612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • SaaS
  • 解析
  • オンデマンド
  • コスト

株式会社日立システムズ

 様に導入

Windows Server 2012 Hyper-V を次期クラウド基盤に採用し、3 年間で 10,000 サーバーの仮想化を目指す。
Windows Server 2012 Hyper-V で基幹系システムを稼働させるパイロット環境を構築し、
マルチ テナント、マルチ サイト データ センターの効果を確認。

株式会社日立システムズ

株式会社日立システムズ

日立グループにおける情報、通信システム事業の中核である株式会社日立システムズは、この 5 年あまり、仮想環境による「Business Stage ROD (Resource On Demand) 」を基盤に、クラウド事業を進めてきました。同社は、ニーズの多様化と市場の成熟化の中で、価格競争力があり高い信頼性を持ったクラウド サービスが求められているとの判断から、次期クラウド基盤に重要なハイパーバイザの検討を行うことにしました。そこで、基幹系システムに対応できる高性能、高信頼性を持ち、運用コストを抑止し事業継続に応えるクラウド基盤の実現という要件をチェックするために、Windows Server 2012 Hyper-V を評価し、さらに社内の基幹系システムと情報系システムを移してパイロット運用を行いました。その結果、ネットワーク仮想化機能によるマルチ サイトの実現や Hyper-V レプリカ機能によるディザスタ リカバリ サイトの実現とその効果を確認しました。この成果をもとに、同社では顧客企業への提案と自社データ センターでの運用テストを行った上で、Windows Server 2012 Hyper-V を次期クラウド基盤のプラットフォームとして採用し、3 年間で 10,000 サーバーを目標に仮想化を進める計画です。

<導入の背景とねらい>
注力するクラウド事業の競争力強化のため、
次期クラウド基盤に適したハイパーバイザの検討を開始

株式会社日立システムズ
クラウド・DC事業グループ
インフラクラウド事業推進プロジェクト
主管技師長
鶴 秀夫 氏

株式会社日立システムズ (以下、日立システムズ) は、日立グループにおける情報、通信システム事業の中核企業として、業務システムの設計および構築サービス、データ センター基盤を活用したアウトソーシング サービス、顧客に密着した運用、保守サービスを柱に、幅広い業種や規模のお客様に向けて、IT の全ライフ サイクルをカバーしたワン ストップ サービスを提供しています。
現在、日立システムズが注力している分野のひとつがクラウド事業で、プライベート クラウドや 100 種類以上の SaaS アプリケーションを提供しています。その上で、2015 年度には、SaaS ビジネス支援サービスを中心とした事業者向けパブリック クラウド事業と仮想プライベート クラウドの構築、運用サービスを中心としたプライベート クラウド事業で、クラウド事業を売り上げ 1,000 億円、全売り上げの 20% にまで成長させる計画です。
株式会社日立システムズ クラウド・DC事業グループ インフラクラウド事業推進プロジェクト 主管技師長 鶴 秀夫 氏が語ります。

「当社は、仮想環境によるリソース オンデマンド サービス『Business Stage ROD』をクラウド サービスの基盤として、5 年以上にわたって運用してきました。しかし、市場の成熟化の中で、競争力を高めていくには、多様化するニーズへの対応とトータル コストのさらなる低減が求められます。そこで、次期クラウド基盤に適したハイバーバイザの検討を行うこととなりました」。

<評価環境の構築と検証>
Windows Server 2012 Hyper-V ベータ版で、
機能検証のための評価環境を構築

日立システムズでは、これからの次期クラウド基盤ビジネスのビジョンとして、次の 3 つを柱に据えています。1 つ目は、基幹系システムにクラウドを拡大したいというニーズに対して、高性能、高信頼のクラウド基盤を実現することです。2 つ目は、さらなる仮想化で一層のコスト削減を推し進めたいというニーズに対して、価格競争力のあるクラウド基盤を構築することです。3 つ目は、安価な BCP やディザスタ リカバリへの対応を実現したいというニーズに応えて、事業継続性を強化したクラウド基盤を構築することです。
一方で、クラウド基盤上のシステムは Windows Server をゲスト OS にしているものが多く、ハイパーバイザも含めて、マイクロソフト製品で一体化することで、高性能、高信頼、価格競争力のあるクラウド基盤への実現が期待できます。さらに、障害発生時の解析がしやすく、マイクロソフトからのサポートを得やすいというメリットもあります。株式会社日立システムズ クラウド・DC事業グループ インフラクラウド事業推進プロジェクト インフラクラウド事業推進部 担当部長 佐藤 努 氏が語ります。

株式会社日立システムズ
クラウド・DC事業グループ
インフラクラウド事業推進プロジェクト
インフラクラウド事業推進部
担当部長
佐藤 努 氏

「マイクロソフトさんから機能強化された Windows Server 2012 Hyper-V の提案を受けて、こうした要件を満たした次期クラウド基盤としての可能性があるのではないかと考えました。そこで機能検証のため、RDP (Rapid Deployment Program) 早期先行評価の参加を決めました」。

評価は (1) 基幹系システムの安定稼働を保障する高性能、高機能の確認、(2) スケール メリットを有効にする仮想マシン単位でのマルチ テナント機能、(3) 複数のデータ センターを接続するマルチ サイト機能、の 3 点について行われました。

株式会社日立システムズ
クラウド・DC事業グループ
インフラクラウド事業推進プロジェクト
インフラクラウド事業推進部
主任技師
内田 裕司 氏

特に、(3) の複数のデータ センターを接続するマルチ サイトの実現については、従来の仮想 LAN を利用しての実装では、ユーザーごとに仮想 LAN を区切る必要があり、ネットワークの設計と管理が複雑になってしまう問題がありました。しかし、Windows Server 2012 Hyper-V の新機能であるネットワーク仮想化機能によって、マルチ サイトの実現が柔軟に対応可能となりました。また、Windows PowerShell を利用したコマンドレットによる管理機能が強化されています。これによって、データ センター全体の管理工数を抑制し、クラウド基盤が構築できることを確認できました。株式会社日立システムズ クラウド・DC事業グループ インフラクラウド事業推進プロジェクト インフラクラウド事業推進部 主任技師 内田 裕司 氏が語ります。

「今までは複数のデータ センターをつなぐ場合、物理 IP などの変更が必要になり、リソースを柔軟に活用できないという問題もありました。これに対して、Windows Server 2012 Hyper-V では柔軟にマルチ サイトを実現するネットワーク仮想化機能で、変更工数を最小限に抑えて、サイト A とサイト B を接続することが可能です。加えて、Hyper-V レプリカによるレプリケーション機能が低コストで提供できるディザスタ リカバリとして、有効であることも確認できました」(内田 氏)。

<社内システム環境へ適用>
基幹系システムへの対応、価格競争力があり、
事業継続性に強いクラウド基盤であることを確認

日立システムズでは、次の段階として実運用中の基幹系システムと情報系システムを移行するため、Windows Server 2012 Hyper-V 社内システム環境 (以下、パイロット環境) を構築、評価を行いました。
具体的には、関東地方のデータ センターにサイト A として、Hyper-V の本番環境を構築。社内で運用中の基幹系システムと情報系システムを移行させ、サイト B として関西地方のデータ センターで Hyper-V の仮想環境をディザスタ リカバリ サイトとして構築し、ネットワークで結ぶことにしました (図)。

Windows Server 2012 Hyper-V による社内システム環境 (パイロット環境)

図 Windows Server 2012 Hyper-V による社内システム環境 (パイロット環境) [拡大図] 新しいウィンドウ

「構築が完了したパイロット環境については、Hyper-V 上で、基幹系システムと情報系システムが安定稼働しています。Windows Server 2012 Hyper-V が高性能かつ高信頼のクラウド基盤としての運用性を引き続き評価しています。物理マシンを仮想マシンに変換する P2V (Physical to Virtual) ツールについては、マイクロソフトさんから無償提供された Disk2vhd を利用することで、低コストで仮想環境にスムーズに移行することができました。また、本番システムの稼働では、マイクロソフトさんのコンサルタントによるサポートもあり、2 週間ほどで稼働させることができました」(内田 氏)。

<導入効果と今後の展開>
マイクロソフト製品に一本化され、一貫したサポートが可能に。
今後は 3 年間で 10,000 サーバーの仮想化を目指す

日立システムズでは今回、社内システムの仮想環境への移行を短期間で実施できたことから、今後、さまざまな基幹系システムの仮想環境への移行を数多く実現できると評価しています。また、社内システムでは、Windows のインターフェイスに慣れたシステム管理者が多く、Hyper-V であれば、運用工数を削減できるメリットもあります。さらに、システムがマイクロソフト製品に一体化したことで、ゲスト OS とハイパーバイザまで一貫したサポートが可能になります。
こうした成果を踏まえて、日立システムズでは今後、Windows Server 2012 について、顧客企業におけるプライベート クラウドの活用を進めるとともに、データ センターで運用テストを行い、次期クラウド基盤として評価していく予定です。

「仮想プライベート クラウドでは、顧客企業のデータ センターや当社のデータ センター、Windows Azure などのパブリック クラウドを顧客の要件に合わせて、クラウド サービスとして一括提供することになります。そこでは、Windows Server 2012 のマルチ サイト機能が非常に効果的に利用できると思いますので、今後、マイクロソフトさんとも相談しながら、新たなサービスを創出していきたいと考えています」(鶴 氏)。

こうした取り組みを通して、日立システムズでは Windows Server 2012 を基盤とした次期クラウド基盤上に、3 年間で 10,000 サーバーを目標に仮想化を進めていく計画です。

コメント