモバイル環境に提供し、カスタム アプリケーションのマルチプラットフォーム機能を拡張し、総保有コスト (TCO) を 33% 削減しています。

デスクトップの生産性をモバイル環境に拡張

ハイアットの経営陣は求めていたものを手にしました。それは生産性の向上に貢献する携帯電話です。ハイアット ホテルのグローバル ファイナンシャル共有サービス担当副社長である George Gudgeon 氏は次のように語っています。「リアルタイムでできる一貫した信頼性のある情報のやり取りが、競争力を保つために重要です。そのやり取りにあらゆる場所にいる従業員を含めることが、競争力を保つために不可欠です。このため、当社のマイクロソフト アプリケーションを Windows Phone に拡張することは非常に重要です」

Blake 氏は同意し、次のように述べています。「外出先でスプレッドシートやプレゼンテーションに変更を加えることができます。デスクトップと Windows Phone の間でシームレスに運用できます」

さらに、ハイアットの Windows Phone ユーザーは、デスクや PC を必要とせずに、同社のグローバル アドレス一覧で 40,000 人の従業員の誰かを検索し、会議のスケジュールを設定し、スケジュールを確認することができます。

カスタム フォン アプリケーションに必要な開発を最小限に

Blake 氏は、Windows Phone は同社のソフトウェア開発を促進するとも考えています。「Windows オペレーティング システムの素晴らしいところは、Windows Phone 専用のアプリケーションを開発する必要がないことです。Windows ソリューションを本社や各ホテルで展開する場合、Windows Phone で機能するという確信が持てます。開発やテストのために追加の手順を設けることはありません」(Blake 氏)

TCO を 33% 削減

Windows Phone の管理に要する時間とコストは、ハイアットが他の携帯電話で想定していたものを下回っています。たとえば、BlackBerry フォンでは、追加のサーバーを運用する必要があり、場合によっては定期的に 1 時間から 1 日にわたり通話が停止し、これは必然的にサポート コールの急増が伴います。一方、Windows Phone の場合、このようなことはありません。

Windows Phone では、オーバーヘッドがなく、iOS、Android、RIM で高品質な Microsoft Office ドキュメントの表示と編集を行う場合に必要となるサードパーティ製ソフトウェア ライセンス費用を節約できます。さらに、ハードウェア コストを削減できるため、Office 365 と Windows Phone への移行は総保有コストの 33% 削減を実現すると、Rabinowitz 氏は述べています。

コメント