612
導入事例

 様に導入

  • クラウド
  • 効率化
  • コスト
  • 生産管理
  • 販売管理

株式会社フタバ

 様に導入

広域災害を考慮して、オンプレミスでの BCP 対策から、Microsoft Azure Site Recovery と Hyper-V レプリカでのハイブリッド対応で BCP 対策を強化

写真:株式会社フタバ

株式会社フタバ

業務用かつお節メーカーである株式会社フタバでは、2011 年に Windows Server 2008 R2 を導入し、Hyper-V でサーバーを仮想化。その後、Windows Server 2012 R2 へのアップグレードに合わせて、仮想サーバーの複製をレプリケーション ソフトから Windows Server OS 標準機能の Hyper-V レプリカに置き換えました。2014 年には本社とレプリケーション先の拠点が広域災害で被災した場合に備えて、基幹系や会計系を中心とした主要な仮想サーバーを Microsoft Azure Site Recovery で、Microsoft Azure 上にレプリケーション。今後は、Microsoft Azure を軸として、すべてのサーバーのパブリック クラウドへの移行を目標に、いっそうの IT 活用を図っていく考えです。

<導入の背景とねらい>
マイクロソフトのソリューションで統一し、IT インフラの全体最適に向けた取り組みを推進

株式会社フタバ (以下、フタバ) は昭和 28 年 (1953 年) の創業以来、ホテルや旅館、レストラン向けの業務用分野に特化して、天然素材による本物の味を追求してきたかつお節メーカーです。業務用ダシパックでは国内ベスト 3 に入るシェアを持つ同社は 2014 年、和食に加え、中華、洋食系などにも提案できるかつお節以外のダシを初めて商品化。ダシの総合メーカーをめざし、IT を活用して積極的に事業に取り組んでいます。フタバ 代表取締役社長 江口 晃 氏が語ります。

写真:株式会社フタバ 代表取締役社長 江口 晃 氏

株式会社フタバ
代表取締役社長
江口 晃 氏

「当社は 2000 年前後に急成長し、北海道から九州まで拠点を設けて、現在のような規模になりました。その時期に、業務の拡大に必須であると判断して IT の積極的な活用を始め、業務が拡大しても業務効率化と生産性の向上を維持してきました。IT 分野での新しい製品やサービスは弊社にとってメリットが高ければ積極的に導入して業務に役立てています」。

フタバの IT インフラに対する方針は全体最適です。その観点から、マイクロソフト パートナーである株式会社ティーケーネットサービス (以下、ティーケーネットサービス) のサポートのもと、サーバーから PC まで、マイクロソフトのソリューションで統一することで、ユーザーにより良いサービスを提供することをめざしてきました。
その契機になったのは、2011 年の Windows Server 2008 R2 の導入です。まだサーバーの仮想化が一般的でない時期から、すでに Hyper-V を使って、財務会計、販売管理、ファイル サーバーなどすべてのサーバーを仮想化しました。そして、BCP 対策として、レプリケーション ソフトを使って、三条市内にある別拠点へと仮想サーバーをレプリケーション。翌年には、約 150 台すべてのクライアント PC を VDI 化しました。

<システム導入の経緯>
広域災害に備え、仮想化サーバーの Microsoft Azure Site Recovery でのレプリケーションを決定

写真:株式会社ティーケーネットサービス アドバンスドソリューション部 主任 柳 卓也 氏

株式会社ティーケーネットサービス
アドバンスドソリューション部
主任
柳 卓也 氏

こうしたいち早い仮想化と VDI 対応から 2年後の 2013 年春、フタバでは物理サーバーを Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2012 R2 にアップグレードしました。それに合わせて、サード パーティ製だったレプリケーション ソフトを Windows Server 2012 R2 に標準機能としてサポートされている Hyper-V レプリカに切り替えました。これまで利用していたレプリケーション ソフトは保守コストが高く、サーバー OS のバージョンアップにも対応していなかったためです。

2014 年 6 月には、BCP 対策をさらに確実なものとするために、Microsoft Azure Site Recovery (ASR) の導入提案をティーケーネット サービスから受けました。オンプレミスでの拠点間の BCP 対策から、クラウド サービスを利用したレプリケーションを併用することによって、BCP 対策をより堅牢なものとする計画です。同年 8 月には Azure 上に検証環境を作り、ASR をどのように使えるか、本格的な検討を始めました。ティーケーネットサービス アドバンスドソリューション部 主任 柳 卓也 氏が語ります。

「今まで BCP 対策として、別拠点にレプリケーションしていましたが、本社と 20 km 程度しか離れておらず、広域災害発生時には両方とも使えなくなる可能性がありました。しかし、ASR を使えば、東西にあるマイクロソフトのデータセンターの Microsoft Azure 上に、主要サーバーのレプリケーションが行われるので、本社と拠点の両方が被災しても、システムを使い続けることができます」。

<システム概要と構築>
主要な仮想サーバーは ASR で Azure 上に、内部システム用仮想サーバーは Hyper-V レプリカで別拠点にレプリケーション

しかし、VDI はオンプレミスになっているサーバー上で稼働しているので、広域災害が発生すると、クライアント側は接続先がなくなってしまいます。これを回避するために、オンプレミスの VDI 環境のバックアップ環境を Azure 上にも構築しました。サーバーだけでなく、クライアントからのアクセスも含めた BCP 対策が重要だと考えたのです。フタバ 経営企画室 IT 推進 中村 靖 氏は語ります。

写真:株式会社フタバ 経営企画室 IT 推進 中村 靖 氏

株式会社フタバ
経営企画室 IT 推進
中村 靖 氏

「Azure Site Recovery の利用によって、万が一、広域災害で三条市内の本社と拠点の活動がストップしても、Azure 上で基幹系システムが動くので、IT 面では事業を継続させることができます。それによって、最も重要な顧客の信頼を失うことなく、事業の再開と成長に向けた準備が可能になります」。

こうして、2014 年 9 月、ASR によるレプリケーションの運用が本格的に始まりました。わずか 1 か月程度でのスピーディな構築、検証、稼働も Azure によるクラウド サービスだから可能でした。
フタバでは、ユーザーに対するサービスの継続性を基準に仮想サーバーを分け、販売管理、生産管理などの基幹系や会計系の重要なサーバーは ASR で Azure 上にレプリケーションしています。また、それ以外の内部システム用仮想サーバーは従来通り、Hyper-V レプリカで三条市内の別拠点にレプリケーションするハイブリッド運用を実現しています (図)。

<導入効果と今後の展望>
Azure によるスケーラブルなインフラ実現によって、全サーバーのパブリック クラウドへの移行をめざす

写真:株式会社ティーケーネットサービス 代表取締役 武田 勇人 氏

株式会社ティーケーネットサービス
代表取締役
武田 勇人 氏

BCP 対策以外にも、Azure の活用で仮想サーバーの増強が容易にできるようになり、海外に進出した場合もインフラとして使うことが可能になります。サービスの縮小や停止も簡単にできる、まさに企業規模に合わせたフレキシブルでスケーラブルな IT インフラが実現しました。ティーケーネットサービス 代表取締役 武田 勇人 氏は語ります。

「ASR の良いところは、クラウドなので試してみようという時にお金がかからず、導入の際にも必要なスペックを自由に選ぶことができ、イニシャル コストも不要なことです。運用開始後も利用料金だけ支払えばよいので、保険をかけるように使うことができて、とても手軽です」。

フタバでは Hyper-V レプリカによるレプリケーション、そして、ASR による Azure へのレプリケーションによって、インフラ面での整備はより強固なものになったと考えています。今後、通信インフラがさらに整備されていくと、ネットワーク環境が LAN と変わらなくなることから、オンプレミスのサーバーについても Azure を軸としたパブリック クラウドの利用に切り替え、社内での保守作業をなくしていく考えです。

図.Azure Site Recovery を活用したハイブリッド BCP のしくみ

Azure Site Recovery を活用したハイブリッド BCP のしくみ [拡大図] 新しいウィンドウ

コメント